StockList

一覧ページにもどる

シトロエン BX 16TZS

夢だったBXを、夢のまま終わらせる前に・・・。

1990(平成2)年式 シトロエンBX16TZS!これが正真正銘、最終1.6Lのキャブ車!しかも左ハンドルのMT!つまりは、今買えるBXとしては現実度120%のチョ~お悩み物件(笑)なのです~!

年式 1990年7月 排気量 1600cc シフト 5MT
ブルーメンフィスM 走行 68,000km 車検 なし

Sold Out

主な装備

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1990(平成2)年式 シトロエンBX16TZS!これが正真正銘、最終1.6Lのキャブ車!しかも左ハンドルのMT!つまりは、今買えるBXとしては現実度120%のチョ~お悩み物件(笑)なのです~!

1990(平成2)年式 シトロエンBX16TZS!これが正真正銘、最終1.6Lのキャブ車!しかも左ハンドルのMT!つまりは、今買えるBXとしては現実度120%のチョ~お悩み物件(笑)なのです~!

しかも、ボディといい、内装といい、もちろんエンジン、ミッション、ハイドロも完調!久々にシャキッとした感動のBXなのです!

しかも、ボディといい、内装といい、もちろんエンジン、ミッション、ハイドロも完調!久々にシャキッとした感動のBXなのです!

「あの頃のBXって、そうそう、こんな感じだったよなぁ~、やっぱいいねぇ~BXって!」の状態!

「あの頃のBXって、そうそう、こんな感じだったよなぁ~、やっぱいいねぇ~BXって!」の状態!

って~事は、店頭に並んでいる間・・・悶々とした日々を過ごされる方がいらっしゃるのではないかと・・・(笑)

って~事は、店頭に並んでいる間・・・悶々とした日々を過ごされる方がいらっしゃるのではないかと・・・(笑)

先に言っておきます。「悩ませちゃってゴメンナサイ!」

先に言っておきます。「悩ませちゃってゴメンナサイ!」

塗装状態はご覧のとおり!色あせ、クリアはげもほとんど感じません!←BXの説明でこれを言えるとは・・・感慨深いものが・・・(笑)

塗装状態はご覧のとおり!色あせ、クリアはげもほとんど感じません!←BXの説明でこれを言えるとは・・・感慨深いものが・・・(笑)

ルーフ塗装もツヤがあって・・・うっ、感動の涙が・・・(笑)

ルーフ塗装もツヤがあって・・・うっ、感動の涙が・・・(笑)

インテリアがこれまた驚愕の程度・・・どうぞ思う存分感動に打ちひしがれてください。

インテリアがこれまた驚愕の程度・・・どうぞ思う存分感動に打ちひしがれてください。

この時点で泣くのはまだ早いです(笑)

この時点で泣くのはまだ早いです(笑)

あのシートです。あのBXのシートです。このシートのおかげで何人の方が「クルマのシート」に目覚めてしまったことか・・・罪深いシートなのです。

あのシートです。あのBXのシートです。このシートのおかげで何人の方が「クルマのシート」に目覚めてしまったことか・・・罪深いシートなのです。

お尻がうずく方・・・重症です。(笑)

お尻がうずく方・・・重症です。(笑)

治療は・・・そう、乗るしかないかと・・・。

治療は・・・そう、乗るしかないかと・・・。

はい。ここ、泣くところです!(笑)

はい。ここ、泣くところです!(笑)

クーラーも効いてます・・・号泣してください。

クーラーも効いてます・・・号泣してください。

実走行6.8万km!平成27年1月、6.4万km時にRサスベアリング左右交換、エンジンマウント3ヶ所交換、LHMリターンホース2本交換、全スフィアリチャージ、ヒーターホース上側交換、T/Mオイル交換の履歴あり。更に64,500km時にハイドロクリーン投入済なので、納車時にはLHMに交換させていただき、スッキリした状態でのお渡しになります!

実走行6.8万km!平成27年1月、6.4万km時にRサスベアリング左右交換、エンジンマウント3ヶ所交換、LHMリターンホース2本交換、全スフィアリチャージ、ヒーターホース上側交換、T/Mオイル交換の履歴あり。更に64,500km時にハイドロクリーン投入済なので、納車時にはLHMに交換させていただき、スッキリした状態でのお渡しになります!

