Autoreve

Stocklist

シトロエン エグザンティア ブレーク 2.0 エクスクルーシブ
Thanks Sold Out!

「柔らかさに満ちたやさしいもの」・・・さぁ、次は貴方が語ってください。

2001年式 シトロエン エグザンティアブレーク 2.0 エクスクルーシブ!すっかり見なくなってしまったエグザンですが、まだまだこんな好物件があるのです!『もう1度乗りたい!』っていう方はもちろん、『ハイドロに興味はあるけど壁が高そう・・・。』と感じている方、ハイドロ実用車の真骨頂と言うべきエグザン!いかがですかぁ~!

年式 2001年5月 ルージュピボワンPe
排気量 2000cc 走行 70,000km
シフト AT 車検 令和5年12月
年式 2001年5月
排気量 2000cc
シフト AT
ルージュピボワンPe
走行 70,000km
車検 令和5年12月

主な装備

  • ABS
  • ETC付
  • アルミホイール
  • エアコン
  • エアバッグ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • ディーラー車
  • ナビ付
  • パワーウインドウ
  • パワーステアリング
  • フル装備
  • 価格応談
  • 左ハンドル
  • 記録簿
  • 革シート
本車両は令和3年4月に前オーナー様により、エンジン交換(タイミングベルト切れのため)を含む大規模な機関系のリフレッシュが施されたおかげで、旧年式低走行車にありがちな『なんかこう詰まってるというか、ノツノツした感じがあるんだよなぁ』とは無縁のキビキビした気持ちの良い個体!
本車両は令和3年4月に前オーナー様により、エンジン交換(タイミングベルト切れのため)を含む大規模な機関系のリフレッシュが施されたおかげで、旧年式低走行車にありがちな『なんかこう詰まってるというか、ノツノツした感じがあるんだよなぁ』とは無縁のキビキビした気持ちの良い個体!
しかも、スフィアはおそらくコンフォート玉に換装されているようで、もともと柔らかな乗り心地のノーマルよりも更に「タワ~ンタワ~ン」な極楽状態!
しかも、スフィアはおそらくコンフォート玉に換装されているようで、もともと柔らかな乗り心地のノーマルよりも更に「タワ~ンタワ~ン」な極楽状態!
エグザンブレークとしては最終の2001年式ですが、それでも20年を経過してるんですねぇ。ベルトーネとシトロエン合作によるデザインは全くもって古さを感じさせません。
エグザンブレークとしては最終の2001年式ですが、それでも20年を経過してるんですねぇ。ベルトーネとシトロエン合作によるデザインは全くもって古さを感じさせません。
むしろ、今見ても新鮮で、実用車には大切なTPOを選ばない洗練されたデザインはさすがの一言!
むしろ、今見ても新鮮で、実用車には大切なTPOを選ばない洗練されたデザインはさすがの一言!
どこをとっても奇を衒わず、破綻の無い、真面目で安心なスタイル!だけど中身はハイドロゆらゆら~!って、実はこういうのがホントは一番アバンギャルドではないかと・・・。
どこをとっても奇を衒わず、破綻の無い、真面目で安心なスタイル!だけど中身はハイドロゆらゆら~!って、実はこういうのがホントは一番アバンギャルドではないかと・・・。
既にお分かりだとは思いますが、塗装の状態はほぼベストと言えるのではないかと。色褪せやクリア剥げは皆無!コーティングが掛かっているようで、ヌメ~ッとした艶があり、かなり美しい状態!
既にお分かりだとは思いますが、塗装の状態はほぼベストと言えるのではないかと。色褪せやクリア剥げは皆無!コーティングが掛かっているようで、ヌメ~ッとした艶があり、かなり美しい状態!
一番傷みやすいルーフの塗装がこの状態ですから、推して知るべし!
一番傷みやすいルーフの塗装がこの状態ですから、推して知るべし!
