Autoreve

Stocklist

アルファロメオ 155 V6 リミテッド ¥1,880,000

生活が日常だとすれば、サーキットは非日常・・・そのどちらをも「官能」で満たせるとしたら・・・。

1997(平成9)年式 アルファロメオ155V6リミテッド!限定250台の希少なリミテッドにJTCC参戦車両を彷彿とさせるカスタムが施された『あの頃」好きには垂涎の155V6リミテッド!

年式 1997年5月 アルファレッド
排気量 2,500cc 走行 150,000km
シフト 5MT 車検 なし
年式 1997年5月
排気量 2,500cc
シフト 5MT
アルファレッド
走行 150,000km
車検 なし

主な装備

  • ABS
  • ETC付
  • アルミホイール
  • エアコン
  • エアバッグ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • ディーラー車
  • ナビ付
  • パワーウインドウ
  • パワーステアリング
  • フル装備
  • 価格応談
  • 左ハンドル
  • 記録簿
  • 革シート
ボディサイドの白いラインと巨大なアルファロゴ、白い専用アルミにツェンダーのエアロが特徴のリミテッド!これで官能のV6エキゾーストを味わったら・・・ククゥ~!
ボディサイドの白いラインと巨大なアルファロゴ、白い専用アルミにツェンダーのエアロが特徴のリミテッド!これで官能のV6エキゾーストを味わったら・・・ククゥ~!
ちなみにこの個体、かなり前に弊社で販売したもので、長い年月を経て、久しぶりに戻ってきた個体。例によって塗装は見事な?!アルファピンクだったので、迷わずオールペイントを実施!
ちなみにこの個体、かなり前に弊社で販売したもので、長い年月を経て、久しぶりに戻ってきた個体。例によって塗装は見事な?!アルファピンクだったので、迷わずオールペイントを実施!
その他にも、経年車に有りがちなオイルにじみ修理を施し、タイベル、Wポンプ類の消耗品も交換し、ようやくお見せ出来る状態になりました!
その他にも、経年車に有りがちなオイルにじみ修理を施し、タイベル、Wポンプ類の消耗品も交換し、ようやくお見せ出来る状態になりました!
既にお分かりだと思いますが、ボンネットは正真正銘フルカーボン!カーボン特有の玉虫のように妖しく光る姿がたまりません!
既にお分かりだと思いますが、ボンネットは正真正銘フルカーボン!カーボン特有の玉虫のように妖しく光る姿がたまりません!
そして目を引く巨大なリアウイングは、ALFA CORSE製ワークスカーをベースに独自のチューニングを施し、JTCCに参戦した老舗アルファロメオチューナーのユニコルセ製可変機構付きアルミリアウイング!
そして目を引く巨大なリアウイングは、ALFA CORSE製ワークスカーをベースに独自のチューニングを施し、JTCCに参戦した老舗アルファロメオチューナーのユニコルセ製可変機構付きアルミリアウイング!
カーボンの妖しい輝きは、どんな塗装よりも魅力的!もちろんフロントヘビーなV6ですから、少しでも軽量化できる実用的なメリットも!
カーボンの妖しい輝きは、どんな塗装よりも魅力的!もちろんフロントヘビーなV6ですから、少しでも軽量化できる実用的なメリットも!
オールペイントしたばかりですので、お見せする必要もない状態ですが、念のため。
オールペイントしたばかりですので、お見せする必要もない状態ですが、念のため。
巨大なリアウイングはアルミ製なので見た目と違いかなり軽量!数段階でのフラップ角度の調整も可能なレーシングユースの本格派。
巨大なリアウイングはアルミ製なので見た目と違いかなり軽量!数段階でのフラップ角度の調整も可能なレーシングユースの本格派。
そして、そして何と言っても、この個体で肝心なアイテムがコレ!官能を通り越して、この世のものとは思えないほどの恍惚のエキゾーストサウンドを奏でるマフラー!もはや「幻のマフラー」と言っても過言ではないかと。それは・・・
そして、そして何と言っても、この個体で肝心なアイテムがコレ!官能を通り越して、この世のものとは思えないほどの恍惚のエキゾーストサウンドを奏でるマフラー!もはや「幻のマフラー」と言っても過言ではないかと。それは・・・
前述のリアウイングと同じくユニコルセ製で、94~95年にJTCC参戦した155 D2用に製作された4本のうちの1本とのこと。(その昔、ユニコルセさんから伺いました。レースの詳細は、https://www.unicorse.co.jp/unicorse-racing/company/history.html にて。)
前述のリアウイングと同じくユニコルセ製で、94~95年にJTCC参戦した155 D2用に製作された4本のうちの1本とのこと。(その昔、ユニコルセさんから伺いました。レースの詳細は、https://www.unicorse.co.jp/unicorse-racing/company/history.html にて。)
ウイング、マフラーで熱くなってしまいましたが、続いてインテリアのご紹介です。どうぞ~!
