StockList

一覧ページにもどる

アウディ A1 1.4TFSI

いい靴を履いて出掛けませんか?いつもよりちょっと遠くまで、いつもよりちょっと足早に!アウディA1・・・いかがですか?

2011(平成23)年式 アウディA1 1.4TFSI、アウディ最小モデルながら、その出来はさすが!上級車種にも負けないクオリティの高さは、まさに小さな高級車!走りも直噴ターボエンジンのおかげで、そりゃもうキビキビ!これかなり良いですぅ~!

年式 2011年10月 排気量 1400cc シフト 7AT
ティークブラウンメタリック 走行 86,000km 車検 令和2年10月

¥580,000

主な装備

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

2011(平成23)年式 アウディA1 1.4TFSI、アウディ最小モデルながら、その出来はさすが!上級車種にも負けないクオリティの高さは、まさに小さな高級車!走りも直噴ターボエンジンのおかげで、そりゃもうキビキビ!これかなり良いですぅ~!

2011(平成23)年式 アウディA1 1.4TFSI、アウディ最小モデルながら、その出来はさすが!上級車種にも負けないクオリティの高さは、まさに小さな高級車!走りも直噴ターボエンジンのおかげで、そりゃもうキビキビ!これかなり良いですぅ~!

Urban egoist(アーバンエゴイスト:自分の価値観を大切にする高い審美眼を持つユーザー)のコンセプト通り、コンパクトカーながら、同クラスの他車とは一線を画すプレミアム感は、満足度高し!

Urban egoist(アーバンエゴイスト:自分の価値観を大切にする高い審美眼を持つユーザー)のコンセプト通り、コンパクトカーながら、同クラスの他車とは一線を画すプレミアム感は、満足度高し!

近年のアウディのデザインを踏襲し、機能を損なうことなくコンパクトにまとめられたボディデザインは秀逸!小さなクルマに有りがちな引け目を微塵も感じさせないのは、まさにデザインの勝利!

近年のアウディのデザインを踏襲し、機能を損なうことなくコンパクトにまとめられたボディデザインは秀逸!小さなクルマに有りがちな引け目を微塵も感じさせないのは、まさにデザインの勝利!

このキリッとした顔!引け目どころか、むしろ優越感すら感じる存在感なのです!

このキリッとした顔!引け目どころか、むしろ優越感すら感じる存在感なのです!

とてもシンプルな造形ですが、無駄な線や面も無く、見ていて気持ちの良いデザイン!特にリアスタイルはルーフの台形を強調することで、小さなクルマとは思えない、重心の低い、どっしり感を演出!

とてもシンプルな造形ですが、無駄な線や面も無く、見ていて気持ちの良いデザイン!特にリアスタイルはルーフの台形を強調することで、小さなクルマとは思えない、重心の低い、どっしり感を演出!

この色味が良くて仕入れたんですけど、良いと思いません?小さな高級車に相応しいボディカラーだと思います。塗装の状態も、色褪せなんかも無く、ご覧の輝き!

この色味が良くて仕入れたんですけど、良いと思いません?小さな高級車に相応しいボディカラーだと思います。塗装の状態も、色褪せなんかも無く、ご覧の輝き!

一番劣化しやすいルーフもご覧の通り!高級車に色褪せは似合いませんからね。

一番劣化しやすいルーフもご覧の通り!高級車に色褪せは似合いませんからね。

それではドイツ車らしい、質実剛健で機能的なインテリアへ!どうぞぉ~!

それではドイツ車らしい、質実剛健で機能的なインテリアへ!どうぞぉ~!

ブラック&クロームで統一されたしっかりとしたデザインは、とてもこのサイズのクルマとは見えません!ボディデザイン同様に手抜かりはないのです!

ブラック&クロームで統一されたしっかりとしたデザインは、とてもこのサイズのクルマとは見えません!ボディデザイン同様に手抜かりはないのです!