外装同様、内装もこれまた極上!それではご覧くださいませ~。
外装同様、内装もこれまた極上!それではご覧くださいませ~。
この年式ですと同色バンパーやサイドモールに加え、この内装のウッドパネルも特徴の一つです。これ見よがしなものでは無く、さり気ない差し色的な使い方がいいですね。
この年式ですと同色バンパーやサイドモールに加え、この内装のウッドパネルも特徴の一つです。これ見よがしなものでは無く、さり気ない差し色的な使い方がいいですね。
そしてエグザンと言えば、このモケットシート!何の変哲もない形状、素材のはずなのに、なんでこの座り心地が実現出来るのでしょうか・・・。
そしてエグザンと言えば、このモケットシート!何の変哲もない形状、素材のはずなのに、なんでこの座り心地が実現出来るのでしょうか・・・。
運転席の右サイドサポート部にだけご覧の使用感はありますが、他はスレや破れもなく、ちゃんと「例」のシートです。
運転席の右サイドサポート部にだけご覧の使用感はありますが、他はスレや破れもなく、ちゃんと「例」のシートです。
後席はほとんど使用感は感じません。これは気持ちよくお乗りいただけると思います。
後席はほとんど使用感は感じません。これは気持ちよくお乗りいただけると思います。
いやぁ~、改めて見てみると、こんなにスッキリと機能的にまとまったデザインだったんですね。現代の車に見慣れると物足りなさすら感じますが、クルマのダッシュパネルのデザインって考えると、ある意味これが一つの正解なのかもしれません。
いやぁ~、改めて見てみると、こんなにスッキリと機能的にまとまったデザインだったんですね。現代の車に見慣れると物足りなさすら感じますが、クルマのダッシュパネルのデザインって考えると、ある意味これが一つの正解なのかもしれません。
オーディオがギラギラ、ナビがビカビカ、そんな風景に慣れてしまっていると、走行時に不要なものは、あえて視界に入らないように、フタがついてるっていう事にすら軽い気付きを覚えます。
オーディオがギラギラ、ナビがビカビカ、そんな風景に慣れてしまっていると、走行時に不要なものは、あえて視界に入らないように、フタがついてるっていう事にすら軽い気付きを覚えます。
実走行7.0万km。前述の通り令和3年4月、走行6.8万kmのリフレッシュ時に、もちろんタイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプも一新されていますので、ご安心を。
実走行7.0万km。前述の通り令和3年4月、走行6.8万kmのリフレッシュ時に、もちろんタイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプも一新されていますので、ご安心を。
オーディオはSONY製のCDデッキを装備。ソースはCD(本体)、CD(チェンジャー)、AMFMラジオのみです。
オーディオはSONY製のCDデッキを装備。ソースはCD(本体)、CD(チェンジャー)、AMFMラジオのみです。
言わずと知れたAL4ミッション。当時は変速タイミングガ~とか言われましたが、そのクセが分かってしまえば、アクセルワークだけでそこそこエンジンブレーキが使えるので、むしろ速度変化の激しい街中走行では便利ではないかと!
言わずと知れたAL4ミッション。当時は変速タイミングガ~とか言われましたが、そのクセが分かってしまえば、アクセルワークだけでそこそこエンジンブレーキが使えるので、むしろ速度変化の激しい街中走行では便利ではないかと!
