StockList

一覧ページにもどる

トヨタ カムリ 2.0GT

そう、それは、日本の父から、日本の息子へと受け継がれる物語ではないかと・・・「ザ・ジャパン・セダン!」いかがですか?

1988(昭和63)年4月登録、トヨタ カムリ 2.0GT TWIN CAM 16バルブ!当時、世界戦略を目指すトヨタが造った渾身の1台!これは日本が誇る「ザ・ジャパン・セダン!」と言って良いのではないかと!

年式 1988(昭和63)年4月 排気量 2000cc シフト AT
グレーメタリック 走行 118,000km 車検 なし

¥880,000

主な装備

委託販売車両となります。詳細はお問い合わせください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1988(昭和63)年4月登録、トヨタ カムリ 2.0GT TWIN CAM 16バルブ!当時、世界戦略を目指すトヨタが造った渾身の1台!これは日本が誇る「ザ・ジャパン・セダン!」と言って良いのではないかと!

1988(昭和63)年4月登録、トヨタ カムリ 2.0GT TWIN CAM 16バルブ!当時、世界戦略を目指すトヨタが造った渾身の1台!これは日本が誇る「ザ・ジャパン・セダン!」と言って良いのではないかと!

2代目までの角張ったデザインから大きくモデルチェンジし、現在のカムリの地位を築いたと言っても過言ではない3代目!何でも食わず嫌いはいけませんね、アウトレーヴには珍しい国産車(しかもトヨタ車!)ですが・・・こんなに良いクルマだったなんて~!

2代目までの角張ったデザインから大きくモデルチェンジし、現在のカムリの地位を築いたと言っても過言ではない3代目!何でも食わず嫌いはいけませんね、アウトレーヴには珍しい国産車(しかもトヨタ車!)ですが・・・こんなに良いクルマだったなんて~!

ボディデザインは、機能を追求した結果なのでしょう、至極オーソドックスで、決して個性的とは言えないけど、細部の細部まで丁寧に造り込んだ、とても「真面目」なクルマではないかと・・・。

ボディデザインは、機能を追求した結果なのでしょう、至極オーソドックスで、決して個性的とは言えないけど、細部の細部まで丁寧に造り込んだ、とても「真面目」なクルマではないかと・・・。

それって、考えてみれば、まさに日本人そのもの・・・いわば日本人だから造れる、いや日本人にしか造れない「ザ・ジャパン・セダン!」ではないかと!

それって、考えてみれば、まさに日本人そのもの・・・いわば日本人だから造れる、いや日本人にしか造れない「ザ・ジャパン・セダン!」ではないかと!

そうは言ってもアウトレーヴで扱う訳ですから、他にも理由が・・・もうお気付きかと思いますが、この個体、既に32年を経ているにも関わらず、とんでもない美車!当時の味わいが堪能出来る、驚愕の程度なのです!

そうは言ってもアウトレーヴで扱う訳ですから、他にも理由が・・・もうお気付きかと思いますが、この個体、既に32年を経ているにも関わらず、とんでもない美車!当時の味わいが堪能出来る、驚愕の程度なのです!

塗装は同色にて全塗装済で、ご覧の通りのピッカピカのツヤッツヤ!決して昔の画像を使っているわけではありませんので念のため。

塗装は同色にて全塗装済で、ご覧の通りのピッカピカのツヤッツヤ!決して昔の画像を使っているわけではありませんので念のため。

アウトレーヴ至上、最も写り込み度が高い?!ルーフと言っても過言ではないかと・・・色褪せ、クリア剥がれ等の劣化は皆無!素晴らしい状態です。

アウトレーヴ至上、最も写り込み度が高い?!ルーフと言っても過言ではないかと・・・色褪せ、クリア剥がれ等の劣化は皆無!素晴らしい状態です。

ボディーカラーはグレーメタリック(167番)。オーソドックス中のオーソドックスなカラーなのですが、こんなにグレーメタリックが似合うクルマも無いのではないかと・・・。

ボディーカラーはグレーメタリック(167番)。オーソドックス中のオーソドックスなカラーなのですが、こんなにグレーメタリックが似合うクルマも無いのではないかと・・・。

