StockList

一覧ページにもどる

パナール ディナ

「あえて」がこのクルマの本質ではないかと・・・。

1949年製造のパナール・ディナ!X84モデルは通称ディナXと呼ばれるモデルです。

年式 1949年 排気量 610cc シフト 4MT
Blue sobre 走行 旧車の為、不明 車検 なし

¥3,300,000

主な装備

委託販売車両となります。詳細はご確認ください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!

1949年製造のパナール・ディナ!X84モデルは通称ディナXと呼ばれるモデルです。

1949年製造のパナール・ディナ!X84モデルは通称ディナXと呼ばれるモデルです。

第二次世界大戦でのパリ解放後、FWDの父とも呼ばれるJ.A.グレゴワールの構想から生まれたディナ・・・。

第二次世界大戦でのパリ解放後、FWDの父とも呼ばれるJ.A.グレゴワールの構想から生まれたディナ・・・。

その革新性はAlpax製アルミ軽合金のボディにより車両重量575kg!と軽量なことや・・・。

その革新性はAlpax製アルミ軽合金のボディにより車両重量575kg!と軽量なことや・・・。

あの醜いアヒルの子(2CV)より2年も前に同じ空冷フラットツイン600ccで発表されたことからも判ります。

あの醜いアヒルの子(2CV)より2年も前に同じ空冷フラットツイン600ccで発表されたことからも判ります。

ルノーやシトロエン同様、これだけの革新性を持ったフランス車があった事を知っていただければと・・・。

ルノーやシトロエン同様、これだけの革新性を持ったフランス車があった事を知っていただければと・・・。

あのイスパノスイザやヴォワザンの血を受け継ぐと言ったら言い過ぎ?

あのイスパノスイザやヴォワザンの血を受け継ぐと言ったら言い過ぎ?

いや、その熱い想いは勝るとも劣らないのではないかと・・・。

いや、その熱い想いは勝るとも劣らないのではないかと・・・。

それはボディに飾られたひとつひとつのパーツを見れば容易に感じられるわけで・・・。

それはボディに飾られたひとつひとつのパーツを見れば容易に感じられるわけで・・・。

経営者が造ったクルマと言うより、技術者が造ったクルマという方が正しいと思います。

経営者が造ったクルマと言うより、技術者が造ったクルマという方が正しいと思います。

フランス=合理主義と言われますが、このクルマには当てはまらないのではないかと・・・。

フランス=合理主義と言われますが、このクルマには当てはまらないのではないかと・・・。

唯一、当てはまるとすれば・・・。

唯一、当てはまるとすれば・・・。

これ・・・。

これ・・・。

こんなに巨大なスペースがぁ!Viva FRANCE!

こんなに巨大なスペースがぁ!Viva FRANCE!

