Autoreve

Stocklist

アルファロメオ 166 JTD 20V Multijet
Thanks Sold Out!

貴方が居るから、166がある。まさに正真正銘のドライバーズカーではないかと!

2007(平成19)年式 アルファロメオ166 JTD 20V Multijet!日本未導入の直列5気筒20V 2.4Lコモンレールディーゼルターボ!しかも左ハンドルの6MT!これこそラテン系ビッグツアラーの大本命!

年式 2007年6月 GRIGIO DOLCEACQUA
排気量 2,400cc 走行 45,000km
シフト 6MT 車検 平成32年7月
年式 2007年6月
排気量 2,400cc
シフト 6MT
GRIGIO DOLCEACQUA
走行
車検 平成32年7月

主な装備

  • ABS
  • ETC付
  • アルミホイール
  • エアコン
  • エアバッグ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • ディーラー車
  • ナビ付
  • パワーウインドウ
  • パワーステアリング
  • フル装備
  • 価格応談
  • 左ハンドル
  • 記録簿
  • 革シート
2007(平成19)年式 アルファロメオ166 JTD 20V Multijet!日本未導入の直列5気筒20V 2.4Lコモンレールディーゼルターボ!しかも左ハンドルの6MT!これこそラテン系ビッグツアラーの大本命!
2007(平成19)年式 アルファロメオ166 JTD 20V Multijet!日本未導入の直列5気筒20V 2.4Lコモンレールディーゼルターボ!しかも左ハンドルの6MT!これこそラテン系ビッグツアラーの大本命!
たった2000回転で最大トルク39.3kgmを発生するディーゼルならではのトルクの太さ!1620kgの車体を軽々と引っ張ってくれる、欧州フラッグシップモデルに相応しい力強さなのです!
たった2000回転で最大トルク39.3kgmを発生するディーゼルならではのトルクの太さ!1620kgの車体を軽々と引っ張ってくれる、欧州フラッグシップモデルに相応しい力強さなのです!
しかも左ハンドルの6MT!信頼性はもちろん、これだけのパワーを自由に操れる喜びは格別!アルファロメオの辞書に「退屈」と言う言葉はないのです!
しかも左ハンドルの6MT!信頼性はもちろん、これだけのパワーを自由に操れる喜びは格別!アルファロメオの辞書に「退屈」と言う言葉はないのです!
ん?この個体、先日まで在庫であったヤツじゃぁ・・・お気付きの方、弊社HPをご覧いただいているのですね。ありがとう御座います。そう、先月(平成30年7月)ご成約をいただきましたが、お客様のやむを得ないご事情で戻って参りました!なので、車検タップリ!タイベル交換済!と、かなりの好条件に!・・・決してクルマに問題があったわけでは御座いませんので念のため。
ん?この個体、先日まで在庫であったヤツじゃぁ・・・お気付きの方、弊社HPをご覧いただいているのですね。ありがとう御座います。そう、先月(平成30年7月)ご成約をいただきましたが、お客様のやむを得ないご事情で戻って参りました!なので、車検タップリ!タイベル交換済!と、かなりの好条件に!・・・決してクルマに問題があったわけでは御座いませんので念のため。
フラッグシップモデルらしい重厚なリアデザイン・・・とは程遠く?!華奢なデザインにも見えてしまうリアセクションですが、それが返って、普通じゃない感を醸し出しているのではないかと・・・好きになったらたまらないヤツですね。
フラッグシップモデルらしい重厚なリアデザイン・・・とは程遠く?!華奢なデザインにも見えてしまうリアセクションですが、それが返って、普通じゃない感を醸し出しているのではないかと・・・好きになったらたまらないヤツですね。
塗装面はご覧の通り、色褪せ、クリア剥がれ等の劣化も無く、ツヤのある美しい状態です。
塗装面はご覧の通り、色褪せ、クリア剥がれ等の劣化も無く、ツヤのある美しい状態です。
一番劣化しやすいルーフの塗装もご覧の通り!ルーフ両端のメッキモールもピカッ!
一番劣化しやすいルーフの塗装もご覧の通り!ルーフ両端のメッキモールもピカッ!