ウイング、マフラーで熱くなってしまいましたが、続いてインテリアのご紹介です。どうぞ~!
ステアリングがMOMO製に換装され、ドライバーズシートに4点式シートベルトが取り付けられている以外は基本オリジナルです。
ステアリングがMOMO製に換装され、ドライバーズシートに4点式シートベルトが取り付けられている以外は基本オリジナルです。
V6リミテッド専用のホールドの良さそうなバケットタイプのシートにSabeltのシートベルト・・・気分はラリーニ?ナニーニ?
V6リミテッド専用のホールドの良さそうなバケットタイプのシートにSabeltのシートベルト・・・気分はラリーニ?ナニーニ?
ちなみにノーマルシートベルトも使用可能な状態ですので、普段はノーマル、「ここ一番!」の時に、このSabeltシートベルト!がよろしいかと。
ちなみにノーマルシートベルトも使用可能な状態ですので、普段はノーマル、「ここ一番!」の時に、このSabeltシートベルト!がよろしいかと。
年式、走行距離から考えるとかなり良い状態のシートですが、もちろん経年劣化はあるわけで・・・乗り降りの際にどうしても荷重の掛かる運転席左側のサイドサポート部にご覧の劣化があります。
年式、走行距離から考えるとかなり良い状態のシートですが、もちろん経年劣化はあるわけで・・・乗り降りの際にどうしても荷重の掛かる運転席左側のサイドサポート部にご覧の劣化があります。
リアシートはあまり使用されていなかったようで、表皮、クッションともに、とても良い状態です。ちなみにドライバーズシートのSabelt装着時はこんな状態ですが・・・。
リアシートはあまり使用されていなかったようで、表皮、クッションともに、とても良い状態です。ちなみにドライバーズシートのSabelt装着時はこんな状態ですが・・・。
ご覧の通り、ワンタッチで外すことが出来ますので、後席も普通にご使用可能です。
ご覧の通り、ワンタッチで外すことが出来ますので、後席も普通にご使用可能です。
アルファですねぇ、155ですねぇ、すべての操作系がドライバー方向に向けられ、ドライバーズカーであることを物語ります。
アルファですねぇ、155ですねぇ、すべての操作系がドライバー方向に向けられ、ドライバーズカーであることを物語ります。
MOMO製のステアリングはやはり手に馴染みます。握った時の感触とクルマの性格がピッタリ合った感覚はやはり老舗のMOMOですね。
MOMO製のステアリングはやはり手に馴染みます。握った時の感触とクルマの性格がピッタリ合った感覚はやはり老舗のMOMOですね。
実走行150,000km。走行が少し多めなのは走りの楽しいクルマの宿命でしょうか・・・でも25年を経過したクルマなので換算すれば年平均6,000kmほど。適度に乗られていたと考えると、極端に走行の少ない個体よりは、個人的には安心出来ると思います。
実走行150,000km。走行が少し多めなのは走りの楽しいクルマの宿命でしょうか・・・でも25年を経過したクルマなので換算すれば年平均6,000kmほど。適度に乗られていたと考えると、極端に走行の少ない個体よりは、個人的には安心出来ると思います。
出っ張りのないスッキリした空調関係のパネルデザインは秀逸ですね。すべてが「押す」動作で統一されたスイッチ式で、分かりやすく操作もしやすい!
出っ張りのないスッキリした空調関係のパネルデザインは秀逸ですね。すべてが「押す」動作で統一されたスイッチ式で、分かりやすく操作もしやすい!
シフトノブは重量のあるアルファロゴ入りのメタル製が装着されています。適度な重さがアシストしてシフトフィールも向上!
シフトノブは重量のあるアルファロゴ入りのメタル製が装着されています。適度な重さがアシストしてシフトフィールも向上!