しかし、その他はフランス合理主義では説明出来ない非合理的な事が・・・。

しかし、その他はフランス合理主義では説明出来ない非合理的な事が・・・。

例えばこのハンドル。わざわざ手の込んだ木目を模したエボナイトや・・・。

例えばこのハンドル。わざわざ手の込んだ木目を模したエボナイトや・・・。

内装パネルに至るまでアルミで造られていたり、マカロンを思わせる凝ったメーターの配色や・・・。

内装パネルに至るまでアルミで造られていたり、マカロンを思わせる凝ったメーターの配色や・・・。

ムッシュ御用達のステッキかと思えるサイドブレーキレバー・・・。

ムッシュ御用達のステッキかと思えるサイドブレーキレバー・・・。

琥珀に輝くエンブレム。そして乗る人の心の奥を見透かす眼光鋭いパイロットランプ・・・。

琥珀に輝くエンブレム。そして乗る人の心の奥を見透かす眼光鋭いパイロットランプ・・・。

操作を拒絶するかの様に自己主張の無い?!華奢なシフトノブ・・・。

操作を拒絶するかの様に自己主張の無い?!華奢なシフトノブ・・・。

アンブレラ置き場?それ以外に全く説明出来ないシートのくぼみ・・・。

アンブレラ置き場?それ以外に全く説明出来ないシートのくぼみ・・・。

そして、窓を小刻みに固定するためだけに、このアルミ細工・・・。

そして、窓を小刻みに固定するためだけに、このアルミ細工・・・。

インナーレバーも絶妙なカーブを描くアルミ・・・。

インナーレバーも絶妙なカーブを描くアルミ・・・。

内張りは、さすがに革張りではありませんが・・・。

内張りは、さすがに革張りではありませんが・・・。

寝台列車の個室についているかの様な雰囲気を持つ室内灯。

寝台列車の個室についているかの様な雰囲気を持つ室内灯。

ムッシュ、マドモアゼルがくつろいだであろう、落着いた空間。

ムッシュ、マドモアゼルがくつろいだであろう、落着いた空間。

このアルミ細工だけで、2CVのうしろ半分くらいのコストが掛かっているのではないかと・・・。

このアルミ細工だけで、2CVのうしろ半分くらいのコストが掛かっているのではないかと・・・。

デザインや機能云々を語る事すら野暮? 印象的な装飾品です。

デザインや機能云々を語る事すら野暮? 印象的な装飾品です。

あえてコストが掛かる製作が難しい砲弾型のヘッドライト形状・・・この「あえて」がディナXの本質かもしれません。

あえてコストが掛かる製作が難しい砲弾型のヘッドライト形状・・・この「あえて」がディナXの本質かもしれません。

まさしく「あえて」アルミ製の美しいハブキャップ。

まさしく「あえて」アルミ製の美しいハブキャップ。

簡素なワイパーに見えますが、コストと言うよりこれは細い弾力性のある金属棒で 密着性を高める、そして視界を妨げない為、と考えるのが正しいと思います。

簡素なワイパーに見えますが、コストと言うよりこれは細い弾力性のある金属棒で 密着性を高める、そして視界を妨げない為、と考えるのが正しいと思います。

そんなディナXの最大の謎と言えば、このエンジンかもしれません。

そんなディナXの最大の謎と言えば、このエンジンかもしれません。

ライバルであるルノー4CVがシンプルなスチールボディに水冷、直4、750ccにも関わらず、 この豪華なボディに空冷フラットツイン、600cc・・・。

ライバルであるルノー4CVがシンプルなスチールボディに水冷、直4、750ccにも関わらず、 この豪華なボディに空冷フラットツイン、600cc・・・。

心をえぐる様なボディデザインに、貧弱とも思えるエンジン・・・何故?

心をえぐる様なボディデザインに、貧弱とも思えるエンジン・・・何故?

そしてフロントは簡素な上下2枚のリーフスプリングサスペンション。

そしてフロントは簡素な上下2枚のリーフスプリングサスペンション。

何故だろう?

何故だろう?

パナール・ルバッソール社の戦後を支えたディナ・・・。 しかし、その真意は全く理解出来ない代物に思えたのです。・・・乗るまでは。

パナール・ルバッソール社の戦後を支えたディナ・・・。 しかし、その真意は全く理解出来ない代物に思えたのです。・・・乗るまでは。

想像してみてください。化粧鞍をまとった馬に引かれる馬車を・・・。

想像してみてください。化粧鞍をまとった馬に引かれる馬車を・・・。

心地よいリズミカルなエキゾーストを奏で、FWDで引かれる乗り心地。

心地よいリズミカルなエキゾーストを奏で、FWDで引かれる乗り心地。

軽い足回りのおかげで浮遊感すら感じます。

軽い足回りのおかげで浮遊感すら感じます。

それはとても気品溢れる、素晴らしい時間に違いないのです。

それはとても気品溢れる、素晴らしい時間に違いないのです。

現代では常識となってしまった高性能=良いクルマ。

現代では常識となってしまった高性能=良いクルマ。

そんな常識をあざ笑うかの様なコンセプト・・・。

そんな常識をあざ笑うかの様なコンセプト・・・。

美しいものの前では、どんな比喩も意味は成さないわけで・・・。

美しいものの前では、どんな比喩も意味は成さないわけで・・・。

そこにあるのは、「美しい物は美しい!」

そこにあるのは、「美しい物は美しい!」

「気持ち良いものは気持ち良い!」というだけ・・・。

「気持ち良いものは気持ち良い!」というだけ・・・。

クルマに乗る・・・いえ、パナールという乗り物に乗ってみませんか?

クルマに乗る・・・いえ、パナールという乗り物に乗ってみませんか?

一覧ページにもどる