両サイドのエグレ面?が印象的な166ですが、こうして良く見ると、他の部分もかなり繊細な曲面で構成されているのが分かります。
両サイドのエグレ面?が印象的な166ですが、こうして良く見ると、他の部分もかなり繊細な曲面で構成されているのが分かります。
ボディカラーは「GRIGIO DOLCEACQUA」と呼ばれるダークシルバー。ボディの曲面を美しく見せるてくれるし、汚れもほとんど目立たないお手入れの楽なカラーです。
ボディカラーは「GRIGIO DOLCEACQUA」と呼ばれるダークシルバー。ボディの曲面を美しく見せるてくれるし、汚れもほとんど目立たないお手入れの楽なカラーです。
美しい個体ではありますが、中古車ですので当然キズはあるわけで・・・外観上で気になるのは、この3点でしょうか。左上:右Fバンパー部に薄キズ 右上:Fスポイラー下面にスリキズ。下から覗かないと見えません。 左下:左リアバンパーに線キズがあります。
美しい個体ではありますが、中古車ですので当然キズはあるわけで・・・外観上で気になるのは、この3点でしょうか。左上:右Fバンパー部に薄キズ 右上:Fスポイラー下面にスリキズ。下から覗かないと見えません。 左下:左リアバンパーに線キズがあります。
フラッグシップモデルですが、そこはアルファですから、豪華というよりスパルタンな印象のインテリアです。それではご覧くださいませぇ。
フラッグシップモデルですが、そこはアルファですから、豪華というよりスパルタンな印象のインテリアです。それではご覧くださいませぇ。
アルファ伝統の、すべてはドライバーのために!と言わんばかりのインパネ周り!走りに過度の装飾は必要ないという徹底した哲学が、むしろ機能的な美しさを造り出していると思います。
アルファ伝統の、すべてはドライバーのために!と言わんばかりのインパネ周り!走りに過度の装飾は必要ないという徹底した哲学が、むしろ機能的な美しさを造り出していると思います。
走る!使う!を優先したメッシュ&モケット地のシート!見た目が豪華な本革インテリアも良いのですが、MT車には、やはりこちらがマッチ!
走る!使う!を優先したメッシュ&モケット地のシート!見た目が豪華な本革インテリアも良いのですが、MT車には、やはりこちらがマッチ!
一番使用感の出るドライバーズシートがご覧の状態です。目立つスレ、破れはありません。
一番使用感の出るドライバーズシートがご覧の状態です。目立つスレ、破れはありません。
バックレストの角度調整のみ電動で、前後位置、座面の高さ調整は手動です。壊れて調整出来なくなるリスクはほとんど無いかと・・・(苦笑)
バックレストの角度調整のみ電動で、前後位置、座面の高さ調整は手動です。壊れて調整出来なくなるリスクはほとんど無いかと・・・(苦笑)
リアシートも十分な広さですね。シートの状態は、あまり使われなかったのでしょうか、使用感はほとんど感じません。
リアシートも十分な広さですね。シートの状態は、あまり使われなかったのでしょうか、使用感はほとんど感じません。
この時代のアルファに共通のシンプルながらもスパルタンで有機的なインテリアデザイン!路面を見る目線を邪魔しないシンプルさに哲学を感じます。
この時代のアルファに共通のシンプルながらもスパルタンで有機的なインテリアデザイン!路面を見る目線を邪魔しないシンプルさに哲学を感じます。
いくらでも豪華な造りは出来るはずなのに、路面、メーター、センターコンソールの3点だけに自然に視線が行くようデザインされています。アルファですね。
いくらでも豪華な造りは出来るはずなのに、路面、メーター、センターコンソールの3点だけに自然に視線が行くようデザインされています。アルファですね。
実走行4.5万km!気になるタイミングベルトは前述の通り、平成30年7月、4.3万km時の車検取得と同時に交換済!当然、車検は平成32年7月までと、前代未聞の長さ!車検満了までは重量税も自賠責保険料も必要ないので、長ければ長いほど、お得なのです!
実走行4.5万km!気になるタイミングベルトは前述の通り、平成30年7月、4.3万km時の車検取得と同時に交換済!当然、車検は平成32年7月までと、前代未聞の長さ!車検満了までは重量税も自賠責保険料も必要ないので、長ければ長いほど、お得なのです!
