Autoreve

Stocklist

アルファロメオ 155 2.0 ツインスパーク16V
Thanks Sold Out!

まずは、このボタンを「カチッ!」っと押してみませんか?きっと何かが始まるはず!

1998(平成10)年式 アルファロメオ155 2.0 ツインスパーク16V!最後の限定車ファイナルエディション500台のうちの22番目!まさにメンテナンスの賜物と言える稀に見る美車なのです!

年式 1998年9月 NERO
排気量 2000cc 走行 97,000km
シフト 5MT 車検 なし
年式 1998年9月
排気量 2000cc
シフト 5MT
NERO
走行 97,000km
車検 なし

主な装備

  • ABS
  • ETC付
  • アルミホイール
  • エアコン
  • エアバッグ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • ディーラー車
  • ナビ付
  • パワーウインドウ
  • パワーステアリング
  • フル装備
  • 価格応談
  • 左ハンドル
  • 記録簿
  • 革シート
1998(平成10)年式 アルファロメオ155 2.0 ツインスパーク16V!最後の限定車ファイナルエディション500台のうちの22番目!まさにメンテナンスの賜物と言える稀に見る美車なのです!
1998(平成10)年式 アルファロメオ155 2.0 ツインスパーク16V!最後の限定車ファイナルエディション500台のうちの22番目!まさにメンテナンスの賜物と言える稀に見る美車なのです!
最初に販売させていただいたのが平成22年、その時から『もし手放されることがあれば、是非アウトレーヴにお声掛けくださいね!』と言い続けたかいがあった~!
最初に販売させていただいたのが平成22年、その時から『もし手放されることがあれば、是非アウトレーヴにお声掛けくださいね!』と言い続けたかいがあった~!
いわゆる『もうこんなの無いよねぇ~!』的な・・・ご覧いただいた数枚の写真で既に程度良さそうなのはお判りいただけているかと・・・。
いわゆる『もうこんなの無いよねぇ~!』的な・・・ご覧いただいた数枚の写真で既に程度良さそうなのはお判りいただけているかと・・・。
もちろん走行距離はそれなりなので、細かな傷は致し方ないところではありますが、でもあの頃に憧れた155の姿そのものを感じていただけるのではないかとっ!
もちろん走行距離はそれなりなので、細かな傷は致し方ないところではありますが、でもあの頃に憧れた155の姿そのものを感じていただけるのではないかとっ!
特にこのNERO(ブラック)はキズが目立ちやすいはずなのに、このキリッとしたたたずまい!今では新鮮なスクエアなボディデザインと相まって、あ~、やっぱ155ってカッコいい~!
特にこのNERO(ブラック)はキズが目立ちやすいはずなのに、このキリッとしたたたずまい!今では新鮮なスクエアなボディデザインと相まって、あ~、やっぱ155ってカッコいい~!
定期的なコーティングを実施されてきたおかげで、この美しい状態!もちろんオリジナル塗装です!
定期的なコーティングを実施されてきたおかげで、この美しい状態!もちろんオリジナル塗装です!
1998年式ってことは既に21年経過・・・それでこの輝きですから、これはもう歴代オーナー様に感謝するしかないのです!ありがたや~ありがたや~!(笑)
1998年式ってことは既に21年経過・・・それでこの輝きですから、これはもう歴代オーナー様に感謝するしかないのです!ありがたや~ありがたや~!(笑)
NEROは特に赤いリアランプとのコントラストが効いててたまりません!NERO155のリアスタイルにやられちゃう方が多いのも納得!
NEROは特に赤いリアランプとのコントラストが効いててたまりません!NERO155のリアスタイルにやられちゃう方が多いのも納得!
