StockList

一覧ページにもどる

サーブ 900 turbo16S

サーブの方程式が導く「論理的な美しさ!」

1994(平成6)年7月 サーブ900 turbo 16S!サーブらしい独特のフォルムをまとった最後のスポーツクーペ!

年式 1994年7月 排気量 2000cc シフト AT
スカラベグリーン 走行 119000km 車検 なし

Sold Out

主な装備

委託販売車両となります。詳細はご確認ください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1994(平成6)年7月 サーブ900 turbo 16S!サーブらしい独特のフォルムをまとった最後のスポーツクーペ!

1994(平成6)年7月 サーブ900 turbo 16S!サーブらしい独特のフォルムをまとった最後のスポーツクーペ!

リアの滑らかでボリュームあるデザインは秀逸!「美しいライン」だけを考えて造ったらこうなりました!的な・・・。

リアの滑らかでボリュームあるデザインは秀逸!「美しいライン」だけを考えて造ったらこうなりました!的な・・・。

まるで中世のドレスを着た貴婦人の様に、グラマラスなのに優雅・・・つい見入ってしまいます。

まるで中世のドレスを着た貴婦人の様に、グラマラスなのに優雅・・・つい見入ってしまいます。

一見、無骨なのに、どことなく愛嬌のある顔も魅力ですね。

一見、無骨なのに、どことなく愛嬌のある顔も魅力ですね。

航空機メーカーだけあって、空気の流れをとことんまで計算した形状なんでしょうね。言わば「論理的な美しさ!」ではないかと・・・。

航空機メーカーだけあって、空気の流れをとことんまで計算した形状なんでしょうね。言わば「論理的な美しさ!」ではないかと・・・。

もちろん小キズはあるのですが、塗装の状態は20年を経過したとは思えないくらい良い状態です。

もちろん小キズはあるのですが、塗装の状態は20年を経過したとは思えないくらい良い状態です。

塗装が傷みやすいルーフもご覧の通り!もちろん電動サンルーフも不具合なし!

塗装が傷みやすいルーフもご覧の通り!もちろん電動サンルーフも不具合なし!

上質なものをさりげなく・・・まさにスカンジナビアデザインの良さが凝縮されたインテリア!

上質なものをさりげなく・・・まさにスカンジナビアデザインの良さが凝縮されたインテリア!

この屈強なインパネに囲まれた感じは、おそらくコックピットのそれと似た感じなんでしょうねぇ。

この屈強なインパネに囲まれた感じは、おそらくコックピットのそれと似た感じなんでしょうねぇ。

かなり厚手の革シートはそれなりに年期が入ってますが、それがかえっていい感じ!体をスッポリと包んでくれる形状も◎!

かなり厚手の革シートはそれなりに年期が入ってますが、それがかえっていい感じ!体をスッポリと包んでくれる形状も◎!

運転席のご覧のステッチ部分に破れがあります。もちろん補修は可能ですので、ご希望でしたらお申し付けください。

運転席のご覧のステッチ部分に破れがあります。もちろん補修は可能ですので、ご希望でしたらお申し付けください。

リアシートはそれほど使用感は感じません。目立つスレ、破れはもちろんありません!

リアシートはそれほど使用感は感じません。目立つスレ、破れはもちろんありません!

外観同様、無骨な印象のインパネですが、ほぼ垂直に立った形状なので独特の囲まれ感が、とっても安心な印象です。

外観同様、無骨な印象のインパネですが、ほぼ垂直に立った形状なので独特の囲まれ感が、とっても安心な印象です。

クーラーも驚くほど良く効きます。メンテナンスの賜物ですね。
残念ながらナビはDVD読み込み不良で、現在使えない状態です。古いナビですから外して、物入れスペースにしてしまった方が良いかもしれませんね。

クーラーも驚くほど良く効きます。メンテナンスの賜物ですね。
残念ながらナビはDVD読み込み不良で、現在使えない状態です。古いナビですから外して、物入れスペースにしてしまった方が良いかもしれませんね。

実走行11.9万kmですが、ボディはガッチリ!さすがサーブ!

実走行11.9万kmですが、ボディはガッチリ!さすがサーブ!

この時代にオートクルーズを標準で装備なんて・・・サーブってやっぱ高級車なのね。

この時代にオートクルーズを標準で装備なんて・・・サーブってやっぱ高級車なのね。

オーディオはカロッツェリアDEH-P630を装備!CDの他にiPod接続も可!

オーディオはカロッツェリアDEH-P630を装備!CDの他にiPod接続も可!

ここにiPod接続ケーブルあります。ETCももちろん装備!オーディオのリモコンも付属します。

ここにiPod接続ケーブルあります。ETCももちろん装備!オーディオのリモコンも付属します。

内張りも上質な素材なので、長く使えば使うほど、良い味が出てくる造りだと思います。上品な色合いも良いですねぇ。

内張りも上質な素材なので、長く使えば使うほど、良い味が出てくる造りだと思います。上品な色合いも良いですねぇ。

汚れの意目立ちやすいはずの白い天張りですがご覧の通り!タバコやペットのイヤな臭いもありません!