そして他車とは決定的に違うところがコレ。ハイドロサスペンションにより、メンテナンスモード、悪路走行モード、通常運転モード、駐車モードと4段階の車高調整が任意で行なえます。
そして他車とは決定的に違うところがコレ。ハイドロサスペンションにより、メンテナンスモード、悪路走行モード、通常運転モード、駐車モードと4段階の車高調整が任意で行なえます。
助手席グローブBOX内にETCも、もちろん装備。
助手席グローブBOX内にETCも、もちろん装備。
そして運転席前には、Yupiteru レーザー&レーダー探知機Z100L装備。私この手のものには疎いのですが、昨今言われている移動式オービスなんかにはかなり効果的とのこと。
そして運転席前には、Yupiteru レーザー&レーダー探知機Z100L装備。私この手のものには疎いのですが、昨今言われている移動式オービスなんかにはかなり効果的とのこと。
そして今流行りのデジタルインナーミラーも装備!ルームミラー、ドライブレコーダー、バックモニターが一体になったスグレ物!画像はバック時の映像です。
そして今流行りのデジタルインナーミラーも装備!ルームミラー、ドライブレコーダー、バックモニターが一体になったスグレ物!画像はバック時の映像です。
そのカメラがコレ。残念ながらバックカメラ機能のみで、後方のドライブレコーダー機能は無いようです。
そのカメラがコレ。残念ながらバックカメラ機能のみで、後方のドライブレコーダー機能は無いようです。
Fドア内張。とても20年を経過した車両とは思えないほどの清潔さ。気になる汚れや劣化は見受けられません。
Fドア内張。とても20年を経過した車両とは思えないほどの清潔さ。気になる汚れや劣化は見受けられません。
Rドア内張。Fドアにも増して清潔な状態。
Rドア内張。Fドアにも増して清潔な状態。
天張りです。横に線が入ったように見える個所はタレの補修跡です。キレイ補修されており、ご覧の通り汚れも無いので、ほとんど気にならないと思います。
天張りです。横に線が入ったように見える個所はタレの補修跡です。キレイ補修されており、ご覧の通り汚れも無いので、ほとんど気にならないと思います。
ヘッドライト、フォグともにクリアーな状態です。驚くのは必ず曇るバンパーのメッキモールがこの輝きです。
ヘッドライト、フォグともにクリアーな状態です。驚くのは必ず曇るバンパーのメッキモールがこの輝きです。
リアレンズも問題ないですね。バンパーモールはフロントに比べると少し曇り気味でしょうか。っていうかこれが普通(苦笑)
リアレンズも問題ないですね。バンパーモールはフロントに比べると少し曇り気味でしょうか。っていうかこれが普通(苦笑)
純正アルミホイールも写真に写らないような細かなキズはどうしてもありますが、ぱっと見で分かるような目立つガリキズはありません。
純正アルミホイールも写真に写らないような細かなキズはどうしてもありますが、ぱっと見で分かるような目立つガリキズはありません。
タイヤサイズは185/65R15。現在ミシュランタイヤを装着してます。
タイヤサイズは185/65R15。現在ミシュランタイヤを装着してます。
タイヤ残溝は4本とも6.0mmありますので、当分交換の必要はありませんね。
タイヤ残溝は4本とも6.0mmありますので、当分交換の必要はありませんね。
ブレークボディの最大のメリット!ラゲッジルームはこれだけの広さがありますので、日常使いには十分かと。
ブレークボディの最大のメリット!ラゲッジルームはこれだけの広さがありますので、日常使いには十分かと。
他車の流用ですが、ゴムマットも付属しますので、汚れものも気にせず入れられますね。
他車の流用ですが、ゴムマットも付属しますので、汚れものも気にせず入れられますね。
後席の後ろに取付るラゲッジネットも付属しますので、大量の荷物を積んだ時、またはペットを乗せた時にも安心。
後席の後ろに取付るラゲッジネットも付属しますので、大量の荷物を積んだ時、またはペットを乗せた時にも安心。
水冷直列4気筒DOHC、1998cc、最高出力130ps/5500rpm、最大トルク18.7kg・m/4200rpm。数値だけ見ると貧弱にすら思えますが、そこはフランス車!実用域での力は十分過ぎるほどなので、パワー不足を感じることはありません!
水冷直列4気筒DOHC、1998cc、最高出力130ps/5500rpm、最大トルク18.7kg・m/4200rpm。数値だけ見ると貧弱にすら思えますが、そこはフランス車!実用域での力は十分過ぎるほどなので、パワー不足を感じることはありません!
