StockList

一覧ページにもどる

シトロエン CX22 TRS

さぁ、スーツなんか脱いで、レザージャケットで出掛けてみましょう!ドライビングも楽しめるCX!いかが?

1986(昭和61)年式シトロエンCX22TRS、排気量2200cc、左ハンドル、5MT!まんま本国仕様の、これまた「悩ませちゃってゴメンね」物件(笑)なのです!

年式 1986年1月(国内初度登録平成12年) 排気量 2200cc シフト 5MT
シルバー 走行 不明 車検 なし

¥1,280,000

主な装備

委託販売車両になります。詳細はお問合せください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1986(昭和61)年式、国内初度登録は2000(平成12)年の中古並行車、シトロエンCX22TRS、排気量2200cc、左ハンドル、5MT!まんま本国仕様の、これまた「悩ませちゃってゴメンね」物件(笑)なのです!

1986(昭和61)年式、国内初度登録は2000(平成12)年の中古並行車、シトロエンCX22TRS、排気量2200cc、左ハンドル、5MT!まんま本国仕様の、これまた「悩ませちゃってゴメンね」物件(笑)なのです!

22TRSなんて聞いたことないけど・・・いえいえ本国ではむしろ主流のベーシックモデル!ってことはパワーは無いけど、軽くてキビキビ走るモデルなのです!

22TRSなんて聞いたことないけど・・・いえいえ本国ではむしろ主流のベーシックモデル!ってことはパワーは無いけど、軽くてキビキビ走るモデルなのです!

国内では多いGTiターボが1385kgに対して、この22TRSは1280kg!なんと95kgも軽量なのです!フランス車定番の、エンジン回し気味に走ると楽しいヤツですぅ~!

国内では多いGTiターボが1385kgに対して、この22TRSは1280kg!なんと95kgも軽量なのです!フランス車定番の、エンジン回し気味に走ると楽しいヤツですぅ~!

見た目には他のシリーズⅡとそれほど変わりませんが、黒バンパーやモールがモロ、ベーシックって感じ!イエローバルブがこれまた、たまりません!

見た目には他のシリーズⅡとそれほど変わりませんが、黒バンパーやモールがモロ、ベーシックって感じ!イエローバルブがこれまた、たまりません!

国内に存在するCXの多くは上級セダン然としたイメージですが、この個体を見るとCXは特別なクルマでは無く、日常車だということに気付かされます。

国内に存在するCXの多くは上級セダン然としたイメージですが、この個体を見るとCXは特別なクルマでは無く、日常車だということに気付かされます。

もちろん良く見ればキズや劣化はありますが、それらが目立たないシルバー塗装のおかげで、パッと見はとても清潔感があり、印象の良い個体です。

もちろん良く見ればキズや劣化はありますが、それらが目立たないシルバー塗装のおかげで、パッと見はとても清潔感があり、印象の良い個体です。

ボンネット、ルーフともに同色塗装されているようです。なので、クリア剥がれや色褪せも無く、ツヤのある状態です。

ボンネット、ルーフともに同色塗装されているようです。なので、クリア剥がれや色褪せも無く、ツヤのある状態です。

バンパー、サイドモール、リアスポイラーがちゃんと黒いのと、フロントからリアまで繋がるウインドウサッシがキレイなのもいいですね。

バンパー、サイドモール、リアスポイラーがちゃんと黒いのと、フロントからリアまで繋がるウインドウサッシがキレイなのもいいですね。

リアガラスは特徴的な逆R形状です。これデザインだけでは無く、リアを見たとき、映り込みが少ないとかの利点もあるのです。ちなみに現在、リアスピーカーが欠品ですが、既に調達中で入庫次第、取付ますのでご安心を。

リアガラスは特徴的な逆R形状です。これデザインだけでは無く、リアを見たとき、映り込みが少ないとかの利点もあるのです。ちなみに現在、リアスピーカーが欠品ですが、既に調達中で入庫次第、取付ますのでご安心を。

オリジナルバンパーは、おそらく無塗装の黒い樹脂のままだったはずですが、劣化で白っぽくなっちゃったんでしょうね、黒塗装でオリジナルのイメージはそのままに、コントラストが効いたパリッとした印象に!