もちろんETCも装備。左ハンドル、MT車には、もはや必須ですよね。
もちろんETCも装備。左ハンドル、MT車には、もはや必須ですよね。
ペダルはSPARCO製。角の曲面が靴底の引っ掛かりをさせない造り。シンプルですが良く出来てます。
ペダルはSPARCO製。角の曲面が靴底の引っ掛かりをさせない造り。シンプルですが良く出来てます。
ダッシュパネル上面の吹き出し口のプラ部分は155の泣き所。ほぼ必ず割れが発生します。この個体も一部割れがありますが、私の造ったパンチングビニールレザー製のカバーを付けてあります。
ダッシュパネル上面の吹き出し口のプラ部分は155の泣き所。ほぼ必ず割れが発生します。この個体も一部割れがありますが、私の造ったパンチングビニールレザー製のカバーを付けてあります。
見た目にも、保護のためにも、我ながらよろしいのではないかと・・・。
見た目にも、保護のためにも、我ながらよろしいのではないかと・・・。
Fドア内張。内張の生地は一部剥がれてヨレヨレだったので新品張り替え済です。なので当然ながらとっても清潔な状態!
Fドア内張。内張の生地は一部剥がれてヨレヨレだったので新品張り替え済です。なので当然ながらとっても清潔な状態!
もちろんリアドアもすべて張替済みです!
もちろんリアドアもすべて張替済みです!
天張りはご覧の通り、一部剥がれが・・・垂れてはいないので運転に特に支障はないのですが、気になると言えば気になるでしょうか。
天張りはご覧の通り、一部剥がれが・・・垂れてはいないので運転に特に支障はないのですが、気になると言えば気になるでしょうか。
ヘッドライトはガラス製ですので曇ることもありません。ウインカーレンズはよく見ると少し劣化で白くなっているようですが、もともと白っぽい素材なので気になる程では無いと思います。
ヘッドライトはガラス製ですので曇ることもありません。ウインカーレンズはよく見ると少し劣化で白くなっているようですが、もともと白っぽい素材なので気になる程では無いと思います。
リアレンズは割れはもちろんありません。色褪せもしているのかどうかわからない程度。問題ないですね。
リアレンズは割れはもちろんありません。色褪せもしているのかどうかわからない程度。問題ないですね。
リミテッドの特徴のひとつの白いアルミは、当時換装されてしまった個体が多く、今ではあまり見掛けなくなってしまいました。お好みもあるかとは思いますが、サイドデカール同様、他とは違う限定車リミテッドであることの証なので、今やむしろ貴重ではないかと。
リミテッドの特徴のひとつの白いアルミは、当時換装されてしまった個体が多く、今ではあまり見掛けなくなってしまいました。お好みもあるかとは思いますが、サイドデカール同様、他とは違う限定車リミテッドであることの証なので、今やむしろ貴重ではないかと。
現在装着されているタイヤはNANKANGのNS-Ⅱでサイズはノーマルの205/45R16。
現在装着されているタイヤはNANKANGのNS-Ⅱでサイズはノーマルの205/45R16。
残山も5~6分山程はありますので、暫くは交換の必要はない状態です。
残山も5~6分山程はありますので、暫くは交換の必要はない状態です。
155はスポーツカーであると同時に優秀なセダンでもあるのです。ラゲッジスペースもご覧の通りタップリ!
155はスポーツカーであると同時に優秀なセダンでもあるのです。ラゲッジスペースもご覧の通りタップリ!
ハイデッキなボディスタイルのおかげで、他のセダンに比べても高さがあり、容量はかなり大きいのです。
ハイデッキなボディスタイルのおかげで、他のセダンに比べても高さがあり、容量はかなり大きいのです。
水冷V型6気筒SOHC、2492cc、最高出力163ps/5800rpm、最大トルク22.0kg・m/4500rpmを発生するアルファの至宝!走る喜びはスペックだけではないことを思い知らされるアルファが誇る、名器中の名器!
水冷V型6気筒SOHC、2492cc、最高出力163ps/5800rpm、最大トルク22.0kg・m/4500rpmを発生するアルファの至宝!走る喜びはスペックだけではないことを思い知らされるアルファが誇る、名器中の名器!
美しさにもこだわった「見せるエンジン」はアルファの魂を感じます。オレカレーシング製の真っ赤なサージホースも◎!クルマ好きを自負される方なら一度はこのV6、経験されることをおススメします。
美しさにもこだわった「見せるエンジン」はアルファの魂を感じます。オレカレーシング製の真っ赤なサージホースも◎!クルマ好きを自負される方なら一度はこのV6、経験されることをおススメします。
良かった~、ちゃんとタワーバー装着されていますね。よく見ると、エンジン下にも、リアボディ下にもアンダーバー装着!155は「ボディもサスペンションの一部」と言わんばかりに撓(しな)りますので、ユルユルボディ対策には必須のアイテム!ご覧のノンアジャスト(調整不可)タイプのタワーバーが取付出来なくなるほど歪むことも!
