StockList

一覧ページにもどる

シトロエン アカディアーヌ

「癒し」は与えられるものではなくて、そこにあるということに気づくこと・・・アカディアーヌありますけど、いかが?

1982(昭和57)年式 シトロエン・アカディアーヌ!チョ~めずら!定員2名のキャンピング仕様車!自家用車としてももちろんどうぞ!

年式 1982(昭和57)年4月 排気量 600cc シフト 4MT
イヴォワール 走行 5桁メーターのため不明 車検 平成29年7月

Sold Out

主な装備

委託販売車両となります。詳細はお問い合わせください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1982(昭和57)年式 シトロエン・アカディアーヌ!チョ~めずら!定員2名のキャンピング仕様車!自家用車としてももちろんどうぞ!

1982(昭和57)年式 シトロエン・アカディアーヌ!チョ~めずら!定員2名のキャンピング仕様車!自家用車としてももちろんどうぞ!

希少なディアーヌのフルゴネット版がこのアカディアーヌ(akadiane)!赤ディアーヌではありませぬ。

希少なディアーヌのフルゴネット版がこのアカディアーヌ(akadiane)!赤ディアーヌではありませぬ。

後ろ半分、ほぼ小屋?!(笑)

後ろ半分、ほぼ小屋?!(笑)

若干、不思議ちゃん系の顔が、なんかナゴミますね。

若干、不思議ちゃん系の顔が、なんかナゴミますね。

やっぱ小屋・・・。

やっぱ小屋・・・。

さすがにクリア塗装の劣化はありますが、色褪せはほとんど感じません。全体的には清潔な印象です。

さすがにクリア塗装の劣化はありますが、色褪せはほとんど感じません。全体的には清潔な印象です。

一番傷みやすいはずのルーフの塗装でこの状態です。これなら◎ですよね。

一番傷みやすいはずのルーフの塗装でこの状態です。これなら◎ですよね。

巨大なルーフキャリア、天窓も装備!この半透明の天窓のおかげで車内は明るいこと!

巨大なルーフキャリア、天窓も装備!この半透明の天窓のおかげで車内は明るいこと!

2CVに比べると、かなりの上級車!普通のクルマに見えます(笑)

2CVに比べると、かなりの上級車!普通のクルマに見えます(笑)

2CVユーザー憧れ?のダッシュボードがあるぅ~!

2CVユーザー憧れ?のダッシュボードがあるぅ~!

2CVと同じく、布を輪ゴムで張ったシンプルな構造のシートですが、なぜか乗り心地は「ふわふわぁ~」

2CVと同じく、布を輪ゴムで張ったシンプルな構造のシートですが、なぜか乗り心地は「ふわふわぁ~」

運転席のパイピングに一部、ご覧の損傷がありますが、シート自体に破れはありません!

運転席のパイピングに一部、ご覧の損傷がありますが、シート自体に破れはありません!

ほんわかと揺られながら、この窓から眺める景色は格別でしょうね。

ほんわかと揺られながら、この窓から眺める景色は格別でしょうね。

それはまるで温泉につかりながら運転してるかの様・・・名付けて「ババンバ・バン・バン・バン走行!」・・・『居眠りするなよぉ~!』(笑)

それはまるで温泉につかりながら運転してるかの様・・・名付けて「ババンバ・バン・バン・バン走行!」・・・『居眠りするなよぉ~!』(笑)

現在、走行距離はご覧の通りです。車両の状態からみて実走行だと思いますが、5桁メーターのため走行不明とさせていただきました。

現在、走行距離はご覧の通りです。車両の状態からみて実走行だと思いますが、5桁メーターのため走行不明とさせていただきました。

これ考えたシトロエンの人、エライ!たったこれだけの機構なのに、この2本のレバーで・・・。

これ考えたシトロエンの人、エライ!たったこれだけの機構なのに、この2本のレバーで・・・。

風向や風量が自由に、しかも無段階に調整出来る!スバラシイ~!

風向や風量が自由に、しかも無段階に調整出来る!スバラシイ~!

左ハンドル車にはもはや必須のETCももちろん装備!

左ハンドル車にはもはや必須のETCももちろん装備!

更に3口のシガーソケットも増設済み!携帯やポータブルナビも同時使用OK!

更に3口のシガーソケットも増設済み!携帯やポータブルナビも同時使用OK!

窓はちゃんと上下に開くし、ドアハンドルも付いてるし、ポケットまで付いてる。他に何か?

窓はちゃんと上下に開くし、ドアハンドルも付いてるし、ポケットまで付いてる。他に何か?

天張りはフニャフニャ状態ですが、高さがあるので使用上の支障はほとんどないと思います。

天張りはフニャフニャ状態ですが、高さがあるので使用上の支障はほとんどないと思います。

タイヤは貴重なミシュランZX!交換されてから間もないとのことで、ヒビも無く、山もタップリ!

タイヤは貴重なミシュランZX!交換されてから間もないとのことで、ヒビも無く、山もタップリ!