オリジナルバンパーは、おそらく無塗装の黒い樹脂のままだったはずですが、劣化で白っぽくなっちゃったんでしょうね、黒塗装でオリジナルのイメージはそのままに、コントラストが効いたパリッとした印象に!

リアバンパーももちろんパリッ!塗装したバンパーはもちろんですが、リアレンズの赤、オレンジも映えますね。

リアバンパーももちろんパリッ!塗装したバンパーはもちろんですが、リアレンズの赤、オレンジも映えますね。

一見、清潔感のある美車ではありますが、中古車ですのでもちろん気になる点はあるわけで・・・外観では以下の2点くらいでしょうか。まずは、ロータスエスプリオーナー様にはお馴染みのドアミラーですが、右ミラーだけ、塗装がご覧の通り、経年劣化で細かなクラックが入った状態です。

一見、清潔感のある美車ではありますが、中古車ですのでもちろん気になる点はあるわけで・・・外観では以下の2点くらいでしょうか。まずは、ロータスエスプリオーナー様にはお馴染みのドアミラーですが、右ミラーだけ、塗装がご覧の通り、経年劣化で細かなクラックが入った状態です。

ボンネットの先端や、他にもいくつかタッチアップ補修跡があります。古いクルマの場合、これは致し方ないところでしょうか・・・。

ボンネットの先端や、他にもいくつかタッチアップ補修跡があります。古いクルマの場合、これは致し方ないところでしょうか・・・。

はい、それではインテリアへいってみましょ~!決して宇宙船とか、空飛ぶ何かとかではありません!クルマのインテリアですので念のため・・・。

はい、それではインテリアへいってみましょ~!決して宇宙船とか、空飛ぶ何かとかではありません!クルマのインテリアですので念のため・・・。

・・・って言ってるそばから、やっぱ宇宙船CX号だぁ~!ミサイルの2~3発くらいは打てるはず!ワープだっておそらく・・・(笑)

・・・って言ってるそばから、やっぱ宇宙船CX号だぁ~!ミサイルの2~3発くらいは打てるはず!ワープだっておそらく・・・(笑)

もう、お解かりですね!そうです、あのシートです・・・えっ?どのシートって?ご存じ無い方のために・・・決してフワフワッというわけではないのですが、その形状からも解かる通り、体がスッポリとハマって包んでくれる、まるでカプセルのような独特のシートなのです!

もう、お解かりですね!そうです、あのシートです・・・えっ?どのシートって?ご存じ無い方のために・・・決してフワフワッというわけではないのですが、その形状からも解かる通り、体がスッポリとハマって包んでくれる、まるでカプセルのような独特のシートなのです!

イメージしてみてください。ジグソーパズルがピタッとはまる様に、あなたのお尻がシートにピタッとはまる感じ・・・まさにそれ!

イメージしてみてください。ジグソーパズルがピタッとはまる様に、あなたのお尻がシートにピタッとはまる感じ・・・まさにそれ!

布が主体のインテリアなので、どうしても全体的に薄汚れがありますが、ご覧の通り、シート、内張りに目立つ損傷、破れはありません!

布が主体のインテリアなので、どうしても全体的に薄汚れがありますが、ご覧の通り、シート、内張りに目立つ損傷、破れはありません!

それから、CXはやはり上級モデルという事を物語る装備が・・・リアウインドウ上部にリアシート用のサンバイザーが!

それから、CXはやはり上級モデルという事を物語る装備が・・・リアウインドウ上部にリアシート用のサンバイザーが!