塗装もそうですが、ほぼ必ず白く劣化してしまう樹脂部分がこの状態です。これだけでこの個体の状態がお判りいただけるかと・・・。
塗装もそうですが、ほぼ必ず白く劣化してしまう樹脂部分がこの状態です。これだけでこの個体の状態がお判りいただけるかと・・・。
そしてそして、当時の定番中の定番!あのDTMマシンをイメージし、跳ね上がったフィニッシャーが特徴のSuperSprintマフラーを装着!あ~、このエキゾーストを聞いただけであの頃を思い出すぅ~!(苦笑)
そしてそして、当時の定番中の定番!あのDTMマシンをイメージし、跳ね上がったフィニッシャーが特徴のSuperSprintマフラーを装着!あ~、このエキゾーストを聞いただけであの頃を思い出すぅ~!(苦笑)
ファイナルエディションにはこのプレートが付くので一目瞭然!この個体は500台中の22番目!そのうちこのNEROは何台あったんでしょうねぇ・・・いずれにしても貴重な1台なのです!
ファイナルエディションにはこのプレートが付くので一目瞭然!この個体は500台中の22番目!そのうちこのNEROは何台あったんでしょうねぇ・・・いずれにしても貴重な1台なのです!
外装だけではありません!これだけ大切された個体とそうでない個体とでは、むしろ内装の方が差がでるでしょうね。それではご覧くださいませ~!
外装だけではありません!これだけ大切された個体とそうでない個体とでは、むしろ内装の方が差がでるでしょうね。それではご覧くださいませ~!
ドアを開けてまず感動するのは・・・「あの臭い」がちゃんとしてる事!臭いって記憶に一番残るって言うけど、それホント!一瞬であの頃にタイムトリップなのです!
ドアを開けてまず感動するのは・・・「あの臭い」がちゃんとしてる事!臭いって記憶に一番残るって言うけど、それホント!一瞬であの頃にタイムトリップなのです!
え~、これ令和1年9月20日(金)に撮影した写真です。決して昔の写真を使い回ししているわけではありませんので、念のため(苦笑)
え~、これ令和1年9月20日(金)に撮影した写真です。決して昔の写真を使い回ししているわけではありませんので、念のため(苦笑)
一番使用感の出る運転席でこれです。確かに薄い汚れはありますが・・・3年落ちのクルマでももっと汚いのいっぱいありますがっ!的な。
一番使用感の出る運転席でこれです。確かに薄い汚れはありますが・・・3年落ちのクルマでももっと汚いのいっぱいありますがっ!的な。
リアシートに至っては、もうほとんど新○!←自主規制(笑)
リアシートに至っては、もうほとんど新○!←自主規制(笑)
アルファロメオですねぇ~、155ですねぇ~、メーターやパネルの向きがドライバーズカーそのもの!ダッシュ上面の表皮の浮きがないのも◎!
アルファロメオですねぇ~、155ですねぇ~、メーターやパネルの向きがドライバーズカーそのもの!ダッシュ上面の表皮の浮きがないのも◎!
155をドライビングした経験がある方ならお判りいただけると思いますが、近代アルファロメオの中でも、これほどドライバーの意思がダイレクトに伝わるクルマって他にないのではないかと思います。少なくてもこの後のモデル以降は残念ながら・・・。
155をドライビングした経験がある方ならお判りいただけると思いますが、近代アルファロメオの中でも、これほどドライバーの意思がダイレクトに伝わるクルマって他にないのではないかと思います。少なくてもこの後のモデル以降は残念ながら・・・。
実走行9.7万km!エンジン、ミッション、足回り、装備等、すべて不具合無く完調な状態ですが、タイミングベルト類はそろそろ交換時期です。でもその時期だからこれだけの個体を手放される気になられたので、むしろ良かったのかも?!
実走行9.7万km!エンジン、ミッション、足回り、装備等、すべて不具合無く完調な状態ですが、タイミングベルト類はそろそろ交換時期です。でもその時期だからこれだけの個体を手放される気になられたので、むしろ良かったのかも?!