シートは厚手の本革シート!シートの位置は調整幅が大きいので、小柄な方はもちろん、身長188cmの大柄な私でもゆったりとしたポジションが取れます。

シートは厚手の本革シート!シートの位置は調整幅が大きいので、小柄な方はもちろん、身長188cmの大柄な私でもゆったりとしたポジションが取れます。

リアシートももちろん本革シート!助手席後方の背もたれ部に若干のキズはあるものの、使用頻度が少ないおかげで、全体的にはキレイな印象で革の状態も良いです。

リアシートももちろん本革シート!助手席後方の背もたれ部に若干のキズはあるものの、使用頻度が少ないおかげで、全体的にはキレイな印象で革の状態も良いです。

ここだけ見たら上級モデルと何ら変わりはありません。コンパクトカーという事を忘れさせるシッカリとした造りはさすがアウディ!と言ったところでしょうか。

ここだけ見たら上級モデルと何ら変わりはありません。コンパクトカーという事を忘れさせるシッカリとした造りはさすがアウディ!と言ったところでしょうか。

少しグリップの太い本革ステアリングがその気にさせますね。実際、この1.4Lの直噴ターボエンジンはかなりの動力性能!優秀なツインクラッチミッションのおかげで走りも楽しいドライビングカーでもあるのです!

少しグリップの太い本革ステアリングがその気にさせますね。実際、この1.4Lの直噴ターボエンジンはかなりの動力性能!優秀なツインクラッチミッションのおかげで走りも楽しいドライビングカーでもあるのです!

実走行8.6万km!23年車ですから普通に使われてきた妥当な距離ですね。もちろん少ないに越したことはないのですが、23年車で1.0万kmという車両よりは個人的には安心できます。

実走行8.6万km!23年車ですから普通に使われてきた妥当な距離ですね。もちろん少ないに越したことはないのですが、23年車で1.0万kmという車両よりは個人的には安心できます。

ナビのディスプレイは格納出来るビルトインタイプ!やはり純正はデザインに溶け込んでしっくり来ますね。

ナビのディスプレイは格納出来るビルトインタイプ!やはり純正はデザインに溶け込んでしっくり来ますね。

ナビやラジオ、bluetoothや各種車両設定はこのコントロールパネルですべて操作出来ます。使いやすさは賛否両論あるようですが、慣れてしまえば問題ないと思います。

ナビやラジオ、bluetoothや各種車両設定はこのコントロールパネルですべて操作出来ます。使いやすさは賛否両論あるようですが、慣れてしまえば問題ないと思います。

空調関連はとても分かりやすいですね。その下には、何とこのクラスはあるまじきシートヒーターのスイッチが!冬場の本革シートにはあるとうれしい装備ですね。

空調関連はとても分かりやすいですね。その下には、何とこのクラスはあるまじきシートヒーターのスイッチが!冬場の本革シートにはあるとうれしい装備ですね。

グローブBOX内にビルトインETCを装備。後付みたいに配線も無くスッキリ!外から見えないのもセキュリティを考えたら安心なのです。

グローブBOX内にビルトインETCを装備。後付みたいに配線も無くスッキリ!外から見えないのもセキュリティを考えたら安心なのです。

ドア内張りです。若干の薄汚れはありますが、この程度でしたらクリーニングで目立たなくなりそうです。

ドア内張りです。若干の薄汚れはありますが、この程度でしたらクリーニングで目立たなくなりそうです。

このクルマで唯一気になるのが、この天張り。前席の上部は良いのですが・・・。

このクルマで唯一気になるのが、この天張り。前席の上部は良いのですが・・・。

後席の上部はタレを補修してあります。頭に触れる事はないので使用上は何ら問題はないのですが、気になるところです。

後席の上部はタレを補修してあります。頭に触れる事はないので使用上は何ら問題はないのですが、気になるところです。

表情の要のヘッドライトはご覧の通りクリア~!目ジカラのあるアウディですからね、これは大事なポイント!

表情の要のヘッドライトはご覧の通りクリア~!目ジカラのあるアウディですからね、これは大事なポイント!