とても分かりやすくレイアウトされたセンターのコントロールユニット。但し、並行輸入車のため、使用出来る機能は限られているようです。本国マニュアルも付属しますので、操作方法は参照いただけます。
とても分かりやすくレイアウトされたセンターのコントロールユニット。但し、並行輸入車のため、使用出来る機能は限られているようです。本国マニュアルも付属しますので、操作方法は参照いただけます。
ビッグトルクディーゼルのセダンをMTで乗る!・・・ガソリン車が馬だとすれば、それはまるで象のような力強さ!しかもかなり俊足の象ね。
ビッグトルクディーゼルのセダンをMTで乗る!・・・ガソリン車が馬だとすれば、それはまるで象のような力強さ!しかもかなり俊足の象ね。
インテリアで気になると言えば、他のアルファロメオ同様、この型のハンドルは筐体が画像のように劣化で反ってしまいます。操作にもちろん支障はありません。
インテリアで気になると言えば、他のアルファロメオ同様、この型のハンドルは筐体が画像のように劣化で反ってしまいます。操作にもちろん支障はありません。
助手席前のグローブBOX内にETCを装備!左のボタンはトランクオープナー!なんでこんなところに?セキュリティのためでしょうが、トランク開ける時、「あれ?どこだっけ?」と、いつも探してしまいます(苦笑)
助手席前のグローブBOX内にETCを装備!左のボタンはトランクオープナー!なんでこんなところに?セキュリティのためでしょうが、トランク開ける時、「あれ?どこだっけ?」と、いつも探してしまいます(苦笑)
インパネ裏から電源取りした2口シガーソケットを増設済!スマホの充電やポータブルナビ等も直ぐに使えます!
インパネ裏から電源取りした2口シガーソケットを増設済!スマホの充電やポータブルナビ等も直ぐに使えます!
センターコンソールのコントロールパネルを詳しく見てみましょう。ディスプレイ下に並んだボタンでそれぞれの操作画面に切り替わります。
MAIN:オーディオ、時計、気温、空調設定を表示。AUDIO:画面はFMラジオ受信状態です。並行車では周波数の表示がずれてしまいます。これでFM TOKYO80.0MHzを受信しています。TEL:並行車のため日本国内では機能しません。NAV:並行車のため日本国内では機能しません。TRIP:走行距離、走行時間、アベレージ速度、燃料消費量等が表示されます。CLIMA:空調設定の詳細が表示されます。
センターコンソールのコントロールパネルを詳しく見てみましょう。ディスプレイ下に並んだボタンでそれぞれの操作画面に切り替わります。
MAIN:オーディオ、時計、気温、空調設定を表示。AUDIO:画面はFMラジオ受信状態です。並行車では周波数の表示がずれてしまいます。これでFM TOKYO80.0MHzを受信しています。TEL:並行車のため日本国内では機能しません。NAV:並行車のため日本国内では機能しません。TRIP:走行距離、走行時間、アベレージ速度、燃料消費量等が表示されます。CLIMA:空調設定の詳細が表示されます。
かなり複雑な3次曲面で造られた有機的な内張り。でも不思議とゴチャゴチャした印象がないのは、やはりデザインの成せる技なのでしょう。
かなり複雑な3次曲面で造られた有機的な内張り。でも不思議とゴチャゴチャした印象がないのは、やはりデザインの成せる技なのでしょう。
スイッチパネルが例のベタベタ素材でしたので、除去し、現在はサラサラ状態になりました。但し、ドアロックボタンだけはアイコンがあるので除去するわけにもいかず、結果、剥げた状態です。
スイッチパネルが例のベタベタ素材でしたので、除去し、現在はサラサラ状態になりました。但し、ドアロックボタンだけはアイコンがあるので除去するわけにもいかず、結果、剥げた状態です。
シート同様、リアドア内張りはほとんど使用感を感じません。気持ち良くお乗りいただけると思います。
シート同様、リアドア内張りはほとんど使用感を感じません。気持ち良くお乗りいただけると思います。
汚れの目立ちやすいはずの白い天張りですが、ご覧の通り、目立つ汚れ、タレも無く清潔な印象です。タバコやペットの嫌な臭いもありません!
汚れの目立ちやすいはずの白い天張りですが、ご覧の通り、目立つ汚れ、タレも無く清潔な印象です。タバコやペットの嫌な臭いもありません!
経年で白く劣化してしまうヘッドライトもご覧の通りクリアーな状態です。アルファって楯型のグリルとヘッドライトが表情の要ですから、クリアーなのは大事!
経年で白く劣化してしまうヘッドライトもご覧の通りクリアーな状態です。アルファって楯型のグリルとヘッドライトが表情の要ですから、クリアーなのは大事!