タップリどころか9分山くらいありますけどぉ~!コレうれしい~!

タップリどころか9分山くらいありますけどぉ~!コレうれしい~!

ヘッドライトはちょっと出目金のオールドシビエ。最近のクルマ並みにとはいきませんが、必要十分な明るさ!

ヘッドライトはちょっと出目金のオールドシビエ。最近のクルマ並みにとはいきませんが、必要十分な明るさ!

キャンピング仕様なので、ベッド、棚、テーブル、シンク、コンロが装備されています!

キャンピング仕様なので、ベッド、棚、テーブル、シンク、コンロが装備されています!

まずはテーブルと棚!ワンタッチで開く棚扉がテーブルに早変わり!棚の容量もタップリ!

まずはテーブルと棚!ワンタッチで開く棚扉がテーブルに早変わり!棚の容量もタップリ!

左側面に立て掛けてある板をはめ込めば禁断?の2人用ベッドに!・・・もしくは、しいたげられたお父さんの逃げ場所として(笑)

左側面に立て掛けてある板をはめ込めば禁断?の2人用ベッドに!・・・もしくは、しいたげられたお父さんの逃げ場所として(笑)

収納もご覧の通り、余裕のスペース!かなりの長期間にも使えるれっきとしたキャンパーなのです!

収納もご覧の通り、余裕のスペース!かなりの長期間にも使えるれっきとしたキャンパーなのです!

こちらの収納にはコンロとシンクが収まっていて・・・。

こちらの収納にはコンロとシンクが収まっていて・・・。

コンロはスライドでこの位置に!車内では火気厳禁ですからね。

コンロはスライドでこの位置に!車内では火気厳禁ですからね。

シンクを取り付ければ立派な水回りに!蛇口をひねると電動ポンプで水タンクから吸い上げる構造です。

シンクを取り付ければ立派な水回りに!蛇口をひねると電動ポンプで水タンクから吸い上げる構造です。

車体左側面は水タンクとプロパンボンベ収納スペース。良く出来てるなぁ~。

車体左側面は水タンクとプロパンボンベ収納スペース。良く出来てるなぁ~。

この天窓が効いてますねぇ。「全室南向き!日当たり良好!明るいお部屋で新生活をスタート!」みたいな・・・。

この天窓が効いてますねぇ。「全室南向き!日当たり良好!明るいお部屋で新生活をスタート!」みたいな・・・。

天窓はワンタッチでこんな感じで開きます。枠の「立ち」があるので、多少の雨なら防げるスグレモノ!

天窓はワンタッチでこんな感じで開きます。枠の「立ち」があるので、多少の雨なら防げるスグレモノ!

空冷フラットツイン602cc、32.8ps/5750rpm、70年代の2CVやMehariと同じM28/1と呼ばれるエンジン!もちろん機関に不具合はありません!

空冷フラットツイン602cc、32.8ps/5750rpm、70年代の2CVやMehariと同じM28/1と呼ばれるエンジン!もちろん機関に不具合はありません!

スターターは交換して間もない感じ・・・機関系では唯一と言っていい高額部品なので安心ですね。

スターターは交換して間もない感じ・・・機関系では唯一と言っていい高額部品なので安心ですね。

もちろんブレーキはインボードディスク!実用車にはオーバースペックとも思える機構ですが、結果、軽やかな足回りを見事に実現!

もちろんブレーキはインボードディスク!実用車にはオーバースペックとも思える機構ですが、結果、軽やかな足回りを見事に実現!

牧歌的なイメージで捉えられがちなアカディアーヌですが、これほど合理的なクルマもそうないのではないかと・・・。

牧歌的なイメージで捉えられがちなアカディアーヌですが、これほど合理的なクルマもそうないのではないかと・・・。

必要最小限・・・ミニマムなシンプルさがむしろ「物」としての存在感を感じさせます。

必要最小限・・・ミニマムなシンプルさがむしろ「物」としての存在感を感じさせます。

何はともあれ、気の向くまま、風の流れるままにM28/1を回し続け、心地よい疲れを感じたら・・・。

何はともあれ、気の向くまま、風の流れるままにM28/1を回し続け、心地よい疲れを感じたら・・・。

ベッドで横になり、湾曲した屋根の下、天窓からのそよ風に、ただただ身をゆだねてみる・・・。

ベッドで横になり、湾曲した屋根の下、天窓からのそよ風に、ただただ身をゆだねてみる・・・。

吹きこんだ木の葉とともに訪れるのは・・・。

吹きこんだ木の葉とともに訪れるのは・・・。

きっと、この上ない「癒し」に違いないはず・・・。

きっと、この上ない「癒し」に違いないはず・・・。

「癒し」は与えられるものではなくて、そこにあるということに気づくこと・・・アカディアーヌありますけど、いかが?

「癒し」は与えられるものではなくて、そこにあるということに気づくこと・・・アカディアーヌありますけど、いかが?

一覧ページにもどる