灰皿、コインケース、オーディオカバーもちゃんと開け閉め出来るんです!←もはやアピールポイントなのが切ないですが・・・。

灰皿、コインケース、オーディオカバーもちゃんと開け閉め出来るんです!←もはやアピールポイントなのが切ないですが・・・。

そして、な、なんとダッシュパネルに割れが無い!←これはアピールポイント!

そして、な、なんとダッシュパネルに割れが無い!←これはアピールポイント!

ドアミラーの調整レバーも折れてない!←これもアピールして良いかな?!

ドアミラーの調整レバーも折れてない!←これもアピールして良いかな?!

もちろんETCも装備!左ハンドルのMT車にはもはや必需品なのです!

もちろんETCも装備!左ハンドルのMT車にはもはや必需品なのです!

室内は全体的に薄汚れは当然ありますが、目立った汚れ、損傷はありません。ここ何年かで見たBX中、トップクラスの状態かと・・・。

室内は全体的に薄汚れは当然ありますが、目立った汚れ、損傷はありません。ここ何年かで見たBX中、トップクラスの状態かと・・・。

タバコやペットの嫌な臭いはありません!BX特有のちょっと埃っぽい感じが混ざった「あのニオイ」です。

タバコやペットの嫌な臭いはありません!BX特有のちょっと埃っぽい感じが混ざった「あのニオイ」です。

天張りも気になるほどの汚れはありません。もちろんご覧の通りタレもないのです!

天張りも気になるほどの汚れはありません。もちろんご覧の通りタレもないのです!

ヘッドライトはガラス製なので、くもりは無いですが、経年での内部の劣化、汚れが若干あります。でも26年経過してる事を考えれば、これは立派!

ヘッドライトはガラス製なので、くもりは無いですが、経年での内部の劣化、汚れが若干あります。でも26年経過してる事を考えれば、これは立派!

TZSですのでTZシリーズ用の「カマイタチ」ホイールキャップです。小傷はもちろんありますが、タッチアップでほとんど目立たなくなりそうです。

TZSですのでTZシリーズ用の「カマイタチ」ホイールキャップです。小傷はもちろんありますが、タッチアップでほとんど目立たなくなりそうです。

ミシュランタイヤはまだヒゲも残っている状態です。残溝は8分山というところでしょうか。当分交換の必要はありません。

ミシュランタイヤはまだヒゲも残っている状態です。残溝は8分山というところでしょうか。当分交換の必要はありません。

BXの弱点のひとつ、Cピラーの樹脂製ウインドウが細かなクラックで白く変色してしまいますが・・・え~、何これ!新車の試乗に行った時を思い出しました。

BXの弱点のひとつ、Cピラーの樹脂製ウインドウが細かなクラックで白く変色してしまいますが・・・え~、何これ!新車の試乗に行った時を思い出しました。

華奢なハッチを開ければ、そこは広大なラゲッジスペース!このボディデザインなのに実用性も十分なのが、評価の高い所以!もちろんダンパーも生きてます!決して手で支えているわけでは御座いませんので念のため・・・(笑)

華奢なハッチを開ければ、そこは広大なラゲッジスペース!このボディデザインなのに実用性も十分なのが、評価の高い所以!もちろんダンパーも生きてます!決して手で支えているわけでは御座いませんので念のため・・・(笑)

チョコチョコと手の入った印象のエンジンルーム!こういうのが安心なんです。1.9Lのあの乾いたサウンドとトルクフルな感じも良いのですが、1.6Lを回し気味に走るのが断然フレンチ流!持てる性能を使い切れる快感があります。

チョコチョコと手の入った印象のエンジンルーム!こういうのが安心なんです。1.9Lのあの乾いたサウンドとトルクフルな感じも良いのですが、1.6Lを回し気味に走るのが断然フレンチ流!持てる性能を使い切れる快感があります。

キャブはSOLEXからWEBERへと換装されています。少しピーキーなSOLEXに比べ、安定、安心のWEBERなのです!

キャブはSOLEXからWEBERへと換装されています。少しピーキーなSOLEXに比べ、安定、安心のWEBERなのです!