156が発表された当時、「宝石のよう」と言われたリアレンズ。この166も同じく「宝石のような」印象と同時に、生き物の視線にも似た独特の雰囲気を感じさせます。
156が発表された当時、「宝石のよう」と言われたリアレンズ。この166も同じく「宝石のような」印象と同時に、生き物の視線にも似た独特の雰囲気を感じさせます。
純正のフィンタイプのアルミホイールに目立つキズはありません。フィンの間からチラッと見えるキャリパーのロゴが静かにアピールしていますね。
純正のフィンタイプのアルミホイールに目立つキズはありません。フィンの間からチラッと見えるキャリパーのロゴが静かにアピールしていますね。
一番目立つホイールのキズがコレです。他の3本はほぼ無傷の状態です。
一番目立つホイールのキズがコレです。他の3本はほぼ無傷の状態です。
タイヤはミシュランのPILOT SPORTS3、サイズは215/55R16。残溝は6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要は無さそうです。
タイヤはミシュランのPILOT SPORTS3、サイズは215/55R16。残溝は6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要は無さそうです。
トランクは開口部が少し狭いですが、奥行きがあるので容量は十分にあります。トランクリッドは巧みなリンクで開閉時に後側へ迫り出さないようになっています。
トランクは開口部が少し狭いですが、奥行きがあるので容量は十分にあります。トランクリッドは巧みなリンクで開閉時に後側へ迫り出さないようになっています。
手が届かないほどの奥行がありますので容量不足を感じる事は無いと思います。後席中央にはホールがありますので長物の積載もOK!
手が届かないほどの奥行がありますので容量不足を感じる事は無いと思います。後席中央にはホールがありますので長物の積載もOK!
トランクのこの部分にCDチェンジャーを装備。その下にバッテリーがありますので、交換は容易ですね。
トランクのこの部分にCDチェンジャーを装備。その下にバッテリーがありますので、交換は容易ですね。
トランク床下にスペアタイヤ。使用した形跡は無いようです。
トランク床下にスペアタイヤ。使用した形跡は無いようです。
ランチアテージスにも搭載されたディーゼルエンジンは、それまでの175psから、2007年のMultijetと呼ばれる最終進化型は185psへとパワーアップ!
ランチアテージスにも搭載されたディーゼルエンジンは、それまでの175psから、2007年のMultijetと呼ばれる最終進化型は185psへとパワーアップ!
直列5気筒20V 2.4L、コモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン!最高出力185ps/4000rpm 、最大トルク39.3kgm/2000rpmを発生!ガソリンのV6 3.0Lが最大トルク27.0kgm/5000rpmなので、トルクの太さは圧倒的!
直列5気筒20V 2.4L、コモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン!最高出力185ps/4000rpm 、最大トルク39.3kgm/2000rpmを発生!ガソリンのV6 3.0Lが最大トルク27.0kgm/5000rpmなので、トルクの太さは圧倒的!
ボンネット裏もご覧の通り!ここがキレイだとエンジンからオイルやLLCの飛散が無いということなので、ご安心いただけるかと。
ボンネット裏もご覧の通り!ここがキレイだとエンジンからオイルやLLCの飛散が無いということなので、ご安心いただけるかと。
ラテン系ビッグツアラーと呼べるモデルはいくつかありますが、その中でもこの166 JTD 6MTは、まんま現地仕様の大本命ではないかとっ!
ラテン系ビッグツアラーと呼べるモデルはいくつかありますが、その中でもこの166 JTD 6MTは、まんま現地仕様の大本命ではないかとっ!
いや、これをビッグツアラーなんて一言で片付けてしまうのは、あまりにも勿体ない!ボディサイズとは裏腹の、操る喜びに溢れたクルマなのです!
いや、これをビッグツアラーなんて一言で片付けてしまうのは、あまりにも勿体ない!ボディサイズとは裏腹の、操る喜びに溢れたクルマなのです!
確かに、サーキットでのコーナリングを語ったり、タイヤスモークが似合うような性格のクルマではないけど・・・。
確かに、サーキットでのコーナリングを語ったり、タイヤスモークが似合うような性格のクルマではないけど・・・。
かと言って、運転は誰かに任せ、後席でボ~っとするクルマでもないはず・・・。
かと言って、運転は誰かに任せ、後席でボ~っとするクルマでもないはず・・・。
この166を額縁とするなら、そこに飾られる絵は・・・。
この166を額縁とするなら、そこに飾られる絵は・・・。
理解に苦しむ難解な抽象画でも無ければ・・・。
理解に苦しむ難解な抽象画でも無ければ・・・。
木々の匂いを感じる風景画でもないと思うのです。そこに飾られるべきは・・・。
木々の匂いを感じる風景画でもないと思うのです。そこに飾られるべきは・・・。
貴方自身の肖像画ではないかと・・・。
貴方自身の肖像画ではないかと・・・。
『貴方が居るから、166がある。』まさに正真正銘のドライバーズカーではないかと!MTで操るビッグトルクディーゼルの166・・・いかがですか?