そう思えるのも、このボディスタイル、コンセプト、クルマの性格と、すべてのバランスがピッタリだからなんでしょうね。

そう思えるのも、このボディスタイル、コンセプト、クルマの性格と、すべてのバランスがピッタリだからなんでしょうね。

塗装が良い状態な上に、手入れが行き届いているからこその、このツヤ!目立つキズどころか、私の眼ではキズらしいキズは見つけられませんでした~。

塗装が良い状態な上に、手入れが行き届いているからこその、このツヤ!目立つキズどころか、私の眼ではキズらしいキズは見つけられませんでした~。

ちなみに、ワンオーナー車なので、ナンバーは奈良の2桁ナンバーです。奈良県にお住まいの方限定ですが、この2桁ナンバーを引き継ぐことも可能です。

ちなみに、ワンオーナー車なので、ナンバーは奈良の2桁ナンバーです。奈良県にお住まいの方限定ですが、この2桁ナンバーを引き継ぐことも可能です。

画像でこの輝きがうまくお伝え出来ているかどうか・・・言う事なしの状態!

画像でこの輝きがうまくお伝え出来ているかどうか・・・言う事なしの状態!

運転席のドアハンドルです。ここはちょっとしたすり傷が付いて当然のところですが・・・どうやってお使いになっていたんでしょうねぇ、逆に悩みます(笑)

運転席のドアハンドルです。ここはちょっとしたすり傷が付いて当然のところですが・・・どうやってお使いになっていたんでしょうねぇ、逆に悩みます(笑)

オプション品?のマッドガードがアクセントになっていますね。薄くなって当然のトヨタのロゴも、こんなにハッキリ、クッキリ!

オプション品?のマッドガードがアクセントになっていますね。薄くなって当然のトヨタのロゴも、こんなにハッキリ、クッキリ!

これだけ素晴らしい状態ですが、唯一外観で気になるのがコレ。右リアのサイドモールが劣化で変形しています。ここまでキレイにされる方が見逃すわけは無いので、つまりはこれ、欠品ということなんでしょうね。

これだけ素晴らしい状態ですが、唯一外観で気になるのがコレ。右リアのサイドモールが劣化で変形しています。ここまでキレイにされる方が見逃すわけは無いので、つまりはこれ、欠品ということなんでしょうね。

それでは、これまた驚愕の程度のインテリアへ・・・と、その前に、ん?グレーMの塗装に、この青トリム(FH81)の設定は無かったはず・・・それに気付いた貴方は、カムリ博士!はたまたトヨタのカムリ開発関係の方?!

それでは、これまた驚愕の程度のインテリアへ・・・と、その前に、ん?グレーMの塗装に、この青トリム(FH81)の設定は無かったはず・・・それに気付いた貴方は、カムリ博士!はたまたトヨタのカムリ開発関係の方?!

そうなんです!以下、オーナー(息子)様からのご説明です。「当時、父が色んなトヨタ車を調べ、車内の広さがいいという理由で、この車に決めたのですが、外装色(167番グレーM)では、モケットのワインレッドかベージュのトリム色しか選べませんでした。」・・・。

そうなんです!以下、オーナー(息子)様からのご説明です。「当時、父が色んなトヨタ車を調べ、車内の広さがいいという理由で、この車に決めたのですが、外装色(167番グレーM)では、モケットのワインレッドかベージュのトリム色しか選べませんでした。」・・・。

「父はカラーデザインを生業としておりましたので、その色設定では納得できず、当時のトヨペットサービスセンター(現:株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)の開発部の知人を介して・・・」

「父はカラーデザインを生業としておりましたので、その色設定では納得できず、当時のトヨペットサービスセンター(現:株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)の開発部の知人を介して・・・」

「製造ラインに『特設』を依頼し、内装紺色/外装グレーMのカムリをオーダーしました。なので、メーカーラインオフしたこの色の組合わせのカムリは、国内でこの1台だと思います。」・・・とのこと。希少どころか、コレ1台って・・・スゴ過ぎ~!

「製造ラインに『特設』を依頼し、内装紺色/外装グレーMのカムリをオーダーしました。なので、メーカーラインオフしたこの色の組合わせのカムリは、国内でこの1台だと思います。」・・・とのこと。希少どころか、コレ1台って・・・スゴ過ぎ~!