運転席と言うより、まさに「コックピット!」今見ても洗練された印象を感じさせるデザインは素晴らしいですね。

運転席と言うより、まさに「コックピット!」今見ても洗練された印象を感じさせるデザインは素晴らしいですね。

こうやって見ると、むしろ丸いハンドルに違和感を感じます。操縦桿の方がしっくりくるかと・・・。

こうやって見ると、むしろ丸いハンドルに違和感を感じます。操縦桿の方がしっくりくるかと・・・。

現在、走行距離メーターはご覧の距離です。車両の状態からみて実走行だと思いますが、中古並行車のため過去の履歴がすべて解っているわけではありませんので、走行不明とさせていただきました。

現在、走行距離メーターはご覧の距離です。車両の状態からみて実走行だと思いますが、中古並行車のため過去の履歴がすべて解っているわけではありませんので、走行不明とさせていただきました。

見慣れないと「何これ?」ですが、見た目と違い、操作感は見事なくらいに自然です。シーソー式のウインカーにライト類のスイッチが集約され、機能的な上に・・・。

見慣れないと「何これ?」ですが、見た目と違い、操作感は見事なくらいに自然です。シーソー式のウインカーにライト類のスイッチが集約され、機能的な上に・・・。

メーター周りのデザインの一部にもなっているんですから、一般的なレバー式のものより、確実に優秀!と言えるのではないかと・・・。

メーター周りのデザインの一部にもなっているんですから、一般的なレバー式のものより、確実に優秀!と言えるのではないかと・・・。

CXの持病とも言える、水温計の液晶トビは、新たに水温計を設置することで解決!また、これもCXでは必ず破損してしまう、その下の3つ並んだ小物入れのフタは、やはり割れているので両面テープで固定されています。

CXの持病とも言える、水温計の液晶トビは、新たに水温計を設置することで解決!また、これもCXでは必ず破損してしまう、その下の3つ並んだ小物入れのフタは、やはり割れているので両面テープで固定されています。

旧車では気になるエアコンですが、ガスが抜け気味で、冷えも弱いのですが、機能としては正常のようです。ただ、ガスが漏れているのは事実なので、今後も定期的な補充は必要な状態です。根本的な解決には別途修理が必要です。

旧車では気になるエアコンですが、ガスが抜け気味で、冷えも弱いのですが、機能としては正常のようです。ただ、ガスが漏れているのは事実なので、今後も定期的な補充は必要な状態です。根本的な解決には別途修理が必要です。

ETC本体は灰皿内に設置されています。フタを閉めればスッキリなので、これはグッドアイデア!更に、この禁煙仕様のおかげでしょうか、室内に嫌なタバコ臭はありません!

ETC本体は灰皿内に設置されています。フタを閉めればスッキリなので、これはグッドアイデア!更に、この禁煙仕様のおかげでしょうか、室内に嫌なタバコ臭はありません!

はい、正真正銘、5MTです。シフトフィールはフランス車によくある、ゆる~い感じで、ポジションが少し解かりづらいですが、入るときにはスコンッと入るあの感じ!

はい、正真正銘、5MTです。シフトフィールはフランス車によくある、ゆる~い感じで、ポジションが少し解かりづらいですが、入るときにはスコンッと入るあの感じ!

オーディオはカロッツェリアMVH-5300を装備。USB入力、Bluetoothを搭載しているので、スマホとの連携も、とっても便利!

オーディオはカロッツェリアMVH-5300を装備。USB入力、Bluetoothを搭載しているので、スマホとの連携も、とっても便利!

フロントドア内張りです。布張りなので、どうしても経年での薄汚れがありますが、お引渡し時には、もちろん頑張ってクリーニングしますので、もう少しキレイになると思います。

フロントドア内張りです。布張りなので、どうしても経年での薄汚れがありますが、お引渡し時には、もちろん頑張ってクリーニングしますので、もう少しキレイになると思います。