『貴方が居るから、166がある。』まさに正真正銘のドライバーズカーではないかと!MTで操るビッグトルクディーゼルの166・・・いかがですか?
AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)
AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)
2007(平成19)年式 アルファロメオ166 JTD 20V Multijet!日本未導入の直列5気筒20V 2.4Lコモンレールディーゼルターボ!しかも左ハンドルの6MT!これこそラテン系ビッグツアラーの大本命!
2007(平成19)年式 アルファロメオ166 JTD 20V Multijet!日本未導入の直列5気筒20V 2.4Lコモンレールディーゼルターボ!しかも左ハンドルの6MT!これこそラテン系ビッグツアラーの大本命!
たった2000回転で最大トルク39.3kgmを発生するディーゼルならではのトルクの太さ!1620kgの車体を軽々と引っ張ってくれる、欧州フラッグシップモデルに相応しい力強さなのです!
たった2000回転で最大トルク39.3kgmを発生するディーゼルならではのトルクの太さ!1620kgの車体を軽々と引っ張ってくれる、欧州フラッグシップモデルに相応しい力強さなのです!
しかも左ハンドルの6MT!信頼性はもちろん、これだけのパワーを自由に操れる喜びは格別!アルファロメオの辞書に「退屈」と言う言葉はないのです!
しかも左ハンドルの6MT!信頼性はもちろん、これだけのパワーを自由に操れる喜びは格別!アルファロメオの辞書に「退屈」と言う言葉はないのです!
ん?この個体、先日まで在庫であったヤツじゃぁ・・・お気付きの方、弊社HPをご覧いただいているのですね。ありがとう御座います。そう、先月(平成30年7月)ご成約をいただきましたが、お客様のやむを得ないご事情で戻って参りました!なので、車検タップリ!タイベル交換済!と、かなりの好条件に!・・・決してクルマに問題があったわけでは御座いませんので念のため。
ん?この個体、先日まで在庫であったヤツじゃぁ・・・お気付きの方、弊社HPをご覧いただいているのですね。ありがとう御座います。そう、先月(平成30年7月)ご成約をいただきましたが、お客様のやむを得ないご事情で戻って参りました!なので、車検タップリ!タイベル交換済!と、かなりの好条件に!・・・決してクルマに問題があったわけでは御座いませんので念のため。
フラッグシップモデルらしい重厚なリアデザイン・・・とは程遠く?!華奢なデザインにも見えてしまうリアセクションですが、それが返って、普通じゃない感を醸し出しているのではないかと・・・好きになったらたまらないヤツですね。
フラッグシップモデルらしい重厚なリアデザイン・・・とは程遠く?!華奢なデザインにも見えてしまうリアセクションですが、それが返って、普通じゃない感を醸し出しているのではないかと・・・好きになったらたまらないヤツですね。
塗装面はご覧の通り、色褪せ、クリア剥がれ等の劣化も無く、ツヤのある美しい状態です。
塗装面はご覧の通り、色褪せ、クリア剥がれ等の劣化も無く、ツヤのある美しい状態です。
一番劣化しやすいルーフの塗装もご覧の通り!ルーフ両端のメッキモールもピカッ!
一番劣化しやすいルーフの塗装もご覧の通り!ルーフ両端のメッキモールもピカッ!