お決まりのLHMリザーバータンク上面がオイルで湿った状態ですが、これは圧力で漏れてくるわけではなく、プラスチックのフタを伝って滲むものなので、ほとんど心配いりません。
お決まりのLHMリザーバータンク上面がオイルで湿った状態ですが、これは圧力で漏れてくるわけではなく、プラスチックのフタを伝って滲むものなので、ほとんど心配いりません。
それではここでハイドロの作動状態をご覧ください。まずは最高位の「メンテナンスモード」。あくまでメンテナンス用なので、この状態走行は出来ません。
それではここでハイドロの作動状態をご覧ください。まずは最高位の「メンテナンスモード」。あくまでメンテナンス用なので、この状態走行は出来ません。
1段下がって「悪路走行モード」と言ってもあくまで一時的な対処用なので、SUV気分を味わったら(笑)直ぐにノーマルモードに戻しましょう。
1段下がって「悪路走行モード」と言ってもあくまで一時的な対処用なので、SUV気分を味わったら(笑)直ぐにノーマルモードに戻しましょう。
更に1段下がって「ノーマルモード」。前述の通り、おそらくスフィアがコンフォート玉なので乗り心地は格別!この画像の車庫入れの際、アクセル小刻みに操作すると、車体がグワングワンします。←ハイドロ未経験の方には分かりずらいかも。ゴメンナサイ。
更に1段下がって「ノーマルモード」。前述の通り、おそらくスフィアがコンフォート玉なので乗り心地は格別!この画像の車庫入れの際、アクセル小刻みに操作すると、車体がグワングワンします。←ハイドロ未経験の方には分かりずらいかも。ゴメンナサイ。
ハイドロ最低位の「駐車モード」。毎度言いますが、この状態で何とか走れないものかと、見るたびに考えてしまいます。だってカッコいいんだも~ん。
ハイドロ最低位の「駐車モード」。毎度言いますが、この状態で何とか走れないものかと、見るたびに考えてしまいます。だってカッコいいんだも~ん。
思えばエグザンを扱ったのは何時ぶりでしょう・・・それほど近年良い個体は見かけなくなってしまいました。
思えばエグザンを扱ったのは何時ぶりでしょう・・・それほど近年良い個体は見かけなくなってしまいました。
久しぶりに、こんな程度の良いエグザンに乗ると、当時と錯覚してしまうほどの鮮明な記憶が蘇ってきて、これまでのアウトレーヴの時間の中にはしっかりとエグザンが居たんだなぁと実感させられます。
久しぶりに、こんな程度の良いエグザンに乗ると、当時と錯覚してしまうほどの鮮明な記憶が蘇ってきて、これまでのアウトレーヴの時間の中にはしっかりとエグザンが居たんだなぁと実感させられます。
その記憶は肌触りの良いモケットシートとハイドロサスのおかげでしょうか、車内で交わした会話は、まるでラウンジで語らうかのような、ゆったりとした貴重な時間のよう・・・。
その記憶は肌触りの良いモケットシートとハイドロサスのおかげでしょうか、車内で交わした会話は、まるでラウンジで語らうかのような、ゆったりとした貴重な時間のよう・・・。
そして、エグザンとともに過ごしたすべての記憶は、柔らかさに満ちたやさしいものなのです。
そして、エグザンとともに過ごしたすべての記憶は、柔らかさに満ちたやさしいものなのです。
燃費! CO2! 温暖化! EV! SDG's! 声高に叫ぶ人達はみな未来に目を向けているからだと思いますが、その未来は過去により造られていることを思い出すのも大切かと・・・。
燃費! CO2! 温暖化! EV! SDG's! 声高に叫ぶ人達はみな未来に目を向けているからだと思いますが、その未来は過去により造られていることを思い出すのも大切かと・・・。
家族とともに過ごした時間、生活してきた土地、語らった友人、感動した映画、思わず口ずさんだ音楽等々・・・そのすべてが貴方らしさを形造ってきたはず・・・。
家族とともに過ごした時間、生活してきた土地、語らった友人、感動した映画、思わず口ずさんだ音楽等々・・・そのすべてが貴方らしさを形造ってきたはず・・・。
それらを守るために、未来を語る必要がある。そう考えると、今、語るべきもののひとつに、このエグザンもあるのではないかと・・・。
それらを守るために、未来を語る必要がある。そう考えると、今、語るべきもののひとつに、このエグザンもあるのではないかと・・・。
「柔らかさに満ちたやさしいもの」・・・さぁ、次は貴方が語ってください。
「柔らかさに満ちたやさしいもの」・・・さぁ、次は貴方が語ってください。
本車両は令和3年4月に前オーナー様により、エンジン交換(タイミングベルト切れのため)を含む大規模な機関系のリフレッシュが施されたおかげで、旧年式低走行車にありがちな『なんかこう詰まってるというか、ノツノツした感じがあるんだよなぁ』とは無縁のキビキビした気持ちの良い個体!