リアドア内張りです。リアは使用頻度が少なかったんでしょうね。ご覧の通りの清潔な印象です。

リアドア内張りです。リアは使用頻度が少なかったんでしょうね。ご覧の通りの清潔な印象です。

天張りも目立つ汚れ、タレも無く、清潔な印象です。タバコやペット、キツイ芳香剤の嫌な臭いもありません!オールドシトロエン独特の臭いだけです。

天張りも目立つ汚れ、タレも無く、清潔な印象です。タバコやペット、キツイ芳香剤の嫌な臭いもありません!オールドシトロエン独特の臭いだけです。

ヘッドライト、ウインカーレンズともにクリアー!反射板の劣化も見受けられません。最近厳格な車検の光量検査もこれなら問題無さそうです。

ヘッドライト、ウインカーレンズともにクリアー!反射板の劣化も見受けられません。最近厳格な車検の光量検査もこれなら問題無さそうです。

リアレンズも全くもって問題無し!割れ、色褪せもありません!バンパーモールもキレイなのがお判りいただけるかと・・・。

リアレンズも全くもって問題無し!割れ、色褪せもありません!バンパーモールもキレイなのがお判りいただけるかと・・・。

現在、タイヤはご覧のスタッドレスタイヤ(ブリジストンのBLIZZAK、185/70R14)を装着しています。これからの季節には丁度ですね。残山も6分山というところですので当分交換の必要はなさそうです。別途費用にはなりますが、サマータイヤご希望の場合はお気軽にお申し付けくださいませ。

現在、タイヤはご覧のスタッドレスタイヤ(ブリジストンのBLIZZAK、185/70R14)を装着しています。これからの季節には丁度ですね。残山も6分山というところですので当分交換の必要はなさそうです。別途費用にはなりますが、サマータイヤご希望の場合はお気軽にお申し付けくださいませ。

リアハッチはこんなふうに「ガバッ」と開くので、荷物の出し入れもしやすく便利!ご覧のトランクいっぱいの部品も付属します。中身は・・・

リアハッチはこんなふうに「ガバッ」と開くので、荷物の出し入れもしやすく便利!ご覧のトランクいっぱいの部品も付属します。中身は・・・

ヘッドライトセット、フロントウインカーレンズセット、右リアレンズ、各種Vベルト、ボールジョイント、元々付いていたのっぺりしたホイールカバー3ヶ、デザインの違うホイールカバー4ヶ、他にホース、ブッシュ、パッキン等。

ヘッドライトセット、フロントウインカーレンズセット、右リアレンズ、各種Vベルト、ボールジョイント、元々付いていたのっぺりしたホイールカバー3ヶ、デザインの違うホイールカバー4ヶ、他にホース、ブッシュ、パッキン等。

ご覧の通り、かなり容量のあるトランクです。後席とは繋がっていないのですが、それでもこれだけの広さがあれば十分ですね。

ご覧の通り、かなり容量のあるトランクです。後席とは繋がっていないのですが、それでもこれだけの広さがあれば十分ですね。

SOHC4気筒2200ccのエンジンは115PS/5600rpm、17.8kgm/3250 rpmを発生。気になるタイミングベルトは交換歴不明なので、出来れば今回の車検整備での交換がおススメ!

SOHC4気筒2200ccのエンジンは115PS/5600rpm、17.8kgm/3250 rpmを発生。気になるタイミングベルトは交換歴不明なので、出来れば今回の車検整備での交換がおススメ!

ハイポンプ、セルフセンタリング機構付きのステアリングラック周りにオイルにじみは無く、乾いた状態です。これはひと安心!・・・ただ、過去にレストア歴のある、いわゆる「仕上がった個体」ではありませんので、今後もメンテナンスは必要だと思います。

ハイポンプ、セルフセンタリング機構付きのステアリングラック周りにオイルにじみは無く、乾いた状態です。これはひと安心!・・・ただ、過去にレストア歴のある、いわゆる「仕上がった個体」ではありませんので、今後もメンテナンスは必要だと思います。

弊社入庫時、肝心の乗り心地が少し固かったので、全スフィア、アキューム交換しました!なので、現在・・・「たわ~ん、たわ~ん」なCX本来の乗り心地!

弊社入庫時、肝心の乗り心地が少し固かったので、全スフィア、アキューム交換しました!なので、現在・・・「たわ~ん、たわ~ん」なCX本来の乗り心地!

ボンネット裏はオイルのハネも無く、ご覧のようなキレイな状態!これまでのエンジンの状態が推測いただけるかと・・・。

ボンネット裏はオイルのハネも無く、ご覧のようなキレイな状態!これまでのエンジンの状態が推測いただけるかと・・・。

エンジン下面です。過去にエンジンオイルでしょうか、滲んで出来たような汚れが見受けられますが、現在、LHM、エンジンオイルともに漏れはありませんので、ご安心を!