良かった~、ちゃんとタワーバー装着されていますね。よく見ると、エンジン下にも、リアボディ下にもアンダーバー装着!155は「ボディもサスペンションの一部」と言わんばかりに撓(しな)りますので、ユルユルボディ対策には必須のアイテム!ご覧のノンアジャスト(調整不可)タイプのタワーバーが取付出来なくなるほど歪むことも!
マフラーが特別ですから、もちろん吸気側も。頑丈で、とても凝った造りのフルチタン製のNORDダイレクトフィルターを装着。
マフラーが特別ですから、もちろん吸気側も。頑丈で、とても凝った造りのフルチタン製のNORDダイレクトフィルターを装着。
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナー一式はご覧の通り先日交換したばかり。ご安心いただけるかと。
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナー一式はご覧の通り先日交換したばかり。ご安心いただけるかと。
それではここでおさらい。1997年式アルファロメオ155 V6、250台限定車リミテッドで、特徴のホワイトサイドライン&ホワイトアルファロゴ、ホワイトアルミホイール、ツェンダー製エアロを装着。
それではここでおさらい。1997年式アルファロメオ155 V6、250台限定車リミテッドで、特徴のホワイトサイドライン&ホワイトアルファロゴ、ホワイトアルミホイール、ツェンダー製エアロを装着。
眼を引くフルカーボン製軽量ボンネットを装着し、更に94~95年のJTCC参戦車両を彷彿とさせる、ユニコルセ製可変アルミリアウイング、同じくユニコルセ製ステンレス155 D2マフラーを装着!
眼を引くフルカーボン製軽量ボンネットを装着し、更に94~95年のJTCC参戦車両を彷彿とさせる、ユニコルセ製可変アルミリアウイング、同じくユニコルセ製ステンレス155 D2マフラーを装着!
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナーは、つい先日、一式交換したばかり!更に前オーナー様より伺った履歴は以下の通り。強化トルクロッド装着、エンジンマウント交換、ラジエター交換したばかり、オルタネーター中古良品交換、エアコンコンプレッサー中古良品交換、パワスモーター交換、クラッチレリーズ交換したばかり、オレカレーシング製メッシュブレーキホース装着、ドュラセル製ブレーキパッド装着・・・。
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナーは、つい先日、一式交換したばかり!更に前オーナー様より伺った履歴は以下の通り。強化トルクロッド装着、エンジンマウント交換、ラジエター交換したばかり、オルタネーター中古良品交換、エアコンコンプレッサー中古良品交換、パワスモーター交換、クラッチレリーズ交換したばかり、オレカレーシング製メッシュブレーキホース装着、ドュラセル製ブレーキパッド装着・・・。
走行距離は少し多めですが、年式を考えればそれも標準的。むしろ距離多い車両で一番心配なボディの緩みはエンジンルームタワーバー、エンジン下アンダーバー、リアボディ下のアンダーバー装着で限りなく抑えられている状態!
走行距離は少し多めですが、年式を考えればそれも標準的。むしろ距離多い車両で一番心配なボディの緩みはエンジンルームタワーバー、エンジン下アンダーバー、リアボディ下のアンダーバー装着で限りなく抑えられている状態!
・・・と、ご説明はここまでにして、未だに人気の衰えない155・・・特に若い方にとっては現代では見なくなったスクエアなボディデザインに惹かれるのでしょう。
・・・と、ご説明はここまでにして、未だに人気の衰えない155・・・特に若い方にとっては現代では見なくなったスクエアなボディデザインに惹かれるのでしょう。
また、DTMやJTCC等のレースシーンでの雄姿も強烈な印象を残しているし、そんなレースカーに近づくための様々なアフターパーツがあることも魅力の一つなのでしょう。
また、DTMやJTCC等のレースシーンでの雄姿も強烈な印象を残しているし、そんなレースカーに近づくための様々なアフターパーツがあることも魅力の一つなのでしょう。
でも、やはりアルファと言えばスペックよりも「官能」なのです。レースを生業としたレーサー以外の我々には、数馬力のパワーアップやコンマ数秒早く走ることよりも、もっと喜びを感じさせてくれるもの・・・。
でも、やはりアルファと言えばスペックよりも「官能」なのです。レースを生業としたレーサー以外の我々には、数馬力のパワーアップやコンマ数秒早く走ることよりも、もっと喜びを感じさせてくれるもの・・・。
スペックのその上の、「官能」にこだわったこんな個体・・・クルマ好きでも、そうでなくても、少しでも興味のある方であれば、是非体験してみていただきたい個体なのです。
スペックのその上の、「官能」にこだわったこんな個体・・・クルマ好きでも、そうでなくても、少しでも興味のある方であれば、是非体験してみていただきたい個体なのです。
生活が日常だとすれば、サーキットは明らかに非日常・・・そのどちらをも「官能」で満たせるとしたら・・・。
生活が日常だとすれば、サーキットは明らかに非日常・・・そのどちらをも「官能」で満たせるとしたら・・・。
日常と非日常の間に・・・アルファロメオ155V6リミテッド官能バージョン!いかがですか?