本車両は令和3年4月に前オーナー様により、エンジン交換(タイミングベルト切れのため)を含む大規模な機関系のリフレッシュが施されたおかげで、旧年式低走行車にありがちな『なんかこう詰まってるというか、ノツノツした感じがあるんだよなぁ』とは無縁のキビキビした気持ちの良い個体!
しかも、スフィアはおそらくコンフォート玉に換装されているようで、もともと柔らかな乗り心地のノーマルよりも更に「タワ~ンタワ~ン」な極楽状態!
しかも、スフィアはおそらくコンフォート玉に換装されているようで、もともと柔らかな乗り心地のノーマルよりも更に「タワ~ンタワ~ン」な極楽状態!
エグザンブレークとしては最終の2001年式ですが、それでも20年を経過してるんですねぇ。ベルトーネとシトロエン合作によるデザインは全くもって古さを感じさせません。
エグザンブレークとしては最終の2001年式ですが、それでも20年を経過してるんですねぇ。ベルトーネとシトロエン合作によるデザインは全くもって古さを感じさせません。
むしろ、今見ても新鮮で、実用車には大切なTPOを選ばない洗練されたデザインはさすがの一言!
むしろ、今見ても新鮮で、実用車には大切なTPOを選ばない洗練されたデザインはさすがの一言!
どこをとっても奇を衒わず、破綻の無い、真面目で安心なスタイル!だけど中身はハイドロゆらゆら~!って、実はこういうのがホントは一番アバンギャルドではないかと・・・。
どこをとっても奇を衒わず、破綻の無い、真面目で安心なスタイル!だけど中身はハイドロゆらゆら~!って、実はこういうのがホントは一番アバンギャルドではないかと・・・。
既にお分かりだとは思いますが、塗装の状態はほぼベストと言えるのではないかと。色褪せやクリア剥げは皆無!コーティングが掛かっているようで、ヌメ~ッとした艶があり、かなり美しい状態!
既にお分かりだとは思いますが、塗装の状態はほぼベストと言えるのではないかと。色褪せやクリア剥げは皆無!コーティングが掛かっているようで、ヌメ~ッとした艶があり、かなり美しい状態!
一番傷みやすいルーフの塗装がこの状態ですから、推して知るべし!
一番傷みやすいルーフの塗装がこの状態ですから、推して知るべし!
