StockList

一覧ページにもどる

アウディ TT ロードスター 1.8T

山、川、空、そしてTT!それだけで充たされるものがあるはず・・・いかがですかアウディTTロードスター!

初度登録2005(平成17)年5月、アウディTTロードスター1.8T!TTは好きなんだけどシルバーと黒ばっかり・・・と、お嘆きの貴兄に!ライトブルーに紺ソフトトップ、おまけに内装は茶革グローブレザー!こんな「粋」なTTはいかが?

年式 2005年5月 排気量 1800cc シフト AT
グレイシャブルーパールエフェクト 走行 90,000km 車検 なし

Sold Out

主な装備

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

初度登録2005(平成17)年5月、アウディTTロードスター1.8T!TTは好きなんだけどシルバーと黒ばっかり・・・と、お嘆きの貴兄に!ライトブルーに紺ソフトトップ、おまけに内装は茶革グローブレザー!こんな「粋」なTTはいかが?

初度登録2005(平成17)年5月、アウディTTロードスター1.8T!TTは好きなんだけどシルバーと黒ばっかり・・・と、お嘆きの貴兄に!ライトブルーに紺ソフトトップ、おまけに内装は茶革グローブレザー!こんな「粋」なTTはいかが?

2代目のTTがある意味、普通で、現代車っぽいイケイケな感じになってしまったので、かえってこの初代TTのデザインコンシャスなスタイルが新鮮に見えますねぇ~。

2代目のTTがある意味、普通で、現代車っぽいイケイケな感じになってしまったので、かえってこの初代TTのデザインコンシャスなスタイルが新鮮に見えますねぇ~。

しかも、よくあるシルバーや黒ではなく、こんな「粋」な仕様があったんですねぇ。これはまさにクルマを知り尽くした「大人」のためのスポーツカーではないかと・・・。

しかも、よくあるシルバーや黒ではなく、こんな「粋」な仕様があったんですねぇ。これはまさにクルマを知り尽くした「大人」のためのスポーツカーではないかと・・・。

そのボディ形状から、少し可愛らしくも感じられる初代TTですが、この仕様はその可愛らしさと、大人っぽさが合わさってとってもおしゃれ!これに乗ってる方、間違いなくセンスいい人!的な・・・。

そのボディ形状から、少し可愛らしくも感じられる初代TTですが、この仕様はその可愛らしさと、大人っぽさが合わさってとってもおしゃれ!これに乗ってる方、間違いなくセンスいい人!的な・・・。

しかも、画像からもお判りいただけると思いますが、かなりの美車です。こんなクルマに乗られる方は、当然クルマ好き!なはずなので、歴代オーナー様に大切にされてきたんでしょうね。

しかも、画像からもお判りいただけると思いますが、かなりの美車です。こんなクルマに乗られる方は、当然クルマ好き!なはずなので、歴代オーナー様に大切にされてきたんでしょうね。

ご覧の通り、塗装はツヤがあって美しい状態!若干の小キズはどうしてもありますが、気になるような酷いキズ、凹みはありません!

ご覧の通り、塗装はツヤがあって美しい状態!若干の小キズはどうしてもありますが、気になるような酷いキズ、凹みはありません!

おしゃれな紺幌も、もちろん破れや酷い汚れもありません!よく劣化で縮んで、隙間から雨漏りしてしまうこともあるサイドウインドウ廻りのウエザーゴムもしっかりと密着した状態です。

おしゃれな紺幌も、もちろん破れや酷い汚れもありません!よく劣化で縮んで、隙間から雨漏りしてしまうこともあるサイドウインドウ廻りのウエザーゴムもしっかりと密着した状態です。

リアウインドウはオープンでは良くあるビニールでは無く、熱線入りガラスなので、白く曇る事も無く、視界はクリア~!

リアウインドウはオープンでは良くあるビニールでは無く、熱線入りガラスなので、白く曇る事も無く、視界はクリア~!

う~ん、このプリッとしたかわいいお尻がたまりませんねぇ~!・・・あっ、あくまでクルマの話です(汗)

う~ん、このプリッとしたかわいいお尻がたまりませんねぇ~!・・・あっ、あくまでクルマの話です(汗)

ではでは、このクルマのもうひとつのポイント!雰囲気のあるインテリアをご覧くださいませ~!

ではでは、このクルマのもうひとつのポイント!雰囲気のあるインテリアをご覧くださいませ~!

茶革のグローブレザーがステキですねぇ~、おしゃれですねぇ~、イケイケなスポーツカーとは一線を画すアダルトな雰囲気が☆☆☆☆☆!