両サイドのエグレ面?が印象的な166ですが、こうして良く見ると、他の部分もかなり繊細な曲面で構成されているのが分かります。
両サイドのエグレ面?が印象的な166ですが、こうして良く見ると、他の部分もかなり繊細な曲面で構成されているのが分かります。
ボディカラーは「GRIGIO DOLCEACQUA」と呼ばれるダークシルバー。ボディの曲面を美しく見せるてくれるし、汚れもほとんど目立たないお手入れの楽なカラーです。
ボディカラーは「GRIGIO DOLCEACQUA」と呼ばれるダークシルバー。ボディの曲面を美しく見せるてくれるし、汚れもほとんど目立たないお手入れの楽なカラーです。
美しい個体ではありますが、中古車ですので当然キズはあるわけで・・・外観上で気になるのは、この3点でしょうか。左上:右Fバンパー部に薄キズ 右上:Fスポイラー下面にスリキズ。下から覗かないと見えません。 左下:左リアバンパーに線キズがあります。
美しい個体ではありますが、中古車ですので当然キズはあるわけで・・・外観上で気になるのは、この3点でしょうか。左上:右Fバンパー部に薄キズ 右上:Fスポイラー下面にスリキズ。下から覗かないと見えません。 左下:左リアバンパーに線キズがあります。
フラッグシップモデルですが、そこはアルファですから、豪華というよりスパルタンな印象のインテリアです。それではご覧くださいませぇ。
フラッグシップモデルですが、そこはアルファですから、豪華というよりスパルタンな印象のインテリアです。それではご覧くださいませぇ。
アルファ伝統の、すべてはドライバーのために!と言わんばかりのインパネ周り!走りに過度の装飾は必要ないという徹底した哲学が、むしろ機能的な美しさを造り出していると思います。
アルファ伝統の、すべてはドライバーのために!と言わんばかりのインパネ周り!走りに過度の装飾は必要ないという徹底した哲学が、むしろ機能的な美しさを造り出していると思います。
走る!使う!を優先したメッシュ&モケット地のシート!見た目が豪華な本革インテリアも良いのですが、MT車には、やはりこちらがマッチ!
走る!使う!を優先したメッシュ&モケット地のシート!見た目が豪華な本革インテリアも良いのですが、MT車には、やはりこちらがマッチ!
一番使用感の出るドライバーズシートがご覧の状態です。目立つスレ、破れはありません。
一番使用感の出るドライバーズシートがご覧の状態です。目立つスレ、破れはありません。
バックレストの角度調整のみ電動で、前後位置、座面の高さ調整は手動です。壊れて調整出来なくなるリスクはほとんど無いかと・・・(苦笑)
バックレストの角度調整のみ電動で、前後位置、座面の高さ調整は手動です。壊れて調整出来なくなるリスクはほとんど無いかと・・・(苦笑)
リアシートも十分な広さですね。シートの状態は、あまり使われなかったのでしょうか、使用感はほとんど感じません。
リアシートも十分な広さですね。シートの状態は、あまり使われなかったのでしょうか、使用感はほとんど感じません。
この時代のアルファに共通のシンプルながらもスパルタンで有機的なインテリアデザイン!路面を見る目線を邪魔しないシンプルさに哲学を感じます。
この時代のアルファに共通のシンプルながらもスパルタンで有機的なインテリアデザイン!路面を見る目線を邪魔しないシンプルさに哲学を感じます。
いくらでも豪華な造りは出来るはずなのに、路面、メーター、センターコンソールの3点だけに自然に視線が行くようデザインされています。アルファですね。
いくらでも豪華な造りは出来るはずなのに、路面、メーター、センターコンソールの3点だけに自然に視線が行くようデザインされています。アルファですね。
実走行4.5万km!気になるタイミングベルトは前述の通り、平成30年7月、4.3万km時の車検取得と同時に交換済!当然、車検は平成32年7月までと、前代未聞の長さ!車検満了までは重量税も自賠責保険料も必要ないので、長ければ長いほど、お得なのです!
実走行4.5万km!気になるタイミングベルトは前述の通り、平成30年7月、4.3万km時の車検取得と同時に交換済!当然、車検は平成32年7月までと、前代未聞の長さ!車検満了までは重量税も自賠責保険料も必要ないので、長ければ長いほど、お得なのです!
とても分かりやすくレイアウトされたセンターのコントロールユニット。但し、並行輸入車のため、使用出来る機能は限られているようです。本国マニュアルも付属しますので、操作方法は参照いただけます。
とても分かりやすくレイアウトされたセンターのコントロールユニット。但し、並行輸入車のため、使用出来る機能は限られているようです。本国マニュアルも付属しますので、操作方法は参照いただけます。
ビッグトルクディーゼルのセダンをMTで乗る!・・・ガソリン車が馬だとすれば、それはまるで象のような力強さ!しかもかなり俊足の象ね。
ビッグトルクディーゼルのセダンをMTで乗る!・・・ガソリン車が馬だとすれば、それはまるで象のような力強さ!しかもかなり俊足の象ね。
インテリアで気になると言えば、他のアルファロメオ同様、この型のハンドルは筐体が画像のように劣化で反ってしまいます。操作にもちろん支障はありません。
インテリアで気になると言えば、他のアルファロメオ同様、この型のハンドルは筐体が画像のように劣化で反ってしまいます。操作にもちろん支障はありません。
助手席前のグローブBOX内にETCを装備!左のボタンはトランクオープナー!なんでこんなところに?セキュリティのためでしょうが、トランク開ける時、「あれ?どこだっけ?」と、いつも探してしまいます(苦笑)
助手席前のグローブBOX内にETCを装備!左のボタンはトランクオープナー!なんでこんなところに?セキュリティのためでしょうが、トランク開ける時、「あれ?どこだっけ?」と、いつも探してしまいます(苦笑)
インパネ裏から電源取りした2口シガーソケットを増設済!スマホの充電やポータブルナビ等も直ぐに使えます!