外装同様、内装もこれまた極上!それではご覧くださいませ~。
外装同様、内装もこれまた極上!それではご覧くださいませ~。
この年式ですと同色バンパーやサイドモールに加え、この内装のウッドパネルも特徴の一つです。これ見よがしなものでは無く、さり気ない差し色的な使い方がいいですね。
この年式ですと同色バンパーやサイドモールに加え、この内装のウッドパネルも特徴の一つです。これ見よがしなものでは無く、さり気ない差し色的な使い方がいいですね。
そしてエグザンと言えば、このモケットシート!何の変哲もない形状、素材のはずなのに、なんでこの座り心地が実現出来るのでしょうか・・・。
そしてエグザンと言えば、このモケットシート!何の変哲もない形状、素材のはずなのに、なんでこの座り心地が実現出来るのでしょうか・・・。
運転席の右サイドサポート部にだけご覧の使用感はありますが、他はスレや破れもなく、ちゃんと「例」のシートです。
運転席の右サイドサポート部にだけご覧の使用感はありますが、他はスレや破れもなく、ちゃんと「例」のシートです。
後席はほとんど使用感は感じません。これは気持ちよくお乗りいただけると思います。
後席はほとんど使用感は感じません。これは気持ちよくお乗りいただけると思います。
いやぁ~、改めて見てみると、こんなにスッキリと機能的にまとまったデザインだったんですね。現代の車に見慣れると物足りなさすら感じますが、クルマのダッシュパネルのデザインって考えると、ある意味これが一つの正解なのかもしれません。
いやぁ~、改めて見てみると、こんなにスッキリと機能的にまとまったデザインだったんですね。現代の車に見慣れると物足りなさすら感じますが、クルマのダッシュパネルのデザインって考えると、ある意味これが一つの正解なのかもしれません。
オーディオがギラギラ、ナビがビカビカ、そんな風景に慣れてしまっていると、走行時に不要なものは、あえて視界に入らないように、フタがついてるっていう事にすら軽い気付きを覚えます。
オーディオがギラギラ、ナビがビカビカ、そんな風景に慣れてしまっていると、走行時に不要なものは、あえて視界に入らないように、フタがついてるっていう事にすら軽い気付きを覚えます。
実走行7.0万km。前述の通り令和3年4月、走行6.8万kmのリフレッシュ時に、もちろんタイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプも一新されていますので、ご安心を。
実走行7.0万km。前述の通り令和3年4月、走行6.8万kmのリフレッシュ時に、もちろんタイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプも一新されていますので、ご安心を。
オーディオはSONY製のCDデッキを装備。ソースはCD(本体)、CD(チェンジャー)、AMFMラジオのみです。
オーディオはSONY製のCDデッキを装備。ソースはCD(本体)、CD(チェンジャー)、AMFMラジオのみです。
言わずと知れたAL4ミッション。当時は変速タイミングガ~とか言われましたが、そのクセが分かってしまえば、アクセルワークだけでそこそこエンジンブレーキが使えるので、むしろ速度変化の激しい街中走行では便利ではないかと!
言わずと知れたAL4ミッション。当時は変速タイミングガ~とか言われましたが、そのクセが分かってしまえば、アクセルワークだけでそこそこエンジンブレーキが使えるので、むしろ速度変化の激しい街中走行では便利ではないかと!
そして他車とは決定的に違うところがコレ。ハイドロサスペンションにより、メンテナンスモード、悪路走行モード、通常運転モード、駐車モードと4段階の車高調整が任意で行なえます。
そして他車とは決定的に違うところがコレ。ハイドロサスペンションにより、メンテナンスモード、悪路走行モード、通常運転モード、駐車モードと4段階の車高調整が任意で行なえます。
助手席グローブBOX内にETCも、もちろん装備。
助手席グローブBOX内にETCも、もちろん装備。