日常と非日常の間に・・・アルファロメオ155V6リミテッド官能バージョン!いかがですか?
ボディサイドの白いラインと巨大なアルファロゴ、白い専用アルミにツェンダーのエアロが特徴のリミテッド!これで官能のV6エキゾーストを味わったら・・・ククゥ~!
ボディサイドの白いラインと巨大なアルファロゴ、白い専用アルミにツェンダーのエアロが特徴のリミテッド!これで官能のV6エキゾーストを味わったら・・・ククゥ~!
ちなみにこの個体、かなり前に弊社で販売したもので、長い年月を経て、久しぶりに戻ってきた個体。例によって塗装は見事な?!アルファピンクだったので、迷わずオールペイントを実施!
ちなみにこの個体、かなり前に弊社で販売したもので、長い年月を経て、久しぶりに戻ってきた個体。例によって塗装は見事な?!アルファピンクだったので、迷わずオールペイントを実施!
その他にも、経年車に有りがちなオイルにじみ修理を施し、タイベル、Wポンプ類の消耗品も交換し、ようやくお見せ出来る状態になりました!
その他にも、経年車に有りがちなオイルにじみ修理を施し、タイベル、Wポンプ類の消耗品も交換し、ようやくお見せ出来る状態になりました!
既にお分かりだと思いますが、ボンネットは正真正銘フルカーボン!カーボン特有の玉虫のように妖しく光る姿がたまりません!
既にお分かりだと思いますが、ボンネットは正真正銘フルカーボン!カーボン特有の玉虫のように妖しく光る姿がたまりません!
そして目を引く巨大なリアウイングは、ALFA CORSE製ワークスカーをベースに独自のチューニングを施し、JTCCに参戦した老舗アルファロメオチューナーのユニコルセ製可変機構付きアルミリアウイング!
そして目を引く巨大なリアウイングは、ALFA CORSE製ワークスカーをベースに独自のチューニングを施し、JTCCに参戦した老舗アルファロメオチューナーのユニコルセ製可変機構付きアルミリアウイング!
カーボンの妖しい輝きは、どんな塗装よりも魅力的!もちろんフロントヘビーなV6ですから、少しでも軽量化できる実用的なメリットも!
カーボンの妖しい輝きは、どんな塗装よりも魅力的!もちろんフロントヘビーなV6ですから、少しでも軽量化できる実用的なメリットも!
オールペイントしたばかりですので、お見せする必要もない状態ですが、念のため。
オールペイントしたばかりですので、お見せする必要もない状態ですが、念のため。
巨大なリアウイングはアルミ製なので見た目と違いかなり軽量!数段階でのフラップ角度の調整も可能なレーシングユースの本格派。
巨大なリアウイングはアルミ製なので見た目と違いかなり軽量!数段階でのフラップ角度の調整も可能なレーシングユースの本格派。
そして、そして何と言っても、この個体で肝心なアイテムがコレ!官能を通り越して、この世のものとは思えないほどの恍惚のエキゾーストサウンドを奏でるマフラー!もはや「幻のマフラー」と言っても過言ではないかと。それは・・・
そして、そして何と言っても、この個体で肝心なアイテムがコレ!官能を通り越して、この世のものとは思えないほどの恍惚のエキゾーストサウンドを奏でるマフラー!もはや「幻のマフラー」と言っても過言ではないかと。それは・・・
前述のリアウイングと同じくユニコルセ製で、94~95年にJTCC参戦した155 D2用に製作された4本のうちの1本とのこと。(その昔、ユニコルセさんから伺いました。レースの詳細は、https://www.unicorse.co.jp/unicorse-racing/company/history.html にて。)
前述のリアウイングと同じくユニコルセ製で、94~95年にJTCC参戦した155 D2用に製作された4本のうちの1本とのこと。(その昔、ユニコルセさんから伺いました。レースの詳細は、https://www.unicorse.co.jp/unicorse-racing/company/history.html にて。)
ウイング、マフラーで熱くなってしまいましたが、続いてインテリアのご紹介です。どうぞ~!
ウイング、マフラーで熱くなってしまいましたが、続いてインテリアのご紹介です。どうぞ~!