ダッシュパネルにもファイナルエディションプレートがあります。ただのプレートなのに、これを見る度ちょっとうれしくなります。それだけでも価値ありますね。
ダッシュパネルにもファイナルエディションプレートがあります。ただのプレートなのに、これを見る度ちょっとうれしくなります。それだけでも価値ありますね。
確かこのオーディオって純正だった気が・・・そうじゃなくても当時のままの雰囲気を残す、今や貴重な?アイテムのひとつかと・・・。
確かこのオーディオって純正だった気が・・・そうじゃなくても当時のままの雰囲気を残す、今や貴重な?アイテムのひとつかと・・・。
ETCももちろん装備。助手席グローブBOX内に設置なのでダッシュ廻りはスッキリ!カードの出し入れもしやすいですね。
ETCももちろん装備。助手席グローブBOX内に設置なのでダッシュ廻りはスッキリ!カードの出し入れもしやすいですね。
稀に見る美車ではありますが、もちろん20年以上経過、9.7万km走行している個体なので気になる点はあるわけで・・・純正の本革MOMOステアリングにスレがあります。前述の画像は塗装前ですが、塗装後の現在はこんな感じです。かなり目立たなくなったと思います。
稀に見る美車ではありますが、もちろん20年以上経過、9.7万km走行している個体なので気になる点はあるわけで・・・純正の本革MOMOステアリングにスレがあります。前述の画像は塗装前ですが、塗装後の現在はこんな感じです。かなり目立たなくなったと思います。
前席ドア内張りです。丁寧に扱う!っていうのはこういうことなんですね。その見本のような状態です。
前席ドア内張りです。丁寧に扱う!っていうのはこういうことなんですね。その見本のような状態です。
後席ドア内張りは・・・未○用?!←自主規制その2
後席ドア内張りは・・・未○用?!←自主規制その2
そしてもう1点だけ気になるのがこの天張り・・・簡易補修済でなんとかこの程度で収まっていますが、車両の状態が良いだけに出来れば全面張替したいところではあります。
そしてもう1点だけ気になるのがこの天張り・・・簡易補修済でなんとかこの程度で収まっていますが、車両の状態が良いだけに出来れば全面張替したいところではあります。
ヘッドライト、ウインカー、フォグともに劣化はほとんど感じない状態です。ちょっとタレ目なのが表情があって良いですよね。
ヘッドライト、ウインカー、フォグともに劣化はほとんど感じない状態です。ちょっとタレ目なのが表情があって良いですよね。
リアレンズもご覧の通り!赤黒のコントラストがやっぱカッコいい~!
リアレンズもご覧の通り!赤黒のコントラストがやっぱカッコいい~!
純正アルミも無キズというわけではありませんが、ホイールコーティングのおかげでしょうか、かなり状態は良いと思います。
純正アルミも無キズというわけではありませんが、ホイールコーティングのおかげでしょうか、かなり状態は良いと思います。
ホイールで一番目立つキズがコレです。5cmくらいのガリキズですが、タッチアップ塗装済なので、それほど目立たないのではないかと。
ホイールで一番目立つキズがコレです。5cmくらいのガリキズですが、タッチアップ塗装済なので、それほど目立たないのではないかと。
タイヤはYOKOHAMA製で残溝は6分山というところでしょうか。ヒビも無く柔らかさもあるので当分交換の必要はなさそうです。
タイヤはYOKOHAMA製で残溝は6分山というところでしょうか。ヒビも無く柔らかさもあるので当分交換の必要はなさそうです。
こんなスポーティーなクルマなのに、さすがセダンですね。トランク容量はご覧の通りタップリ!深さ、奥行きともに十分な広さではないかと。
こんなスポーティーなクルマなのに、さすがセダンですね。トランク容量はご覧の通りタップリ!深さ、奥行きともに十分な広さではないかと。
スクエアな形状なので思ったよりもスペースは広いです。リアシートは可倒式なので、更に大きなものや長物も積載OK!
スクエアな形状なので思ったよりもスペースは広いです。リアシートは可倒式なので、更に大きなものや長物も積載OK!
直列4気筒DOHC16バルブ1969cc 最高出力150ps/6200rpm 最大トルク19.0kg・m/4000rpmと、数値では目立つほどのものではないのですが・・・。
直列4気筒DOHC16バルブ1969cc 最高出力150ps/6200rpm 最大トルク19.0kg・m/4000rpmと、数値では目立つほどのものではないのですが・・・。
あの伝説のジュリアGTAをルーツとするツインスパークエンジンは、天井知らずに回る、まさにドライビングプレジャーそのものと言えるパワーユニット!これは体感するべし!