そして運転席前には、Yupiteru レーザー&レーダー探知機Z100L装備。私この手のものには疎いのですが、昨今言われている移動式オービスなんかにはかなり効果的とのこと。
そして運転席前には、Yupiteru レーザー&レーダー探知機Z100L装備。私この手のものには疎いのですが、昨今言われている移動式オービスなんかにはかなり効果的とのこと。
そして今流行りのデジタルインナーミラーも装備!ルームミラー、ドライブレコーダー、バックモニターが一体になったスグレ物!画像はバック時の映像です。
そして今流行りのデジタルインナーミラーも装備!ルームミラー、ドライブレコーダー、バックモニターが一体になったスグレ物!画像はバック時の映像です。
そのカメラがコレ。残念ながらバックカメラ機能のみで、後方のドライブレコーダー機能は無いようです。
そのカメラがコレ。残念ながらバックカメラ機能のみで、後方のドライブレコーダー機能は無いようです。
Fドア内張。とても20年を経過した車両とは思えないほどの清潔さ。気になる汚れや劣化は見受けられません。
Fドア内張。とても20年を経過した車両とは思えないほどの清潔さ。気になる汚れや劣化は見受けられません。
Rドア内張。Fドアにも増して清潔な状態。
Rドア内張。Fドアにも増して清潔な状態。
天張りです。横に線が入ったように見える個所はタレの補修跡です。キレイ補修されており、ご覧の通り汚れも無いので、ほとんど気にならないと思います。
天張りです。横に線が入ったように見える個所はタレの補修跡です。キレイ補修されており、ご覧の通り汚れも無いので、ほとんど気にならないと思います。
ヘッドライト、フォグともにクリアーな状態です。驚くのは必ず曇るバンパーのメッキモールがこの輝きです。
ヘッドライト、フォグともにクリアーな状態です。驚くのは必ず曇るバンパーのメッキモールがこの輝きです。
リアレンズも問題ないですね。バンパーモールはフロントに比べると少し曇り気味でしょうか。っていうかこれが普通(苦笑)
リアレンズも問題ないですね。バンパーモールはフロントに比べると少し曇り気味でしょうか。っていうかこれが普通(苦笑)
純正アルミホイールも写真に写らないような細かなキズはどうしてもありますが、ぱっと見で分かるような目立つガリキズはありません。
純正アルミホイールも写真に写らないような細かなキズはどうしてもありますが、ぱっと見で分かるような目立つガリキズはありません。
タイヤサイズは185/65R15。現在ミシュランタイヤを装着してます。
タイヤサイズは185/65R15。現在ミシュランタイヤを装着してます。
タイヤ残溝は4本とも6.0mmありますので、当分交換の必要はありませんね。
タイヤ残溝は4本とも6.0mmありますので、当分交換の必要はありませんね。
ブレークボディの最大のメリット!ラゲッジルームはこれだけの広さがありますので、日常使いには十分かと。
ブレークボディの最大のメリット!ラゲッジルームはこれだけの広さがありますので、日常使いには十分かと。
他車の流用ですが、ゴムマットも付属しますので、汚れものも気にせず入れられますね。
他車の流用ですが、ゴムマットも付属しますので、汚れものも気にせず入れられますね。
後席の後ろに取付るラゲッジネットも付属しますので、大量の荷物を積んだ時、またはペットを乗せた時にも安心。
後席の後ろに取付るラゲッジネットも付属しますので、大量の荷物を積んだ時、またはペットを乗せた時にも安心。
水冷直列4気筒DOHC、1998cc、最高出力130ps/5500rpm、最大トルク18.7kg・m/4200rpm。数値だけ見ると貧弱にすら思えますが、そこはフランス車!実用域での力は十分過ぎるほどなので、パワー不足を感じることはありません!
水冷直列4気筒DOHC、1998cc、最高出力130ps/5500rpm、最大トルク18.7kg・m/4200rpm。数値だけ見ると貧弱にすら思えますが、そこはフランス車!実用域での力は十分過ぎるほどなので、パワー不足を感じることはありません!