エンジン下面です。過去にエンジンオイルでしょうか、滲んで出来たような汚れが見受けられますが、現在、LHM、エンジンオイルともに漏れはありませんので、ご安心を!

リア下面です。酷いサビも無く、状態は良いのではないかと思います。

リア下面です。酷いサビも無く、状態は良いのではないかと思います。

ハイドロ最高位状態。さすが宇宙船CX号!間もなく離陸?!(笑)

ハイドロ最高位状態。さすが宇宙船CX号!間もなく離陸?!(笑)

ハイドロ悪路走行状態。離陸じゃなくて、着陸でした(笑)

ハイドロ悪路走行状態。離陸じゃなくて、着陸でした(笑)

ハイドロ通常走行状態。もうお判りですね。そう、地球走行はコレ!(笑)

ハイドロ通常走行状態。もうお判りですね。そう、地球走行はコレ!(笑)

ハイドロ最低位状態。そしてタイヤを格納して水平飛行モード???

ハイドロ最低位状態。そしてタイヤを格納して水平飛行モード???

そのボディスタイルから、ラグジュアリーで大柄な印象のCXですが、実際のボディサイズは全長4600mm。現行BMW3シリーズが4645mmですから、決して大きなクルマと言うわけではないのです。

そのボディスタイルから、ラグジュアリーで大柄な印象のCXですが、実際のボディサイズは全長4600mm。現行BMW3シリーズが4645mmですから、決して大きなクルマと言うわけではないのです。

ハイドロニューマチックの乗り心地に、決してパワフルと言うわけではないですが、回しきれる小排気量エンジン、そしてセルフセンタリングの左ハンドルとMTで操るCXは・・・。

ハイドロニューマチックの乗り心地に、決してパワフルと言うわけではないですが、回しきれる小排気量エンジン、そしてセルフセンタリングの左ハンドルとMTで操るCXは・・・。

正規モデルでは味わえない、まさにフランス車の「ツボ」を押さえたドライビングプレジャー溢れる、目からウロコのCXなのです!

正規モデルでは味わえない、まさにフランス車の「ツボ」を押さえたドライビングプレジャー溢れる、目からウロコのCXなのです!

なぜこれを正規導入しなかったんでしょうかねぇ~。「CX=乗り心地の良いラグジュアリー車」路線の戦略は成功したみたいですが、「CX=運転の楽しい日常車」路線は消されてしまったんですね。

なぜこれを正規導入しなかったんでしょうかねぇ~。「CX=乗り心地の良いラグジュアリー車」路線の戦略は成功したみたいですが、「CX=運転の楽しい日常車」路線は消されてしまったんですね。

クルマへの要求は、使うシーンや、条件により、もちろん人それぞれですが、それをクルマから「与えられる」だけの関係ではモッタイナイと思うのです。

クルマへの要求は、使うシーンや、条件により、もちろん人それぞれですが、それをクルマから「与えられる」だけの関係ではモッタイナイと思うのです。

長距離ドライブには楽だし、パーティーに乗り付けるにも打ってつけだし、腰痛持ちの方にはそれこそおススメのCXなのですが・・・。

長距離ドライブには楽だし、パーティーに乗り付けるにも打ってつけだし、腰痛持ちの方にはそれこそおススメのCXなのですが・・・。

ギアを一段落として、アクセルを踏み込んでみると、リアを一瞬沈ませながらフワッとした挙動とともに勢いよく加速するCXを体感すると・・・。

ギアを一段落として、アクセルを踏み込んでみると、リアを一瞬沈ませながらフワッとした挙動とともに勢いよく加速するCXを体感すると・・・。

ラグジュアリーという厚いベールに包まれ、今まで見えなかったCXの新たな魅力が垣間見れるのです・・・。

ラグジュアリーという厚いベールに包まれ、今まで見えなかったCXの新たな魅力が垣間見れるのです・・・。

さぁ、スーツなんか脱いで、レザージャケットで出掛けてみましょう!ドライビングも楽しめるCX!いかが?

さぁ、スーツなんか脱いで、レザージャケットで出掛けてみましょう!ドライビングも楽しめるCX!いかが?

一覧ページにもどる