あの伝説のジュリアGTAをルーツとするツインスパークエンジンは、天井知らずに回る、まさにドライビングプレジャーそのものと言えるパワーユニット!これは体感するべし!
本車両はご覧のタワーバーを装備!これ155にはもはや必須と言えるものではないかと・・・だって、走行5万kmもすると、このノンアジャスタータイプのタワーバーが入らなくなるほどボディにゆがみが・・・ホントですってば。
本車両はご覧のタワーバーを装備!これ155にはもはや必須と言えるものではないかと・・・だって、走行5万kmもすると、このノンアジャスタータイプのタワーバーが入らなくなるほどボディにゆがみが・・・ホントですってば。
比較的高額部品のひとつ、バッテリーは今年の3月に交換したばかりです。これちょっと安心。
比較的高額部品のひとつ、バッテリーは今年の3月に交換したばかりです。これちょっと安心。
これがちゃんと残ってる・・・しかもキレイ・・・う~ん、保管状態なのか、扱い方なのか、どうしてこういう状態でいられるの~!前オーナー様、教えてぇ~!
これがちゃんと残ってる・・・しかもキレイ・・・う~ん、保管状態なのか、扱い方なのか、どうしてこういう状態でいられるの~!前オーナー様、教えてぇ~!
・・・と、ここまでの画像で状態の良いのはお判りいただけたと思いますが、155の場合、肝心なのは画像では伝わらない、ドライバーの意思に寸分違わず反応する「リニア感」なんですよねぇ~。
・・・と、ここまでの画像で状態の良いのはお判りいただけたと思いますが、155の場合、肝心なのは画像では伝わらない、ドライバーの意思に寸分違わず反応する「リニア感」なんですよねぇ~。
こればっかりは、どう言葉で説明しようとしても、なかなか正確には伝わらないので歯がゆいのですが・・・。
こればっかりは、どう言葉で説明しようとしても、なかなか正確には伝わらないので歯がゆいのですが・・・。
しいて言うなら、タッチパネルとボタンスイッチの違いと言うか・・・つまり視覚、聴覚、触覚すべてでハッキリと「押した」ことが認識できる感じ・・・タッチパネルの「押した」のに押してないことになってて、それに気付かないことが無い感じ!
しいて言うなら、タッチパネルとボタンスイッチの違いと言うか・・・つまり視覚、聴覚、触覚すべてでハッキリと「押した」ことが認識できる感じ・・・タッチパネルの「押した」のに押してないことになってて、それに気付かないことが無い感じ!
なんとなくお判りいただけると思いますが、それでちょっとでも興味の湧いた方は是非一度、お乗りになる事を強くおススメします!
なんとなくお判りいただけると思いますが、それでちょっとでも興味の湧いた方は是非一度、お乗りになる事を強くおススメします!
思えばDTMで一世風靡していた頃の155に憧れ、アルファロメオの魅力に取りつかれた方も、既にかなりいい年齢?!になっていると思いますが・・・。
思えばDTMで一世風靡していた頃の155に憧れ、アルファロメオの魅力に取りつかれた方も、既にかなりいい年齢?!になっていると思いますが・・・。
あの時代を知っている方にはもちろん、そうでない若い世代にも是非体験して欲しいと思うクルマなのです。
あの時代を知っている方にはもちろん、そうでない若い世代にも是非体験して欲しいと思うクルマなのです。
若者にとっては、最近には無いカクカクデザインがカッコいい!でいいんです。動機はともあれ、まずは乗ってみると『何これ!チョ~楽しい~!』ってことになるはずなので。
若者にとっては、最近には無いカクカクデザインがカッコいい!でいいんです。動機はともあれ、まずは乗ってみると『何これ!チョ~楽しい~!』ってことになるはずなので。
そしてあの頃を知っている世代の方には『そうそう、これこれ!やっぱ楽しい~!』で、クルマへの情熱が蘇るはずなので・・・。
そしてあの頃を知っている世代の方には『そうそう、これこれ!やっぱ楽しい~!』で、クルマへの情熱が蘇るはずなので・・・。
最近のクルマはみんな同じようで、なんか興味が湧かないんだよなぁ~、なんて言ってても何も始まらないので・・・。
最近のクルマはみんな同じようで、なんか興味が湧かないんだよなぁ~、なんて言ってても何も始まらないので・・・。
まずは、このボタンを「カチッ!」っと押してみませんか?きっと何かが始まるはず!