汚れの意目立ちやすいはずの白い天張りですがご覧の通り!タバコやペットのイヤな臭いもありません!

電動サンルーフも不具合なし!サンルーフはやっぱり無いより有った方が良いと思いま~す!

電動サンルーフも不具合なし!サンルーフはやっぱり無いより有った方が良いと思いま~す!

旧車の宿命・・・ダッシュパネルに、かなりヒビがあります。日の当たる所なので仕方ないのですが・・・。

旧車の宿命・・・ダッシュパネルに、かなりヒビがあります。日の当たる所なので仕方ないのですが・・・。

ヘッドライトは良くある反射板の劣化やくもりもありません。

ヘッドライトは良くある反射板の劣化やくもりもありません。

純正アルミホイールは90年代テイストを感じるフラットなデザインです。1本だけ小キズありますがそれほど気にならないと思います。

純正アルミホイールは90年代テイストを感じるフラットなデザインです。1本だけ小キズありますがそれほど気にならないと思います。

そのガリキズがコレ。他3本は、それほど目立つキズはありません。

そのガリキズがコレ。他3本は、それほど目立つキズはありません。

タイヤは5分山と言ったところでしょうか・・・。年数もそれなりに経過してるはずですので、そろそろ替え時かも・・・。

タイヤは5分山と言ったところでしょうか・・・。年数もそれなりに経過してるはずですので、そろそろ替え時かも・・・。

ハッチバックなので、こんなに巨大な開口部になります。奥行もあって容量はタップリ!

ハッチバックなので、こんなに巨大な開口部になります。奥行もあって容量はタップリ!

トランク下はスペアタイヤと物入れスペース!そしてボードの裏に何やら黒い箱が・・・。

トランク下はスペアタイヤと物入れスペース!そしてボードの裏に何やら黒い箱が・・・。

工具入れ・・・気が効いてるぅ~!

工具入れ・・・気が効いてるぅ~!

エンジンルームをご覧いただく前に、ボンネットを開けねば・・・え~、サーブのボンネットは、まずロックを解除して・・・。

エンジンルームをご覧いただく前に、ボンネットを開けねば・・・え~、サーブのボンネットは、まずロックを解除して・・・。

一旦、手前にスライドさせてから・・・。

一旦、手前にスライドさせてから・・・。

ボンネットを起こすと、何とフロントバンパーの前まで開くのです!これもちろん最大開口部!

ボンネットを起こすと、何とフロントバンパーの前まで開くのです!これもちろん最大開口部!

ボディも去る事ながら、エンジンもかなり頑丈な造りです。しかもご覧の通り、状態の良さもお判りいただけるかと・・・。

ボディも去る事ながら、エンジンもかなり頑丈な造りです。しかもご覧の通り、状態の良さもお判りいただけるかと・・・。

えっ? これ20年も経ってるエンジン?的な・・・。

えっ? これ20年も経ってるエンジン?的な・・・。

エンジン下面。オイル滲み、漏れが無いのがお判りいただけるかと・・・。

エンジン下面。オイル滲み、漏れが無いのがお判りいただけるかと・・・。

リア下面。サビ、腐食もほぼ皆無・・・マフラーもまだ新しい感じに見えます。

リア下面。サビ、腐食もほぼ皆無・・・マフラーもまだ新しい感じに見えます。

スカラベグリーンの名前の通り、緑に輝く塗装は落ち着いた上品な印象ですね。

スカラベグリーンの名前の通り、緑に輝く塗装は落ち着いた上品な印象ですね。

かなりボリューム感のあるデザインなのですが、濃色のおかげで引き締まって見えます。

かなりボリューム感のあるデザインなのですが、濃色のおかげで引き締まって見えます。

見れば見る程、美しさに気づかされるクルマです。

見れば見る程、美しさに気づかされるクルマです。

これはまさしく「大人のクルマ」ではないかと・・・。

これはまさしく「大人のクルマ」ではないかと・・・。

サーブと言えば、この900シリーズまでと言う方が多いのも納得の出来・・・。

サーブと言えば、この900シリーズまでと言う方が多いのも納得の出来・・・。

その高い技術力は今更、語る必要もないと思いますが、それにも増して感じるのは、サーブに宿る「頑固さ」。

その高い技術力は今更、語る必要もないと思いますが、それにも増して感じるのは、サーブに宿る「頑固さ」。

切り立ったフロントウインドウ、ボディに対し極端に長いハッチバックライン、一瞬アンバランスにも見えるテールの垂れ下がり、そんな頑固さをサーブの方程式で解いてみれば・・・。

切り立ったフロントウインドウ、ボディに対し極端に長いハッチバックライン、一瞬アンバランスにも見えるテールの垂れ下がり、そんな頑固さをサーブの方程式で解いてみれば・・・。

「他に類の無い美しさ」という答えに行き着くのです。これはまさしく・・・。

「他に類の無い美しさ」という答えに行き着くのです。これはまさしく・・・。

「論理的な美しさ」と呼べるものではないかと・・・。本当のサーブ・・・いかがですか?

「論理的な美しさ」と呼べるものではないかと・・・。本当のサーブ・・・いかがですか?

一覧ページにもどる