インパネ裏から電源取りした2口シガーソケットを増設済!スマホの充電やポータブルナビ等も直ぐに使えます!
センターコンソールのコントロールパネルを詳しく見てみましょう。ディスプレイ下に並んだボタンでそれぞれの操作画面に切り替わります。
MAIN:オーディオ、時計、気温、空調設定を表示。AUDIO:画面はFMラジオ受信状態です。並行車では周波数の表示がずれてしまいます。これでFM TOKYO80.0MHzを受信しています。TEL:並行車のため日本国内では機能しません。NAV:並行車のため日本国内では機能しません。TRIP:走行距離、走行時間、アベレージ速度、燃料消費量等が表示されます。CLIMA:空調設定の詳細が表示されます。
センターコンソールのコントロールパネルを詳しく見てみましょう。ディスプレイ下に並んだボタンでそれぞれの操作画面に切り替わります。
MAIN:オーディオ、時計、気温、空調設定を表示。AUDIO:画面はFMラジオ受信状態です。並行車では周波数の表示がずれてしまいます。これでFM TOKYO80.0MHzを受信しています。TEL:並行車のため日本国内では機能しません。NAV:並行車のため日本国内では機能しません。TRIP:走行距離、走行時間、アベレージ速度、燃料消費量等が表示されます。CLIMA:空調設定の詳細が表示されます。
かなり複雑な3次曲面で造られた有機的な内張り。でも不思議とゴチャゴチャした印象がないのは、やはりデザインの成せる技なのでしょう。
かなり複雑な3次曲面で造られた有機的な内張り。でも不思議とゴチャゴチャした印象がないのは、やはりデザインの成せる技なのでしょう。
スイッチパネルが例のベタベタ素材でしたので、除去し、現在はサラサラ状態になりました。但し、ドアロックボタンだけはアイコンがあるので除去するわけにもいかず、結果、剥げた状態です。
スイッチパネルが例のベタベタ素材でしたので、除去し、現在はサラサラ状態になりました。但し、ドアロックボタンだけはアイコンがあるので除去するわけにもいかず、結果、剥げた状態です。
シート同様、リアドア内張りはほとんど使用感を感じません。気持ち良くお乗りいただけると思います。
シート同様、リアドア内張りはほとんど使用感を感じません。気持ち良くお乗りいただけると思います。
汚れの目立ちやすいはずの白い天張りですが、ご覧の通り、目立つ汚れ、タレも無く清潔な印象です。タバコやペットの嫌な臭いもありません!
汚れの目立ちやすいはずの白い天張りですが、ご覧の通り、目立つ汚れ、タレも無く清潔な印象です。タバコやペットの嫌な臭いもありません!
経年で白く劣化してしまうヘッドライトもご覧の通りクリアーな状態です。アルファって楯型のグリルとヘッドライトが表情の要ですから、クリアーなのは大事!
経年で白く劣化してしまうヘッドライトもご覧の通りクリアーな状態です。アルファって楯型のグリルとヘッドライトが表情の要ですから、クリアーなのは大事!