まずは、このボタンを「カチッ!」っと押してみませんか?きっと何かが始まるはず!
1998(平成10)年式 アルファロメオ155 2.0 ツインスパーク16V!最後の限定車ファイナルエディション500台のうちの22番目!まさにメンテナンスの賜物と言える稀に見る美車なのです!
1998(平成10)年式 アルファロメオ155 2.0 ツインスパーク16V!最後の限定車ファイナルエディション500台のうちの22番目!まさにメンテナンスの賜物と言える稀に見る美車なのです!
最初に販売させていただいたのが平成22年、その時から『もし手放されることがあれば、是非アウトレーヴにお声掛けくださいね!』と言い続けたかいがあった~!
最初に販売させていただいたのが平成22年、その時から『もし手放されることがあれば、是非アウトレーヴにお声掛けくださいね!』と言い続けたかいがあった~!
いわゆる『もうこんなの無いよねぇ~!』的な・・・ご覧いただいた数枚の写真で既に程度良さそうなのはお判りいただけているかと・・・。
いわゆる『もうこんなの無いよねぇ~!』的な・・・ご覧いただいた数枚の写真で既に程度良さそうなのはお判りいただけているかと・・・。
もちろん走行距離はそれなりなので、細かな傷は致し方ないところではありますが、でもあの頃に憧れた155の姿そのものを感じていただけるのではないかとっ!
もちろん走行距離はそれなりなので、細かな傷は致し方ないところではありますが、でもあの頃に憧れた155の姿そのものを感じていただけるのではないかとっ!
特にこのNERO(ブラック)はキズが目立ちやすいはずなのに、このキリッとしたたたずまい!今では新鮮なスクエアなボディデザインと相まって、あ~、やっぱ155ってカッコいい~!
特にこのNERO(ブラック)はキズが目立ちやすいはずなのに、このキリッとしたたたずまい!今では新鮮なスクエアなボディデザインと相まって、あ~、やっぱ155ってカッコいい~!
定期的なコーティングを実施されてきたおかげで、この美しい状態!もちろんオリジナル塗装です!
定期的なコーティングを実施されてきたおかげで、この美しい状態!もちろんオリジナル塗装です!
1998年式ってことは既に21年経過・・・それでこの輝きですから、これはもう歴代オーナー様に感謝するしかないのです!ありがたや~ありがたや~!(笑)
1998年式ってことは既に21年経過・・・それでこの輝きですから、これはもう歴代オーナー様に感謝するしかないのです!ありがたや~ありがたや~!(笑)
NEROは特に赤いリアランプとのコントラストが効いててたまりません!NERO155のリアスタイルにやられちゃう方が多いのも納得!
NEROは特に赤いリアランプとのコントラストが効いててたまりません!NERO155のリアスタイルにやられちゃう方が多いのも納得!
塗装もそうですが、ほぼ必ず白く劣化してしまう樹脂部分がこの状態です。これだけでこの個体の状態がお判りいただけるかと・・・。
塗装もそうですが、ほぼ必ず白く劣化してしまう樹脂部分がこの状態です。これだけでこの個体の状態がお判りいただけるかと・・・。
そしてそして、当時の定番中の定番!あのDTMマシンをイメージし、跳ね上がったフィニッシャーが特徴のSuperSprintマフラーを装着!あ~、このエキゾーストを聞いただけであの頃を思い出すぅ~!(苦笑)
そしてそして、当時の定番中の定番!あのDTMマシンをイメージし、跳ね上がったフィニッシャーが特徴のSuperSprintマフラーを装着!あ~、このエキゾーストを聞いただけであの頃を思い出すぅ~!(苦笑)
ファイナルエディションにはこのプレートが付くので一目瞭然!この個体は500台中の22番目!そのうちこのNEROは何台あったんでしょうねぇ・・・いずれにしても貴重な1台なのです!