茶革のグローブレザーがステキですねぇ~、おしゃれですねぇ~、イケイケなスポーツカーとは一線を画すアダルトな雰囲気が☆☆☆☆☆!

これだけでなんだか充実した気分にさせてくれるシートです。そんなシートって他に?

これだけでなんだか充実した気分にさせてくれるシートです。そんなシートって他に?

しかも、グローブレザーではどうしても擦れてしまう編み込みの革ヒモも、ほとんどスレの無い状態!どうして?何で?どういう乗り方したらこんな状態を保てるのか誰か教えて~!

しかも、グローブレザーではどうしても擦れてしまう編み込みの革ヒモも、ほとんどスレの無い状態!どうして?何で?どういう乗り方したらこんな状態を保てるのか誰か教えて~!

・・・と、グローブレザーの謎は置いておいて(笑)この眺め・・・サイコ~!やっぱクルマってドキドキする感じが大切ですね。これ見て改めて感じました!

・・・と、グローブレザーの謎は置いておいて(笑)この眺め・・・サイコ~!やっぱクルマってドキドキする感じが大切ですね。これ見て改めて感じました!

乗る前から、これを操ったら楽しいだろうな~って感じさせる、そんな力のあるインテリア!アウディじゃなくても、どこのメーカーさんでもいいから、こういうのもっと出してぇ~!

乗る前から、これを操ったら楽しいだろうな~って感じさせる、そんな力のあるインテリア!アウディじゃなくても、どこのメーカーさんでもいいから、こういうのもっと出してぇ~!

装備の多さやギミックでごまかすんじゃなくて、本革やメタル等の素材の良さを生かしてシッカリと造り込む!肌に触れ、常に視界に写るインテリアの考え方として正解だと思います!

装備の多さやギミックでごまかすんじゃなくて、本革やメタル等の素材の良さを生かしてシッカリと造り込む!肌に触れ、常に視界に写るインテリアの考え方として正解だと思います!

実走行9.0万km、2005年車なので平均すると6,000km/年とほどよい距離で維持されてきた個体かと・・・唯一気になるのはご覧の通り、この時代の欧州車に良くある液晶欠けがあります。そして気になるタイミングベルトは、ご成約いただきましたら一式交換サービス!安心でしょ。

実走行9.0万km、2005年車なので平均すると6,000km/年とほどよい距離で維持されてきた個体かと・・・唯一気になるのはご覧の通り、この時代の欧州車に良くある液晶欠けがあります。そして気になるタイミングベルトは、ご成約いただきましたら一式交換サービス!安心でしょ。

センターコンソールに一際目立つ「TT」のロゴ。あの有名なマン島TT(Tourist Trophy)レースからネーミングされたビッグネーム!名前からもアウディの本気度が伺えますね。

センターコンソールに一際目立つ「TT」のロゴ。あの有名なマン島TT(Tourist Trophy)レースからネーミングされたビッグネーム!名前からもアウディの本気度が伺えますね。

で、パカッと開くと中にはオーディオが。確かにこのゴチャゴチャした感じより、閉めた時のスッキリ感とメタル素材の占めるバランスを考えると、このフタは正解!

で、パカッと開くと中にはオーディオが。確かにこのゴチャゴチャした感じより、閉めた時のスッキリ感とメタル素材の占めるバランスを考えると、このフタは正解!

シフトノブももちろん同じ茶革仕立て!その両サイドの革部分は飾りでは無くニーパッド!機能もデザインもちゃんと考えられているってステキ!

シフトノブももちろん同じ茶革仕立て!その両サイドの革部分は飾りでは無くニーパッド!機能もデザインもちゃんと考えられているってステキ!

この年代になると欧州車にもちゃんとドリンクホルダーが装備されます。パーキングブレーキ横にはドアロックスイッチ、幌の電動開閉スイッチ、そして座席背面のウインドリフレクター(風の巻込防止パネル)の上下スイッチがあります。

この年代になると欧州車にもちゃんとドリンクホルダーが装備されます。パーキングブレーキ横にはドアロックスイッチ、幌の電動開閉スイッチ、そして座席背面のウインドリフレクター(風の巻込防止パネル)の上下スイッチがあります。

2シーターオープンなので当然と言えば当然ですが、座席背面にスペースはほとんど無いのでリクライニング角度は限定されます。その代わり、こんなカギ付の小物入れを装備。

2シーターオープンなので当然と言えば当然ですが、座席背面にスペースはほとんど無いのでリクライニング角度は限定されます。その代わり、こんなカギ付の小物入れを装備。

そしてナビはドライブレコーダー内臓のPanasonic製CN-GP757VDを装備!2015年製なので、まだ比較的新しいモデルです。古い地図でよくある、道なき道を走る?なんて事も少なそうですね。