もちろんリアレンズも割れ、色褪せはありません。

もちろんリアレンズも割れ、色褪せはありません。

純正アルミホイールも若干のキズはあるものの酷いガリキズなんかはありません。

純正アルミホイールも若干のキズはあるものの酷いガリキズなんかはありません。

その若干のキズがこれ。薄い擦りキズなので、タッチアップ補修で目立たなくなりそうです。もちろん納車時にやりますのでご安心を。

その若干のキズがこれ。薄い擦りキズなので、タッチアップ補修で目立たなくなりそうです。もちろん納車時にやりますのでご安心を。

タイヤ残溝はご覧の通り。7分山というところでしょうか、まだまだ当分交換の必要はなさそうですね。

タイヤ残溝はご覧の通り。7分山というところでしょうか、まだまだ当分交換の必要はなさそうですね。

ガバッと開くリアハッチは見るからに使いやすそうです。容量もこのボディサイズを考えたらかなり優秀!日常使用で困る事は無さそうです。

ガバッと開くリアハッチは見るからに使いやすそうです。容量もこのボディサイズを考えたらかなり優秀!日常使用で困る事は無さそうです。

トランク床下にスペアタイヤを装備。未使用のようです。

トランク床下にスペアタイヤを装備。未使用のようです。

直列4気筒DOHC16バルブICターボ、1389cc、最高出力	122ps/5000rpm、最大トルク20.4kg・m/1500~4000rpmを発生するパワーユニット!車両重量1190kgですから十分なパワーですね。7速ツインクラッチミッションも、無駄のないスムースな加速で、チョ~気持ち良い~!

直列4気筒DOHC16バルブICターボ、1389cc、最高出力 122ps/5000rpm、最大トルク20.4kg・m/1500~4000rpmを発生するパワーユニット!車両重量1190kgですから十分なパワーですね。7速ツインクラッチミッションも、無駄のないスムースな加速で、チョ~気持ち良い~!

こうやって見ると、やっぱりこのブラウンメタリックがいい感じですね。ボディデザインの秀逸さと合わさって、他車には無い、個性とプレミアム感がたっぷり!

こうやって見ると、やっぱりこのブラウンメタリックがいい感じですね。ボディデザインの秀逸さと合わさって、他車には無い、個性とプレミアム感がたっぷり!

日常使うにはピッタリのサイズだし、こんなおしゃれ感のあるクルマをさり気なく乗るって、乗る人の価値観を表すものだと思うのです。

日常使うにはピッタリのサイズだし、こんなおしゃれ感のあるクルマをさり気なく乗るって、乗る人の価値観を表すものだと思うのです。

そう、まさに「粋(いき)」な方にお乗りいただきたいクルマなのです!

そう、まさに「粋(いき)」な方にお乗りいただきたいクルマなのです!

車検も令和2年10月までと長~くありますし、前述の小難ありのため格安でのご提供ですので、気軽に、そして「粋」にお乗りいただくには打って付けの個体ではないかとっ!

車検も令和2年10月までと長~くありますし、前述の小難ありのため格安でのご提供ですので、気軽に、そして「粋」にお乗りいただくには打って付けの個体ではないかとっ!

スニーカーからレザーブーツ、パンプスからハイヒールに履き替えた時のように、ちょっとだけ気分が高揚する感じ・・・まさに、このA1にはそんな魅力があると思うのです。

スニーカーからレザーブーツ、パンプスからハイヒールに履き替えた時のように、ちょっとだけ気分が高揚する感じ・・・まさに、このA1にはそんな魅力があると思うのです。

誰かに見せるためでもなく、何かにアピールするわけでもなく、ただ自分のためだけなのですが・・・。

誰かに見せるためでもなく、何かにアピールするわけでもなく、ただ自分のためだけなのですが・・・。

でもそれって、日常の生活の中で使われる宿命の実用車にとっては、もしかしたら一番大切な事かもしれないと思うわけで・・・。

でもそれって、日常の生活の中で使われる宿命の実用車にとっては、もしかしたら一番大切な事かもしれないと思うわけで・・・。

いい靴を履いて出掛けませんか?いつもよりちょっと遠くまで、いつもよりちょっと足早に!アウディA1・・・いかがですか?

いい靴を履いて出掛けませんか?いつもよりちょっと遠くまで、いつもよりちょっと足早に!アウディA1・・・いかがですか?

一覧ページにもどる