ファイナルエディションにはこのプレートが付くので一目瞭然!この個体は500台中の22番目!そのうちこのNEROは何台あったんでしょうねぇ・・・いずれにしても貴重な1台なのです!
外装だけではありません!これだけ大切された個体とそうでない個体とでは、むしろ内装の方が差がでるでしょうね。それではご覧くださいませ~!
外装だけではありません!これだけ大切された個体とそうでない個体とでは、むしろ内装の方が差がでるでしょうね。それではご覧くださいませ~!
ドアを開けてまず感動するのは・・・「あの臭い」がちゃんとしてる事!臭いって記憶に一番残るって言うけど、それホント!一瞬であの頃にタイムトリップなのです!
ドアを開けてまず感動するのは・・・「あの臭い」がちゃんとしてる事!臭いって記憶に一番残るって言うけど、それホント!一瞬であの頃にタイムトリップなのです!
え~、これ令和1年9月20日(金)に撮影した写真です。決して昔の写真を使い回ししているわけではありませんので、念のため(苦笑)
え~、これ令和1年9月20日(金)に撮影した写真です。決して昔の写真を使い回ししているわけではありませんので、念のため(苦笑)
一番使用感の出る運転席でこれです。確かに薄い汚れはありますが・・・3年落ちのクルマでももっと汚いのいっぱいありますがっ!的な。
一番使用感の出る運転席でこれです。確かに薄い汚れはありますが・・・3年落ちのクルマでももっと汚いのいっぱいありますがっ!的な。
リアシートに至っては、もうほとんど新○!←自主規制(笑)
リアシートに至っては、もうほとんど新○!←自主規制(笑)
アルファロメオですねぇ~、155ですねぇ~、メーターやパネルの向きがドライバーズカーそのもの!ダッシュ上面の表皮の浮きがないのも◎!
アルファロメオですねぇ~、155ですねぇ~、メーターやパネルの向きがドライバーズカーそのもの!ダッシュ上面の表皮の浮きがないのも◎!
155をドライビングした経験がある方ならお判りいただけると思いますが、近代アルファロメオの中でも、これほどドライバーの意思がダイレクトに伝わるクルマって他にないのではないかと思います。少なくてもこの後のモデル以降は残念ながら・・・。
155をドライビングした経験がある方ならお判りいただけると思いますが、近代アルファロメオの中でも、これほどドライバーの意思がダイレクトに伝わるクルマって他にないのではないかと思います。少なくてもこの後のモデル以降は残念ながら・・・。
実走行9.7万km!エンジン、ミッション、足回り、装備等、すべて不具合無く完調な状態ですが、タイミングベルト類はそろそろ交換時期です。でもその時期だからこれだけの個体を手放される気になられたので、むしろ良かったのかも?!
実走行9.7万km!エンジン、ミッション、足回り、装備等、すべて不具合無く完調な状態ですが、タイミングベルト類はそろそろ交換時期です。でもその時期だからこれだけの個体を手放される気になられたので、むしろ良かったのかも?!