ステアリングがMOMO製に換装され、ドライバーズシートに4点式シートベルトが取り付けられている以外は基本オリジナルです。
ステアリングがMOMO製に換装され、ドライバーズシートに4点式シートベルトが取り付けられている以外は基本オリジナルです。
V6リミテッド専用のホールドの良さそうなバケットタイプのシートにSabeltのシートベルト・・・気分はラリーニ?ナニーニ?
V6リミテッド専用のホールドの良さそうなバケットタイプのシートにSabeltのシートベルト・・・気分はラリーニ?ナニーニ?
ちなみにノーマルシートベルトも使用可能な状態ですので、普段はノーマル、「ここ一番!」の時に、このSabeltシートベルト!がよろしいかと。
ちなみにノーマルシートベルトも使用可能な状態ですので、普段はノーマル、「ここ一番!」の時に、このSabeltシートベルト!がよろしいかと。
年式、走行距離から考えるとかなり良い状態のシートですが、もちろん経年劣化はあるわけで・・・乗り降りの際にどうしても荷重の掛かる運転席左側のサイドサポート部にご覧の劣化があります。
年式、走行距離から考えるとかなり良い状態のシートですが、もちろん経年劣化はあるわけで・・・乗り降りの際にどうしても荷重の掛かる運転席左側のサイドサポート部にご覧の劣化があります。
リアシートはあまり使用されていなかったようで、表皮、クッションともに、とても良い状態です。ちなみにドライバーズシートのSabelt装着時はこんな状態ですが・・・。
リアシートはあまり使用されていなかったようで、表皮、クッションともに、とても良い状態です。ちなみにドライバーズシートのSabelt装着時はこんな状態ですが・・・。
ご覧の通り、ワンタッチで外すことが出来ますので、後席も普通にご使用可能です。
ご覧の通り、ワンタッチで外すことが出来ますので、後席も普通にご使用可能です。
アルファですねぇ、155ですねぇ、すべての操作系がドライバー方向に向けられ、ドライバーズカーであることを物語ります。
アルファですねぇ、155ですねぇ、すべての操作系がドライバー方向に向けられ、ドライバーズカーであることを物語ります。
MOMO製のステアリングはやはり手に馴染みます。握った時の感触とクルマの性格がピッタリ合った感覚はやはり老舗のMOMOですね。
MOMO製のステアリングはやはり手に馴染みます。握った時の感触とクルマの性格がピッタリ合った感覚はやはり老舗のMOMOですね。
実走行150,000km。走行が少し多めなのは走りの楽しいクルマの宿命でしょうか・・・でも25年を経過したクルマなので換算すれば年平均6,000kmほど。適度に乗られていたと考えると、極端に走行の少ない個体よりは、個人的には安心出来ると思います。
実走行150,000km。走行が少し多めなのは走りの楽しいクルマの宿命でしょうか・・・でも25年を経過したクルマなので換算すれば年平均6,000kmほど。適度に乗られていたと考えると、極端に走行の少ない個体よりは、個人的には安心出来ると思います。
出っ張りのないスッキリした空調関係のパネルデザインは秀逸ですね。すべてが「押す」動作で統一されたスイッチ式で、分かりやすく操作もしやすい!
出っ張りのないスッキリした空調関係のパネルデザインは秀逸ですね。すべてが「押す」動作で統一されたスイッチ式で、分かりやすく操作もしやすい!
シフトノブは重量のあるアルファロゴ入りのメタル製が装着されています。適度な重さがアシストしてシフトフィールも向上!
シフトノブは重量のあるアルファロゴ入りのメタル製が装着されています。適度な重さがアシストしてシフトフィールも向上!
もちろんETCも装備。左ハンドル、MT車には、もはや必須ですよね。
もちろんETCも装備。左ハンドル、MT車には、もはや必須ですよね。
ペダルはSPARCO製。角の曲面が靴底の引っ掛かりをさせない造り。シンプルですが良く出来てます。
ペダルはSPARCO製。角の曲面が靴底の引っ掛かりをさせない造り。シンプルですが良く出来てます。
ダッシュパネル上面の吹き出し口のプラ部分は155の泣き所。ほぼ必ず割れが発生します。この個体も一部割れがありますが、私の造ったパンチングビニールレザー製のカバーを付けてあります。
ダッシュパネル上面の吹き出し口のプラ部分は155の泣き所。ほぼ必ず割れが発生します。この個体も一部割れがありますが、私の造ったパンチングビニールレザー製のカバーを付けてあります。
見た目にも、保護のためにも、我ながらよろしいのではないかと・・・。
見た目にも、保護のためにも、我ながらよろしいのではないかと・・・。
Fドア内張。内張の生地は一部剥がれてヨレヨレだったので新品張り替え済です。なので当然ながらとっても清潔な状態!