・・・と、ちょっと興奮してしまいましたが、このカムリ、かなりの美車ではありますが、さすがに、運転席サイドのパイプラインに擦れ破れがあります。むしろコレだけで済んでいるのがスゴイですけどね。

・・・と、ちょっと興奮してしまいましたが、このカムリ、かなりの美車ではありますが、さすがに、運転席サイドのパイプラインに擦れ破れがあります。むしろコレだけで済んでいるのがスゴイですけどね。

シート座面前と後にそれぞれ高さ調整ダイヤルが・・・こういう細やかな装備は、日本車ならではの「お・も・て・な・し」(苦笑)

シート座面前と後にそれぞれ高さ調整ダイヤルが・・・こういう細やかな装備は、日本車ならではの「お・も・て・な・し」(苦笑)

リアシートは美しい!清潔!としか言いようのない状態。座り心地も・・・この頃のトヨタって、良かったんですね~、フランス車に慣れた私でも、これは文句なく快適!

リアシートは美しい!清潔!としか言いようのない状態。座り心地も・・・この頃のトヨタって、良かったんですね~、フランス車に慣れた私でも、これは文句なく快適!

シートのテキスタイル柄とか、穴あきヘッドレストとか、まんまヨーロッパスタンダードな造り!トヨタのクルマ造りが大きく変わった時期かもしれませんね、これを見るとそう感じます。

シートのテキスタイル柄とか、穴あきヘッドレストとか、まんまヨーロッパスタンダードな造り!トヨタのクルマ造りが大きく変わった時期かもしれませんね、これを見るとそう感じます。

デザインは堅実というか、真面目というか、外観同様、破たんの無いシンプルな造形を、丁寧に造り込んでいる印象です。結果、クルマの性格に合った、とても落ち着いた雰囲気になっていると思います。

デザインは堅実というか、真面目というか、外観同様、破たんの無いシンプルな造形を、丁寧に造り込んでいる印象です。結果、クルマの性格に合った、とても落ち着いた雰囲気になっていると思います。

シフトノブ、空調吹き出し口の羽根、ドアハンドル、ハンドルの色まで統一され、「色」にこだわった結果の、このまとまり感!

シフトノブ、空調吹き出し口の羽根、ドアハンドル、ハンドルの色まで統一され、「色」にこだわった結果の、このまとまり感!

実走行11.8万km。ここで気になる過去の整備状況を少し・・・再び、以下、オーナー様より。「2015年10月に同色全塗装。モール類が入手不可だったために、マスキングにて対応してもらいました。」「内装はステレオとフロントスピーカー交換したくらいで完全オリジナルです。」・・・。

実走行11.8万km。ここで気になる過去の整備状況を少し・・・再び、以下、オーナー様より。「2015年10月に同色全塗装。モール類が入手不可だったために、マスキングにて対応してもらいました。」「内装はステレオとフロントスピーカー交換したくらいで完全オリジナルです。」・・・。

「エンジン/AT/ステアリングラック等はOHしていません。ACコンプレッサーは交換済(交換後3年ほど経過)。コンプレッサー交換に伴い、エキスパンションバルブ・リキッドタンクなどは交換、エバポレータはその際清掃しました。それから、もちろん134ガス仕様にレトロフィットしてあります。」・・・。

「エンジン/AT/ステアリングラック等はOHしていません。ACコンプレッサーは交換済(交換後3年ほど経過)。コンプレッサー交換に伴い、エキスパンションバルブ・リキッドタンクなどは交換、エバポレータはその際清掃しました。それから、もちろん134ガス仕様にレトロフィットしてあります。」・・・。

「前々回の車検の際に、ブレーキOH、前ローター交換済み。AUTOエアコンの温度調節SW(スライド式)が、接触不良でしたので、姉妹車のVISTAの同じ形状のSWをニコイチしてOHして直しました。また、ラジエター・サーモスタットともに交換済です。」との事。

「前々回の車検の際に、ブレーキOH、前ローター交換済み。AUTOエアコンの温度調節SW(スライド式)が、接触不良でしたので、姉妹車のVISTAの同じ形状のSWをニコイチしてOHして直しました。また、ラジエター・サーモスタットともに交換済です。」との事。

更に、オーナー様からの不具合情報もお伝えします。・・・「1)TEMSショックアブソーバが抜け気味です。2)ATレバーの付根のカバーが割れました。3)トランクルームが全塗装後のテールランプ組付け不具合にて水が浸入し、スペアタイヤ上の合板やカーペットがヨレヨレになっています。」・・・。

更に、オーナー様からの不具合情報もお伝えします。・・・「1)TEMSショックアブソーバが抜け気味です。2)ATレバーの付根のカバーが割れました。3)トランクルームが全塗装後のテールランプ組付け不具合にて水が浸入し、スペアタイヤ上の合板やカーペットがヨレヨレになっています。」・・・。

「4)PSポンプ辺りから、ちょっとオイル漏れているようです。5)エンジンオイル下がりあり(3S-GEの持病です)。」との事だそうですが、むしろそれだけ?!