ダッシュパネルにもファイナルエディションプレートがあります。ただのプレートなのに、これを見る度ちょっとうれしくなります。それだけでも価値ありますね。
ダッシュパネルにもファイナルエディションプレートがあります。ただのプレートなのに、これを見る度ちょっとうれしくなります。それだけでも価値ありますね。
確かこのオーディオって純正だった気が・・・そうじゃなくても当時のままの雰囲気を残す、今や貴重な?アイテムのひとつかと・・・。
確かこのオーディオって純正だった気が・・・そうじゃなくても当時のままの雰囲気を残す、今や貴重な?アイテムのひとつかと・・・。
ETCももちろん装備。助手席グローブBOX内に設置なのでダッシュ廻りはスッキリ!カードの出し入れもしやすいですね。
ETCももちろん装備。助手席グローブBOX内に設置なのでダッシュ廻りはスッキリ!カードの出し入れもしやすいですね。
稀に見る美車ではありますが、もちろん20年以上経過、9.7万km走行している個体なので気になる点はあるわけで・・・純正の本革MOMOステアリングにスレがあります。前述の画像は塗装前ですが、塗装後の現在はこんな感じです。かなり目立たなくなったと思います。
稀に見る美車ではありますが、もちろん20年以上経過、9.7万km走行している個体なので気になる点はあるわけで・・・純正の本革MOMOステアリングにスレがあります。前述の画像は塗装前ですが、塗装後の現在はこんな感じです。かなり目立たなくなったと思います。
前席ドア内張りです。丁寧に扱う!っていうのはこういうことなんですね。その見本のような状態です。
前席ドア内張りです。丁寧に扱う!っていうのはこういうことなんですね。その見本のような状態です。
後席ドア内張りは・・・未○用?!←自主規制その2
後席ドア内張りは・・・未○用?!←自主規制その2
そしてもう1点だけ気になるのがこの天張り・・・簡易補修済でなんとかこの程度で収まっていますが、車両の状態が良いだけに出来れば全面張替したいところではあります。
そしてもう1点だけ気になるのがこの天張り・・・簡易補修済でなんとかこの程度で収まっていますが、車両の状態が良いだけに出来れば全面張替したいところではあります。
ヘッドライト、ウインカー、フォグともに劣化はほとんど感じない状態です。ちょっとタレ目なのが表情があって良いですよね。
ヘッドライト、ウインカー、フォグともに劣化はほとんど感じない状態です。ちょっとタレ目なのが表情があって良いですよね。
リアレンズもご覧の通り!赤黒のコントラストがやっぱカッコいい~!
リアレンズもご覧の通り!赤黒のコントラストがやっぱカッコいい~!
純正アルミも無キズというわけではありませんが、ホイールコーティングのおかげでしょうか、かなり状態は良いと思います。
純正アルミも無キズというわけではありませんが、ホイールコーティングのおかげでしょうか、かなり状態は良いと思います。
ホイールで一番目立つキズがコレです。5cmくらいのガリキズですが、タッチアップ塗装済なので、それほど目立たないのではないかと。
ホイールで一番目立つキズがコレです。5cmくらいのガリキズですが、タッチアップ塗装済なので、それほど目立たないのではないかと。
タイヤはYOKOHAMA製で残溝は6分山というところでしょうか。ヒビも無く柔らかさもあるので当分交換の必要はなさそうです。
タイヤはYOKOHAMA製で残溝は6分山というところでしょうか。ヒビも無く柔らかさもあるので当分交換の必要はなさそうです。
こんなスポーティーなクルマなのに、さすがセダンですね。トランク容量はご覧の通りタップリ!深さ、奥行きともに十分な広さではないかと。
こんなスポーティーなクルマなのに、さすがセダンですね。トランク容量はご覧の通りタップリ!深さ、奥行きともに十分な広さではないかと。
スクエアな形状なので思ったよりもスペースは広いです。リアシートは可倒式なので、更に大きなものや長物も積載OK!
スクエアな形状なので思ったよりもスペースは広いです。リアシートは可倒式なので、更に大きなものや長物も積載OK!
直列4気筒DOHC16バルブ1969cc 最高出力150ps/6200rpm 最大トルク19.0kg・m/4000rpmと、数値では目立つほどのものではないのですが・・・。
直列4気筒DOHC16バルブ1969cc 最高出力150ps/6200rpm 最大トルク19.0kg・m/4000rpmと、数値では目立つほどのものではないのですが・・・。
あの伝説のジュリアGTAをルーツとするツインスパークエンジンは、天井知らずに回る、まさにドライビングプレジャーそのものと言えるパワーユニット!これは体感するべし!
あの伝説のジュリアGTAをルーツとするツインスパークエンジンは、天井知らずに回る、まさにドライビングプレジャーそのものと言えるパワーユニット!これは体感するべし!