そしてナビはドライブレコーダー内臓のPanasonic製CN-GP757VDを装備!2015年製なので、まだ比較的新しいモデルです。古い地図でよくある、道なき道を走る?なんて事も少なそうですね。

そしてリアナンバー上にカメラがあるということは・・・。

そしてリアナンバー上にカメラがあるということは・・・。

はい、バックカメラで車庫入れも安心!丸いボディなので、確かに目視では車両後端が判りづらいので、これは助かります。

はい、バックカメラで車庫入れも安心!丸いボディなので、確かに目視では車両後端が判りづらいので、これは助かります。

で、ナビにビルトインされたドライブレコーダー!場所も取らず、配線が這うこともないのでスッキリ!いいですねコレ!

で、ナビにビルトインされたドライブレコーダー!場所も取らず、配線が這うこともないのでスッキリ!いいですねコレ!

もちろんETCも装備!音声案内、アンテナ別体式です。もはや必須の装備ですからね。

もちろんETCも装備!音声案内、アンテナ別体式です。もはや必須の装備ですからね。

ドア内張りです。ここにもちゃんと茶革が張られているので統一感はバッチリ!手抜かりはないのです!

ドア内張りです。ここにもちゃんと茶革が張られているので統一感はバッチリ!手抜かりはないのです!

画像では手の触れるインナーハンドル付近に若干の汚れが見えますが、清掃した現在はキレイになりましたのでご安心を。

画像では手の触れるインナーハンドル付近に若干の汚れが見えますが、清掃した現在はキレイになりましたのでご安心を。

助手席側ヘッドライトはお決まりの黄ばみ劣化がありましたので、ガンバって磨きました!これだけクリアーなら問題ないですよね。

助手席側ヘッドライトはお決まりの黄ばみ劣化がありましたので、ガンバって磨きました!これだけクリアーなら問題ないですよね。

運転席側ヘッドライトも表面は磨いたのでクリアーなのですが、内側に汚れ?曇り?が若干残っています。内側は分解しないと取れないので・・・。

運転席側ヘッドライトも表面は磨いたのでクリアーなのですが、内側に汚れ?曇り?が若干残っています。内側は分解しないと取れないので・・・。

リアレンズは割れ、色褪せもなくキレイな状態です。ライトブルーのボディに、赤いレンズが映えますね~。

リアレンズは割れ、色褪せもなくキレイな状態です。ライトブルーのボディに、赤いレンズが映えますね~。

ホイールはノーマルの16インチから、S-line用の17インチにインチアップ!このメッキのような光沢のあるシルバーも、ご覧の通り、曇りはありません!

ホイールはノーマルの16インチから、S-line用の17インチにインチアップ!このメッキのような光沢のあるシルバーも、ご覧の通り、曇りはありません!

一部目立つキズのタッチアップ跡がコレですが、もう少しちゃんと塗り直ししますので、目立たなくなると思います。

一部目立つキズのタッチアップ跡がコレですが、もう少しちゃんと塗り直ししますので、目立たなくなると思います。

タイヤは現在、ミシュラン・パイロットスポーツ3で、サイズはS-lineと同じ225/45ZR17。残溝は5分山というところでしょうか、暫くは交換の必要は無さそうです。

タイヤは現在、ミシュラン・パイロットスポーツ3で、サイズはS-lineと同じ225/45ZR17。残溝は5分山というところでしょうか、暫くは交換の必要は無さそうです。

ボディ後端の丸味のため、少し覗き込むような姿勢になるためでしょうか、トランクリッドはこんな風に垂直近くまで開きます。確かにこれなら頭ぶつけないですみますからね、細かいところですがよく考えられてます。

ボディ後端の丸味のため、少し覗き込むような姿勢になるためでしょうか、トランクリッドはこんな風に垂直近くまで開きます。確かにこれなら頭ぶつけないですみますからね、細かいところですがよく考えられてます。

で、思ったより深さもあって容量のあるトランク!2人の旅行でしたら十分!お土産いっぱい買っても問題無し!

で、思ったより深さもあって容量のあるトランク!2人の旅行でしたら十分!お土産いっぱい買っても問題無し!

トランク床下のジャッキや工具も揃ってます。いざというとき、これらが有るか無いかが、運命の分かれ道?なのです!

トランク床下のジャッキや工具も揃ってます。いざというとき、これらが有るか無いかが、運命の分かれ道?なのです!

水冷直列4気筒DOHC20バルブICターボ、1780cc、最高出力180ps/5500rpm、最大トルク24.0kg・m/1950~5000rpmを発生するエンジン!車両重量1440kgとちょっと重ためですが、性格はライトウエイトそのもの!