156が発表された当時、「宝石のよう」と言われたリアレンズ。この166も同じく「宝石のような」印象と同時に、生き物の視線にも似た独特の雰囲気を感じさせます。
156が発表された当時、「宝石のよう」と言われたリアレンズ。この166も同じく「宝石のような」印象と同時に、生き物の視線にも似た独特の雰囲気を感じさせます。
純正のフィンタイプのアルミホイールに目立つキズはありません。フィンの間からチラッと見えるキャリパーのロゴが静かにアピールしていますね。
純正のフィンタイプのアルミホイールに目立つキズはありません。フィンの間からチラッと見えるキャリパーのロゴが静かにアピールしていますね。
一番目立つホイールのキズがコレです。他の3本はほぼ無傷の状態です。
一番目立つホイールのキズがコレです。他の3本はほぼ無傷の状態です。
タイヤはミシュランのPILOT SPORTS3、サイズは215/55R16。残溝は6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要は無さそうです。
タイヤはミシュランのPILOT SPORTS3、サイズは215/55R16。残溝は6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要は無さそうです。
トランクは開口部が少し狭いですが、奥行きがあるので容量は十分にあります。トランクリッドは巧みなリンクで開閉時に後側へ迫り出さないようになっています。
トランクは開口部が少し狭いですが、奥行きがあるので容量は十分にあります。トランクリッドは巧みなリンクで開閉時に後側へ迫り出さないようになっています。
手が届かないほどの奥行がありますので容量不足を感じる事は無いと思います。後席中央にはホールがありますので長物の積載もOK!
手が届かないほどの奥行がありますので容量不足を感じる事は無いと思います。後席中央にはホールがありますので長物の積載もOK!
トランクのこの部分にCDチェンジャーを装備。その下にバッテリーがありますので、交換は容易ですね。
トランクのこの部分にCDチェンジャーを装備。その下にバッテリーがありますので、交換は容易ですね。
トランク床下にスペアタイヤ。使用した形跡は無いようです。
トランク床下にスペアタイヤ。使用した形跡は無いようです。
ランチアテージスにも搭載されたディーゼルエンジンは、それまでの175psから、2007年のMultijetと呼ばれる最終進化型は185psへとパワーアップ!
ランチアテージスにも搭載されたディーゼルエンジンは、それまでの175psから、2007年のMultijetと呼ばれる最終進化型は185psへとパワーアップ!
直列5気筒20V 2.4L、コモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン!最高出力185ps/4000rpm 、最大トルク39.3kgm/2000rpmを発生!ガソリンのV6 3.0Lが最大トルク27.0kgm/5000rpmなので、トルクの太さは圧倒的!
直列5気筒20V 2.4L、コモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン!最高出力185ps/4000rpm 、最大トルク39.3kgm/2000rpmを発生!ガソリンのV6 3.0Lが最大トルク27.0kgm/5000rpmなので、トルクの太さは圧倒的!
ボンネット裏もご覧の通り!ここがキレイだとエンジンからオイルやLLCの飛散が無いということなので、ご安心いただけるかと。
ボンネット裏もご覧の通り!ここがキレイだとエンジンからオイルやLLCの飛散が無いということなので、ご安心いただけるかと。
ラテン系ビッグツアラーと呼べるモデルはいくつかありますが、その中でもこの166 JTD 6MTは、まんま現地仕様の大本命ではないかとっ!
ラテン系ビッグツアラーと呼べるモデルはいくつかありますが、その中でもこの166 JTD 6MTは、まんま現地仕様の大本命ではないかとっ!
いや、これをビッグツアラーなんて一言で片付けてしまうのは、あまりにも勿体ない!ボディサイズとは裏腹の、操る喜びに溢れたクルマなのです!
いや、これをビッグツアラーなんて一言で片付けてしまうのは、あまりにも勿体ない!ボディサイズとは裏腹の、操る喜びに溢れたクルマなのです!
確かに、サーキットでのコーナリングを語ったり、タイヤスモークが似合うような性格のクルマではないけど・・・。
確かに、サーキットでのコーナリングを語ったり、タイヤスモークが似合うような性格のクルマではないけど・・・。
かと言って、運転は誰かに任せ、後席でボ~っとするクルマでもないはず・・・。
かと言って、運転は誰かに任せ、後席でボ~っとするクルマでもないはず・・・。
この166を額縁とするなら、そこに飾られる絵は・・・。
この166を額縁とするなら、そこに飾られる絵は・・・。
理解に苦しむ難解な抽象画でも無ければ・・・。
理解に苦しむ難解な抽象画でも無ければ・・・。
木々の匂いを感じる風景画でもないと思うのです。そこに飾られるべきは・・・。
木々の匂いを感じる風景画でもないと思うのです。そこに飾られるべきは・・・。
貴方自身の肖像画ではないかと・・・。
貴方自身の肖像画ではないかと・・・。
『貴方が居るから、166がある。』まさに正真正銘のドライバーズカーではないかと!MTで操るビッグトルクディーゼルの166・・・いかがですか?
『貴方が居るから、166がある。』まさに正真正銘のドライバーズカーではないかと!MTで操るビッグトルクディーゼルの166・・・いかがですか?
pagetop