「4)PSポンプ辺りから、ちょっとオイル漏れているようです。5)エンジンオイル下がりあり(3S-GEの持病です)。」との事だそうですが、むしろそれだけ?!

確かに、付け根のカバーが割れているせいか、シフトレバーが少しグラついていますが、操作に支障はありません。

確かに、付け根のカバーが割れているせいか、シフトレバーが少しグラついていますが、操作に支障はありません。

これが、その割れてしまったシフトレバーの付け根のカバー・・・古いフランス車ばかり見ているからでしょうか、私、全く気になりません(苦笑)

これが、その割れてしまったシフトレバーの付け根のカバー・・・古いフランス車ばかり見ているからでしょうか、私、全く気になりません(苦笑)

こういう、見落としがちな部分も、これだけ清潔な状態・・・個人的には、少しくらいの使用感があった方が落ち着きます(笑)

こういう、見落としがちな部分も、これだけ清潔な状態・・・個人的には、少しくらいの使用感があった方が落ち着きます(笑)

オーナー様は「ショックが抜け気味」と言ってましたが、これちゃんと機能してます。って言うか、NOMALモードのフワフワ感は、ある意味フランス車以上かと!アメリカで売れるわけだぁ~!

オーナー様は「ショックが抜け気味」と言ってましたが、これちゃんと機能してます。って言うか、NOMALモードのフワフワ感は、ある意味フランス車以上かと!アメリカで売れるわけだぁ~!

あ~、落ち着かない・・・(笑)

あ~、落ち着かない・・・(笑)

もちろんETCも装備。この時代のインテリアの雰囲気を壊さないように、グローブボックス内に目立たないよう設置。

もちろんETCも装備。この時代のインテリアの雰囲気を壊さないように、グローブボックス内に目立たないよう設置。

このクルマ、不思議な事が多々あります。これもそのひとつ・・・なんでドアのステッカーが残っているの~!

このクルマ、不思議な事が多々あります。これもそのひとつ・・・なんでドアのステッカーが残っているの~!

なんで、スイッチに使った感じが無いの~!

なんで、スイッチに使った感じが無いの~!

なんで・・・何かもう、コレが当然な感じなので、キレイとか、清潔とか、あえて言うのやめます(苦笑)

なんで・・・何かもう、コレが当然な感じなので、キレイとか、清潔とか、あえて言うのやめます(苦笑)

うわぁ~、白い天張りなのに、なんでこんなキレ・・・うっ・・・(笑)

うわぁ~、白い天張りなのに、なんでこんなキレ・・・うっ・・・(笑)

ヘッドライト、ウインカーのレンズもこの通り!旧車でよくある反射板の劣化もほぼ皆無!

ヘッドライト、ウインカーのレンズもこの通り!旧車でよくある反射板の劣化もほぼ皆無!

リアレンズは、オリジナルなのにカスタムっぽさが漂うオレンジ部の白いピンストライプも、ご覧の通りクッキリと残ってます!

リアレンズは、オリジナルなのにカスタムっぽさが漂うオレンジ部の白いピンストライプも、ご覧の通りクッキリと残ってます!