Fドア内張。内張の生地は一部剥がれてヨレヨレだったので新品張り替え済です。なので当然ながらとっても清潔な状態!
もちろんリアドアもすべて張替済みです!
もちろんリアドアもすべて張替済みです!
天張りはご覧の通り、一部剥がれが・・・垂れてはいないので運転に特に支障はないのですが、気になると言えば気になるでしょうか。
天張りはご覧の通り、一部剥がれが・・・垂れてはいないので運転に特に支障はないのですが、気になると言えば気になるでしょうか。
ヘッドライトはガラス製ですので曇ることもありません。ウインカーレンズはよく見ると少し劣化で白くなっているようですが、もともと白っぽい素材なので気になる程では無いと思います。
ヘッドライトはガラス製ですので曇ることもありません。ウインカーレンズはよく見ると少し劣化で白くなっているようですが、もともと白っぽい素材なので気になる程では無いと思います。
リアレンズは割れはもちろんありません。色褪せもしているのかどうかわからない程度。問題ないですね。
リアレンズは割れはもちろんありません。色褪せもしているのかどうかわからない程度。問題ないですね。
リミテッドの特徴のひとつの白いアルミは、当時換装されてしまった個体が多く、今ではあまり見掛けなくなってしまいました。お好みもあるかとは思いますが、サイドデカール同様、他とは違う限定車リミテッドであることの証なので、今やむしろ貴重ではないかと。
リミテッドの特徴のひとつの白いアルミは、当時換装されてしまった個体が多く、今ではあまり見掛けなくなってしまいました。お好みもあるかとは思いますが、サイドデカール同様、他とは違う限定車リミテッドであることの証なので、今やむしろ貴重ではないかと。
現在装着されているタイヤはNANKANGのNS-Ⅱでサイズはノーマルの205/45R16。
現在装着されているタイヤはNANKANGのNS-Ⅱでサイズはノーマルの205/45R16。
残山も5~6分山程はありますので、暫くは交換の必要はない状態です。
残山も5~6分山程はありますので、暫くは交換の必要はない状態です。
155はスポーツカーであると同時に優秀なセダンでもあるのです。ラゲッジスペースもご覧の通りタップリ!
155はスポーツカーであると同時に優秀なセダンでもあるのです。ラゲッジスペースもご覧の通りタップリ!
ハイデッキなボディスタイルのおかげで、他のセダンに比べても高さがあり、容量はかなり大きいのです。
ハイデッキなボディスタイルのおかげで、他のセダンに比べても高さがあり、容量はかなり大きいのです。
水冷V型6気筒SOHC、2492cc、最高出力163ps/5800rpm、最大トルク22.0kg・m/4500rpmを発生するアルファの至宝!走る喜びはスペックだけではないことを思い知らされるアルファが誇る、名器中の名器!
水冷V型6気筒SOHC、2492cc、最高出力163ps/5800rpm、最大トルク22.0kg・m/4500rpmを発生するアルファの至宝!走る喜びはスペックだけではないことを思い知らされるアルファが誇る、名器中の名器!
美しさにもこだわった「見せるエンジン」はアルファの魂を感じます。オレカレーシング製の真っ赤なサージホースも◎!クルマ好きを自負される方なら一度はこのV6、経験されることをおススメします。
美しさにもこだわった「見せるエンジン」はアルファの魂を感じます。オレカレーシング製の真っ赤なサージホースも◎!クルマ好きを自負される方なら一度はこのV6、経験されることをおススメします。
良かった~、ちゃんとタワーバー装着されていますね。よく見ると、エンジン下にも、リアボディ下にもアンダーバー装着!155は「ボディもサスペンションの一部」と言わんばかりに撓(しな)りますので、ユルユルボディ対策には必須のアイテム!ご覧のノンアジャスト(調整不可)タイプのタワーバーが取付出来なくなるほど歪むことも!
良かった~、ちゃんとタワーバー装着されていますね。よく見ると、エンジン下にも、リアボディ下にもアンダーバー装着!155は「ボディもサスペンションの一部」と言わんばかりに撓(しな)りますので、ユルユルボディ対策には必須のアイテム!ご覧のノンアジャスト(調整不可)タイプのタワーバーが取付出来なくなるほど歪むことも!