お決まりのLHMリザーバータンク上面がオイルで湿った状態ですが、これは圧力で漏れてくるわけではなく、プラスチックのフタを伝って滲むものなので、ほとんど心配いりません。
お決まりのLHMリザーバータンク上面がオイルで湿った状態ですが、これは圧力で漏れてくるわけではなく、プラスチックのフタを伝って滲むものなので、ほとんど心配いりません。
それではここでハイドロの作動状態をご覧ください。まずは最高位の「メンテナンスモード」。あくまでメンテナンス用なので、この状態走行は出来ません。
それではここでハイドロの作動状態をご覧ください。まずは最高位の「メンテナンスモード」。あくまでメンテナンス用なので、この状態走行は出来ません。
1段下がって「悪路走行モード」と言ってもあくまで一時的な対処用なので、SUV気分を味わったら(笑)直ぐにノーマルモードに戻しましょう。
1段下がって「悪路走行モード」と言ってもあくまで一時的な対処用なので、SUV気分を味わったら(笑)直ぐにノーマルモードに戻しましょう。
更に1段下がって「ノーマルモード」。前述の通り、おそらくスフィアがコンフォート玉なので乗り心地は格別!この画像の車庫入れの際、アクセル小刻みに操作すると、車体がグワングワンします。←ハイドロ未経験の方には分かりずらいかも。ゴメンナサイ。
更に1段下がって「ノーマルモード」。前述の通り、おそらくスフィアがコンフォート玉なので乗り心地は格別!この画像の車庫入れの際、アクセル小刻みに操作すると、車体がグワングワンします。←ハイドロ未経験の方には分かりずらいかも。ゴメンナサイ。
ハイドロ最低位の「駐車モード」。毎度言いますが、この状態で何とか走れないものかと、見るたびに考えてしまいます。だってカッコいいんだも~ん。
ハイドロ最低位の「駐車モード」。毎度言いますが、この状態で何とか走れないものかと、見るたびに考えてしまいます。だってカッコいいんだも~ん。
思えばエグザンを扱ったのは何時ぶりでしょう・・・それほど近年良い個体は見かけなくなってしまいました。
思えばエグザンを扱ったのは何時ぶりでしょう・・・それほど近年良い個体は見かけなくなってしまいました。
久しぶりに、こんな程度の良いエグザンに乗ると、当時と錯覚してしまうほどの鮮明な記憶が蘇ってきて、これまでのアウトレーヴの時間の中にはしっかりとエグザンが居たんだなぁと実感させられます。
久しぶりに、こんな程度の良いエグザンに乗ると、当時と錯覚してしまうほどの鮮明な記憶が蘇ってきて、これまでのアウトレーヴの時間の中にはしっかりとエグザンが居たんだなぁと実感させられます。
その記憶は肌触りの良いモケットシートとハイドロサスのおかげでしょうか、車内で交わした会話は、まるでラウンジで語らうかのような、ゆったりとした貴重な時間のよう・・・。
その記憶は肌触りの良いモケットシートとハイドロサスのおかげでしょうか、車内で交わした会話は、まるでラウンジで語らうかのような、ゆったりとした貴重な時間のよう・・・。
そして、エグザンとともに過ごしたすべての記憶は、柔らかさに満ちたやさしいものなのです。
そして、エグザンとともに過ごしたすべての記憶は、柔らかさに満ちたやさしいものなのです。
燃費! CO2! 温暖化! EV! SDG's! 声高に叫ぶ人達はみな未来に目を向けているからだと思いますが、その未来は過去により造られていることを思い出すのも大切かと・・・。
燃費! CO2! 温暖化! EV! SDG's! 声高に叫ぶ人達はみな未来に目を向けているからだと思いますが、その未来は過去により造られていることを思い出すのも大切かと・・・。
家族とともに過ごした時間、生活してきた土地、語らった友人、感動した映画、思わず口ずさんだ音楽等々・・・そのすべてが貴方らしさを形造ってきたはず・・・。
家族とともに過ごした時間、生活してきた土地、語らった友人、感動した映画、思わず口ずさんだ音楽等々・・・そのすべてが貴方らしさを形造ってきたはず・・・。
それらを守るために、未来を語る必要がある。そう考えると、今、語るべきもののひとつに、このエグザンもあるのではないかと・・・。
それらを守るために、未来を語る必要がある。そう考えると、今、語るべきもののひとつに、このエグザンもあるのではないかと・・・。
「柔らかさに満ちたやさしいもの」・・・さぁ、次は貴方が語ってください。
「柔らかさに満ちたやさしいもの」・・・さぁ、次は貴方が語ってください。
pagetop