純正アルミホイールもセダンにピッタリの落ち着いたデザイン!ただ、ホイールはリペアされていないようで、一部塗装ハゲや、小キズがあります。

純正アルミホイールもセダンにピッタリの落ち着いたデザイン!ただ、ホイールはリペアされていないようで、一部塗装ハゲや、小キズがあります。

一番キズが目立つホイールがコレでしょうか。全体的にキズはありますが、良くある酷いガリキズはありませんので、塗装すれば、かなりキレイになりそうです。

一番キズが目立つホイールがコレでしょうか。全体的にキズはありますが、良くある酷いガリキズはありませんので、塗装すれば、かなりキレイになりそうです。

タイヤサイズは195/60R15、タイヤ残山もご覧の通りタップリ!8~9分山というところでしょうか、当分は交換の必要はないですね。

タイヤサイズは195/60R15、タイヤ残山もご覧の通りタップリ!8~9分山というところでしょうか、当分は交換の必要はないですね。

トランクもまさに正しいセダン!ですね。スクエアなボディなので、トランク容量もタップリ!日常使用では十分な広さです。

トランクもまさに正しいセダン!ですね。スクエアなボディなので、トランク容量もタップリ!日常使用では十分な広さです。

正しいセダンらしく、トランクリッドはバンパー上から開くので、荷物の積み下ろしも楽々!いろいろ正しい~!

正しいセダンらしく、トランクリッドはバンパー上から開くので、荷物の積み下ろしも楽々!いろいろ正しい~!

ご覧のボディカバー、動作は不明ですが、交換した純正オーディオ、スピーカー他、付属します。オーディオのメカメカ感がいいですねぇ~、80年代を彷彿とさせるデザイン!飾っておくのもいいかも!

ご覧のボディカバー、動作は不明ですが、交換した純正オーディオ、スピーカー他、付属します。オーディオのメカメカ感がいいですねぇ~、80年代を彷彿とさせるデザイン!飾っておくのもいいかも!

トヨタのそれまでの2S-E型エンジンを基に、ヤマハ発動機によるシリンダーヘッドを装着し、よりスポーティーになった3S-GE型エンジン!水冷直列4気筒DOHC16バルブ、最高出力140ps/6200rpm、最大トルク17.5kg・m/4800rpmを発生!車両重量1250kgですから、十分なパワーなのです!

トヨタのそれまでの2S-E型エンジンを基に、ヤマハ発動機によるシリンダーヘッドを装着し、よりスポーティーになった3S-GE型エンジン!水冷直列4気筒DOHC16バルブ、最高出力140ps/6200rpm、最大トルク17.5kg・m/4800rpmを発生!車両重量1250kgですから、十分なパワーなのです!

コロナ、カルディナ、イプサム、ナディア、ガイア、ビスタ、コロナミレミオ、RA4、ライトエース、カレン、セリカ、と幅広く搭載され、当時のトヨタを支えた大黒柱的なエンジン!これをベースにして造られたターボ仕様の3S-GTE型エンジンは、あのセリカGT-FOURにも搭載された名器!

コロナ、カルディナ、イプサム、ナディア、ガイア、ビスタ、コロナミレミオ、RA4、ライトエース、カレン、セリカ、と幅広く搭載され、当時のトヨタを支えた大黒柱的なエンジン!これをベースにして造られたターボ仕様の3S-GTE型エンジンは、あのセリカGT-FOURにも搭載された名器!

エンジン下面です。旧車に有りがちなオイル漏れ、滲みは皆無!乾いてるって安心~!←旧車あるある(苦笑)

エンジン下面です。旧車に有りがちなオイル漏れ、滲みは皆無!乾いてるって安心~!←旧車あるある(苦笑)

リア下面です。酷いサビ、損傷、修復歴も無いのがお判りいただけるかと・・・これは安心!

リア下面です。酷いサビ、損傷、修復歴も無いのがお判りいただけるかと・・・これは安心!

当時の書類入れ、取説、各種ハンドブック、記録簿等、これだけあります。特に取説はうれしいですね、古いアルバムを見る様で、ついつい見入ってしまうのです!

当時の書類入れ、取説、各種ハンドブック、記録簿等、これだけあります。特に取説はうれしいですね、古いアルバムを見る様で、ついつい見入ってしまうのです!

それから、忘れちゃいけない大事なものが!ボディサイドの「2.0 TWIN CAM 16」ステッカーも予備を含め3枚ちゃんとあります。オリジナルとは関係ない小さいヤツも何故かあります。

それから、忘れちゃいけない大事なものが!ボディサイドの「2.0 TWIN CAM 16」ステッカーも予備を含め3枚ちゃんとあります。オリジナルとは関係ない小さいヤツも何故かあります。

今まで、あまり眼中になかった(失礼!)クルマではありますが、改めてこうして見てみると、日本が元気だった、あのバブル期真っただ中のクルマらしく、良い意味で奢(おご)られたクルマだなぁって思うのです。