本車両はご覧のタワーバーを装備!これ155にはもはや必須と言えるものではないかと・・・だって、走行5万kmもすると、このノンアジャスタータイプのタワーバーが入らなくなるほどボディにゆがみが・・・ホントですってば。
本車両はご覧のタワーバーを装備!これ155にはもはや必須と言えるものではないかと・・・だって、走行5万kmもすると、このノンアジャスタータイプのタワーバーが入らなくなるほどボディにゆがみが・・・ホントですってば。
比較的高額部品のひとつ、バッテリーは今年の3月に交換したばかりです。これちょっと安心。
比較的高額部品のひとつ、バッテリーは今年の3月に交換したばかりです。これちょっと安心。
これがちゃんと残ってる・・・しかもキレイ・・・う~ん、保管状態なのか、扱い方なのか、どうしてこういう状態でいられるの~!前オーナー様、教えてぇ~!
これがちゃんと残ってる・・・しかもキレイ・・・う~ん、保管状態なのか、扱い方なのか、どうしてこういう状態でいられるの~!前オーナー様、教えてぇ~!
・・・と、ここまでの画像で状態の良いのはお判りいただけたと思いますが、155の場合、肝心なのは画像では伝わらない、ドライバーの意思に寸分違わず反応する「リニア感」なんですよねぇ~。
・・・と、ここまでの画像で状態の良いのはお判りいただけたと思いますが、155の場合、肝心なのは画像では伝わらない、ドライバーの意思に寸分違わず反応する「リニア感」なんですよねぇ~。
こればっかりは、どう言葉で説明しようとしても、なかなか正確には伝わらないので歯がゆいのですが・・・。
こればっかりは、どう言葉で説明しようとしても、なかなか正確には伝わらないので歯がゆいのですが・・・。
しいて言うなら、タッチパネルとボタンスイッチの違いと言うか・・・つまり視覚、聴覚、触覚すべてでハッキリと「押した」ことが認識できる感じ・・・タッチパネルの「押した」のに押してないことになってて、それに気付かないことが無い感じ!
しいて言うなら、タッチパネルとボタンスイッチの違いと言うか・・・つまり視覚、聴覚、触覚すべてでハッキリと「押した」ことが認識できる感じ・・・タッチパネルの「押した」のに押してないことになってて、それに気付かないことが無い感じ!
なんとなくお判りいただけると思いますが、それでちょっとでも興味の湧いた方は是非一度、お乗りになる事を強くおススメします!
なんとなくお判りいただけると思いますが、それでちょっとでも興味の湧いた方は是非一度、お乗りになる事を強くおススメします!
思えばDTMで一世風靡していた頃の155に憧れ、アルファロメオの魅力に取りつかれた方も、既にかなりいい年齢?!になっていると思いますが・・・。
思えばDTMで一世風靡していた頃の155に憧れ、アルファロメオの魅力に取りつかれた方も、既にかなりいい年齢?!になっていると思いますが・・・。
あの時代を知っている方にはもちろん、そうでない若い世代にも是非体験して欲しいと思うクルマなのです。
あの時代を知っている方にはもちろん、そうでない若い世代にも是非体験して欲しいと思うクルマなのです。
若者にとっては、最近には無いカクカクデザインがカッコいい!でいいんです。動機はともあれ、まずは乗ってみると『何これ!チョ~楽しい~!』ってことになるはずなので。
若者にとっては、最近には無いカクカクデザインがカッコいい!でいいんです。動機はともあれ、まずは乗ってみると『何これ!チョ~楽しい~!』ってことになるはずなので。
そしてあの頃を知っている世代の方には『そうそう、これこれ!やっぱ楽しい~!』で、クルマへの情熱が蘇るはずなので・・・。
そしてあの頃を知っている世代の方には『そうそう、これこれ!やっぱ楽しい~!』で、クルマへの情熱が蘇るはずなので・・・。
最近のクルマはみんな同じようで、なんか興味が湧かないんだよなぁ~、なんて言ってても何も始まらないので・・・。
最近のクルマはみんな同じようで、なんか興味が湧かないんだよなぁ~、なんて言ってても何も始まらないので・・・。
まずは、このボタンを「カチッ!」っと押してみませんか?きっと何かが始まるはず!
まずは、このボタンを「カチッ!」っと押してみませんか?きっと何かが始まるはず!
pagetop