各部のホースが新しいのも安心です。更にアーシングで電気系も信頼度UP!

各部のホースが新しいのも安心です。更にアーシングで電気系も信頼度UP!

ヘッドライトはHIDを装着!オリジナルは確かに少し暗いですからね。これで夜間走行も安心の視界なのです!

ヘッドライトはHIDを装着!オリジナルは確かに少し暗いですからね。これで夜間走行も安心の視界なのです!

ハイドロ最高位状態。ほとんど幽体離脱?!天国のご先祖様が呼んでる・・・みたいな。

ハイドロ最高位状態。ほとんど幽体離脱?!天国のご先祖様が呼んでる・・・みたいな。

ハイドロ中高位状態。三途の川渡らずに戻ってきました・・・みたいな。

ハイドロ中高位状態。三途の川渡らずに戻ってきました・・・みたいな。

ハイドロ通常走行状態。これからは真っ当な人生を歩みます・・・みたいな。

ハイドロ通常走行状態。これからは真っ当な人生を歩みます・・・みたいな。

ハイドロ最低位状態。でもやっぱグレました・・・みたいな(笑)

ハイドロ最低位状態。でもやっぱグレました・・・みたいな(笑)

長年のオイルにじみ跡はありますが、現在、オイル漏れ、にじみはありませんのでご安心を!

長年のオイルにじみ跡はありますが、現在、オイル漏れ、にじみはありませんのでご安心を!

おっと忘れるところでした。平成27年1月に中古マフラーですが中間とリアが交換済です。こりゃ安心!

おっと忘れるところでした。平成27年1月に中古マフラーですが中間とリアが交換済です。こりゃ安心!

この時代、BXは西武自動車物とユーノス物がありましたが、TZSは西武自動車さんのみの販売で、しかも19TZi(1.9L、インジェクション)のATモデルが主流だったため極端に個体数は少ないのです。

この時代、BXは西武自動車物とユーノス物がありましたが、TZSは西武自動車さんのみの販売で、しかも19TZi(1.9L、インジェクション)のATモデルが主流だったため極端に個体数は少ないのです。

つまりは、敢えてのキャブ車、敢えての1.6L、敢えてのMT車なのです!当時これを選択した方・・・あなたはエライ!

つまりは、敢えてのキャブ車、敢えての1.6L、敢えてのMT車なのです!当時これを選択した方・・・あなたはエライ!

奇才ガンディーニの傑作車であるBX。黄金率とも言えるこのライトの縦横比、そして直線だけで成立しているグリルデザイン・・・。

奇才ガンディーニの傑作車であるBX。黄金率とも言えるこのライトの縦横比、そして直線だけで成立しているグリルデザイン・・・。

線だけでこれほどの個性を生み出したガンディーニって・・・やっぱスゴイ!

線だけでこれほどの個性を生み出したガンディーニって・・・やっぱスゴイ!

発売当時、ショールームに並ぶBXの、美しくもアバンギャルドなそのフォルムに驚き、憧れ、そして夢みた、あの時の想い・・・。

発売当時、ショールームに並ぶBXの、美しくもアバンギャルドなそのフォルムに驚き、憧れ、そして夢みた、あの時の想い・・・。

それが80年代車の宿命でもある樹脂素材の劣化や、ハイドロ車という革新性ゆえの信頼性の低下が、26年を経過し、輝きを失いかけているのが現実・・・。

それが80年代車の宿命でもある樹脂素材の劣化や、ハイドロ車という革新性ゆえの信頼性の低下が、26年を経過し、輝きを失いかけているのが現実・・・。

熟成の最新TZにして、信頼の最終キャブ車TZSは、今、選択するBXとしてはベストモデルではないかと・・・。

熟成の最新TZにして、信頼の最終キャブ車TZSは、今、選択するBXとしてはベストモデルではないかと・・・。

夢だったBXを、夢のまま終わらせる前に・・・。

夢だったBXを、夢のまま終わらせる前に・・・。

このBXなら「夢の続き」が見られるかも・・・BX16TZS、いかがですか?

このBXなら「夢の続き」が見られるかも・・・BX16TZS、いかがですか?

一覧ページにもどる