水冷直列4気筒DOHC20バルブICターボ、1780cc、最高出力180ps/5500rpm、最大トルク24.0kg・m/1950~5000rpmを発生するエンジン!車両重量1440kgとちょっと重ためですが、性格はライトウエイトそのもの!

アウディって何故か体感より低い出力数値が多い気がしますが、このTTもまさにそれ!ヘタな200psオーバー車よりパワフルで速い印象です!

アウディって何故か体感より低い出力数値が多い気がしますが、このTTもまさにそれ!ヘタな200psオーバー車よりパワフルで速い印象です!

ついでと言ってはなんですが、汚れやすいエンジンルームの端っこがこの状態です。一事が万事!いいですねぇ~。

ついでと言ってはなんですが、汚れやすいエンジンルームの端っこがこの状態です。一事が万事!いいですねぇ~。

ちゃんとオイル管理もされていたんですね。こういうのホント安心!

ちゃんとオイル管理もされていたんですね。こういうのホント安心!

もともとシンプルでスッキリとしたボディデザインがオープンだと際立ちますね。やっぱオープンカーはオープン状態がカッコよくなければいけないのです!

もともとシンプルでスッキリとしたボディデザインがオープンだと際立ちますね。やっぱオープンカーはオープン状態がカッコよくなければいけないのです!

オープン状態だとシートの茶革が差色的なアクセントになってステキですねぇ。幌の開閉も電動で簡単なので、是非オープンでお乗りいただきたいクルマです!

オープン状態だとシートの茶革が差色的なアクセントになってステキですねぇ。幌の開閉も電動で簡単なので、是非オープンでお乗りいただきたいクルマです!

この角度!こんなクルマが前を走っていたら思わず付いていってしまいそうです(笑)

この角度!こんなクルマが前を走っていたら思わず付いていってしまいそうです(笑)

そして同時に、軽い嫉妬も・・・(苦笑)

そして同時に、軽い嫉妬も・・・(苦笑)

このふくよかで、たわわなお尻・・・だから、クルマの話ですってば!(笑)

このふくよかで、たわわなお尻・・・だから、クルマの話ですってば!(笑)

カップルだったりすると、軽い嫉妬じゃ済まなそう・・・(笑)

カップルだったりすると、軽い嫉妬じゃ済まなそう・・・(笑)

冗談はさておき、ご覧のオープン時の幌カバーももちろん付属します。

冗談はさておき、ご覧のオープン時の幌カバーももちろん付属します。

思えばこの初代TTが発売された時、「アウディがこんな斬新で思い切ったデザインのクルマを出すんだ」と、少しばかりの違和感を感じたのを覚えていますが・・・。

思えばこの初代TTが発売された時、「アウディがこんな斬新で思い切ったデザインのクルマを出すんだ」と、少しばかりの違和感を感じたのを覚えていますが・・・。

2代目でガラッとデザインテイストが変わり、ある意味、普通になってしまったせいか、後になってこの初代TTが気になりだし・・・。

2代目でガラッとデザインテイストが変わり、ある意味、普通になってしまったせいか、後になってこの初代TTが気になりだし・・・。

いつからか、この「オンリーワン!」のボディスタイルは秀逸だなぁと感じ始め・・・。

いつからか、この「オンリーワン!」のボディスタイルは秀逸だなぁと感じ始め・・・。

そして、こんなステキな仕様がある事を知って、とどめを差されたっ!っていうか・・・。

そして、こんなステキな仕様がある事を知って、とどめを差されたっ!っていうか・・・。

それって、自分の感覚が、時間の経過と伴に変化し、見方が変わったからなのか、それとも時代がやっと、TTに追いついたと言うことなのか・・・。

それって、自分の感覚が、時間の経過と伴に変化し、見方が変わったからなのか、それとも時代がやっと、TTに追いついたと言うことなのか・・・。

いずれにしても、自然にそびえる山々、流れるせせらぎ、澄み切った青空のように、美しいと感じるものは「普遍」なわけで・・・。

いずれにしても、自然にそびえる山々、流れるせせらぎ、澄み切った青空のように、美しいと感じるものは「普遍」なわけで・・・。

このTTにも、そんな「普遍」な美しさと似たものがあるからではないかと・・・

このTTにも、そんな「普遍」な美しさと似たものがあるからではないかと・・・

山、川、空、そしてTT!それだけで充たされるものがあるはず・・・いかがですかアウディTTロードスター!

山、川、空、そしてTT!それだけで充たされるものがあるはず・・・いかがですかアウディTTロードスター!

一覧ページにもどる