今まで、あまり眼中になかった(失礼!)クルマではありますが、改めてこうして見てみると、日本が元気だった、あのバブル期真っただ中のクルマらしく、良い意味で奢(おご)られたクルマだなぁって思うのです。

それまでの時代の、いかにコストを掛けずに、効率よく、早く造るか!というような大量生産の権化のようなクルマとは一線を画す、細部に亘る丁寧な造形、造り込みで、日本車が新しい時代に入った最初のクルマではないかと・・・。

それまでの時代の、いかにコストを掛けずに、効率よく、早く造るか!というような大量生産の権化のようなクルマとは一線を画す、細部に亘る丁寧な造形、造り込みで、日本車が新しい時代に入った最初のクルマではないかと・・・。

普段、ヨーロッパ車を見慣れた私が見ても、何の違和感も無く、むしろ「面」の美しさには関心してしまうほど・・・あのバン・テ・アンと同じく、ボンネットは開閉機構の影響でデザインの制約を受けないよう単独のパネルで造形されているとか・・・。

普段、ヨーロッパ車を見慣れた私が見ても、何の違和感も無く、むしろ「面」の美しさには関心してしまうほど・・・あのバン・テ・アンと同じく、ボンネットは開閉機構の影響でデザインの制約を受けないよう単独のパネルで造形されているとか・・・。

ボディ側面ショルダー部のルーフ部と側面を区切るように入った、目立たないけど意味のあるプレスラインで、のっぺりと単調な印象になりがちなセダンボディに躍動感を与え・・・。

ボディ側面ショルダー部のルーフ部と側面を区切るように入った、目立たないけど意味のあるプレスラインで、のっぺりと単調な印象になりがちなセダンボディに躍動感を与え・・・。

何より、クルマ全体が醸し出す、信頼性を体現するかのような、律儀で真面目なデザインは、他国には無い日本車独特のもの!このころのジャパン・デザインが見直されてきてるのもうなづけますね。

何より、クルマ全体が醸し出す、信頼性を体現するかのような、律儀で真面目なデザインは、他国には無い日本車独特のもの!このころのジャパン・デザインが見直されてきてるのもうなづけますね。

今や押しも押されぬトヨタを代表する車種となったカムリ・・・特に自動車大国である北米での評価が高く、何と2013年には北米累計販売台数が1,000万台に到達!それほどまでに評価される理由って・・・。

今や押しも押されぬトヨタを代表する車種となったカムリ・・・特に自動車大国である北米での評価が高く、何と2013年には北米累計販売台数が1,000万台に到達!それほどまでに評価される理由って・・・。

前述の日本車ならではの緻密な造り込み、真面目なデザイン、そして他国車とは比べ物にならない信頼性等々・・・すなわち日本人がクルマに求めるそのもの、言わば「日本」らしさが評価された結果ではないかと・・・。

前述の日本車ならではの緻密な造り込み、真面目なデザイン、そして他国車とは比べ物にならない信頼性等々・・・すなわち日本人がクルマに求めるそのもの、言わば「日本」らしさが評価された結果ではないかと・・・。

そんな、日本ならではの素晴らしさを持ったカムリに、更にこの個体には、もうひとつの「日本」らしさが加わって、特別な存在になっていると思うのです・・・その日本とは・・・。

そんな、日本ならではの素晴らしさを持ったカムリに、更にこの個体には、もうひとつの「日本」らしさが加わって、特別な存在になっていると思うのです・・・その日本とは・・・。

昭和から平成へ移りゆく日本・・・昔ながらの頑固な父親がいて、その父親に反発しながらも、同時に尊敬する息子がいて、そんな二人を優しく見守る母親がいる・・・シンプルだけど確固とした家族が存在していた、あの頃の日本・・・。

昭和から平成へ移りゆく日本・・・昔ながらの頑固な父親がいて、その父親に反発しながらも、同時に尊敬する息子がいて、そんな二人を優しく見守る母親がいる・・・シンプルだけど確固とした家族が存在していた、あの頃の日本・・・。

そう、それは、日本の父から、日本の息子へと受け継がれる物語ではないかと・・・「ザ・ジャパン・セダン!」いかがですか?

そう、それは、日本の父から、日本の息子へと受け継がれる物語ではないかと・・・「ザ・ジャパン・セダン!」いかがですか?

一覧ページにもどる