マフラーが特別ですから、もちろん吸気側も。頑丈で、とても凝った造りのフルチタン製のNORDダイレクトフィルターを装着。
マフラーが特別ですから、もちろん吸気側も。頑丈で、とても凝った造りのフルチタン製のNORDダイレクトフィルターを装着。
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナー一式はご覧の通り先日交換したばかり。ご安心いただけるかと。
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナー一式はご覧の通り先日交換したばかり。ご安心いただけるかと。
それではここでおさらい。1997年式アルファロメオ155 V6、250台限定車リミテッドで、特徴のホワイトサイドライン&ホワイトアルファロゴ、ホワイトアルミホイール、ツェンダー製エアロを装着。
それではここでおさらい。1997年式アルファロメオ155 V6、250台限定車リミテッドで、特徴のホワイトサイドライン&ホワイトアルファロゴ、ホワイトアルミホイール、ツェンダー製エアロを装着。
眼を引くフルカーボン製軽量ボンネットを装着し、更に94~95年のJTCC参戦車両を彷彿とさせる、ユニコルセ製可変アルミリアウイング、同じくユニコルセ製ステンレス155 D2マフラーを装着!
眼を引くフルカーボン製軽量ボンネットを装着し、更に94~95年のJTCC参戦車両を彷彿とさせる、ユニコルセ製可変アルミリアウイング、同じくユニコルセ製ステンレス155 D2マフラーを装着!
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナーは、つい先日、一式交換したばかり!更に前オーナー様より伺った履歴は以下の通り。強化トルクロッド装着、エンジンマウント交換、ラジエター交換したばかり、オルタネーター中古良品交換、エアコンコンプレッサー中古良品交換、パワスモーター交換、クラッチレリーズ交換したばかり、オレカレーシング製メッシュブレーキホース装着、ドュラセル製ブレーキパッド装着・・・。
気になるタイミングベルト、ウォーターポンプ、テンショナーは、つい先日、一式交換したばかり!更に前オーナー様より伺った履歴は以下の通り。強化トルクロッド装着、エンジンマウント交換、ラジエター交換したばかり、オルタネーター中古良品交換、エアコンコンプレッサー中古良品交換、パワスモーター交換、クラッチレリーズ交換したばかり、オレカレーシング製メッシュブレーキホース装着、ドュラセル製ブレーキパッド装着・・・。
走行距離は少し多めですが、年式を考えればそれも標準的。むしろ距離多い車両で一番心配なボディの緩みはエンジンルームタワーバー、エンジン下アンダーバー、リアボディ下のアンダーバー装着で限りなく抑えられている状態!
走行距離は少し多めですが、年式を考えればそれも標準的。むしろ距離多い車両で一番心配なボディの緩みはエンジンルームタワーバー、エンジン下アンダーバー、リアボディ下のアンダーバー装着で限りなく抑えられている状態!
・・・と、ご説明はここまでにして、未だに人気の衰えない155・・・特に若い方にとっては現代では見なくなったスクエアなボディデザインに惹かれるのでしょう。
・・・と、ご説明はここまでにして、未だに人気の衰えない155・・・特に若い方にとっては現代では見なくなったスクエアなボディデザインに惹かれるのでしょう。
また、DTMやJTCC等のレースシーンでの雄姿も強烈な印象を残しているし、そんなレースカーに近づくための様々なアフターパーツがあることも魅力の一つなのでしょう。
また、DTMやJTCC等のレースシーンでの雄姿も強烈な印象を残しているし、そんなレースカーに近づくための様々なアフターパーツがあることも魅力の一つなのでしょう。
でも、やはりアルファと言えばスペックよりも「官能」なのです。レースを生業としたレーサー以外の我々には、数馬力のパワーアップやコンマ数秒早く走ることよりも、もっと喜びを感じさせてくれるもの・・・。
でも、やはりアルファと言えばスペックよりも「官能」なのです。レースを生業としたレーサー以外の我々には、数馬力のパワーアップやコンマ数秒早く走ることよりも、もっと喜びを感じさせてくれるもの・・・。
スペックのその上の、「官能」にこだわったこんな個体・・・クルマ好きでも、そうでなくても、少しでも興味のある方であれば、是非体験してみていただきたい個体なのです。
スペックのその上の、「官能」にこだわったこんな個体・・・クルマ好きでも、そうでなくても、少しでも興味のある方であれば、是非体験してみていただきたい個体なのです。
生活が日常だとすれば、サーキットは明らかに非日常・・・そのどちらをも「官能」で満たせるとしたら・・・。
生活が日常だとすれば、サーキットは明らかに非日常・・・そのどちらをも「官能」で満たせるとしたら・・・。
日常と非日常の間に・・・アルファロメオ155V6リミテッド官能バージョン!いかがですか?
日常と非日常の間に・・・アルファロメオ155V6リミテッド官能バージョン!いかがですか?
pagetop