StockList

一覧ページにもどる

フィアット パンダ 1100 super

今、イタリア車で経験しておくべき車と言えば・・・。

1994 (平成6)年式フィアット・パンダ1100スーパー!楽しい楽しいMT車!

年式 1994年7月 排気量 1100cc シフト 5MT
ターコイズブルー 走行 67000km 車検 平成26年10月

Sold Out

主な装備

1994 (平成6)年式フィアット・パンダ1100スーパー!楽しい楽しいMT車!

1994 (平成6)年式フィアット・パンダ1100スーパー!楽しい楽しいMT車!

ターコイズブルーはパッと見、キレイで華やかなのに、何か落着くって言うか、しっくりくるって言うか…。

ターコイズブルーはパッと見、キレイで華やかなのに、何か落着くって言うか、しっくりくるって言うか…。

う〜ん、これが噂のブルーマジック?!(←えっ、噂なの?)

う〜ん、これが噂のブルーマジック?!(←えっ、噂なの?)

私、曲がった事がキライなんです!…確かに曲がってないし(笑)

私、曲がった事がキライなんです!…確かに曲がってないし(笑)

シンプル イズ ベスト!と言いますが、シンプルにも程があるっちゅ〜の!(笑)

シンプル イズ ベスト!と言いますが、シンプルにも程があるっちゅ〜の!(笑)

色褪せやクリア塗装剥がれはありません!ご覧の通りの好印象!

色褪せやクリア塗装剥がれはありません!ご覧の通りの好印象!

幌も破れはありません!ルーフレール部に少し塗装ハゲあります。

幌も破れはありません!ルーフレール部に少し塗装ハゲあります。

そしてインパネまで布で造られたインテリア!
柔らかい素材で造る事で「圧力」を感じない=見た目以上に広く感じさせます!

そしてインパネまで布で造られたインテリア!
柔らかい素材で造る事で「圧力」を感じない=見た目以上に広く感じさせます!

ねっ、しかも収納タップリで、見事にPOPなイメージを演出!ん〜、やっぱ素晴らしいデザイン!

ねっ、しかも収納タップリで、見事にPOPなイメージを演出!ん〜、やっぱ素晴らしいデザイン!

全席、破れはありませんが、運転席はかなり汚れが目立ちます。がんばってキレイにしま〜す!

全席、破れはありませんが、運転席はかなり汚れが目立ちます。がんばってキレイにしま〜す!

リアシートは…◎!

リアシートは…◎!

ほらほら、これで目の前に普通の樹脂製のインパネがあるかと思うと、その差は歴然!

ほらほら、これで目の前に普通の樹脂製のインパネがあるかと思うと、その差は歴然!

これは、まさしくデザインの勝利!

これは、まさしくデザインの勝利!

実走行6.7万Km!気になるタイミングベルトは平成22年10月、5.0万Km時に交換歴あり!
って言う事は当分、安心ですね。

実走行6.7万Km!気になるタイミングベルトは平成22年10月、5.0万Km時に交換歴あり!
って言う事は当分、安心ですね。

窓の開閉は安心・確実のヒューマンパワーウィンドウ!…早い話が手動!(笑)

窓の開閉は安心・確実のヒューマンパワーウィンドウ!…早い話が手動!(笑)

サンルーフの開閉も、これまた動作確実なヒューマンパワー方式!

サンルーフの開閉も、これまた動作確実なヒューマンパワー方式!

思いのほか効く純正クーラー!(笑)ETCももちろん装備!

思いのほか効く純正クーラー!(笑)ETCももちろん装備!

ヘッドライトにくもりや劣化はありません!樹脂バンパーも比較的良い状態です。

ヘッドライトにくもりや劣化はありません!樹脂バンパーも比較的良い状態です。

ホイールキャップは簡易ではありますが補修塗装済みですので清潔な印象です。

ホイールキャップは簡易ではありますが補修塗装済みですので清潔な印象です。

このサイズでこのトランクスペースは立派!十分でしょう。

このサイズでこのトランクスペースは立派!十分でしょう。

フィアットの名機Fireエンジン!
このエンジン楽しくて、ついつい回し過ぎちゃぅ〜!イタリア人のバカ〜ん!

フィアットの名機Fireエンジン!
このエンジン楽しくて、ついつい回し過ぎちゃぅ〜!イタリア人のバカ〜ん!

パンダは年代によって色んなモデルありますが、このモデル、かなりたたずまいがよろしいのではないかと…。

パンダは年代によって色んなモデルありますが、このモデル、かなりたたずまいがよろしいのではないかと…。

1、2、3、4、…直線10本位描けるでしょ、これ。

1、2、3、4、…直線10本位描けるでしょ、これ。

正面なら6本くらいで…(笑)

正面なら6本くらいで…(笑)

何本で描けるかはさておいて、これだけシンプルにも関わらず、
こんなにも気持ちのよいデザインが成立するなんて…。

何本で描けるかはさておいて、これだけシンプルにも関わらず、
こんなにも気持ちのよいデザインが成立するなんて…。

長い自動車の歴史の中でも、稀な存在と言えるのでは?

長い自動車の歴史の中でも、稀な存在と言えるのでは?

あのジウジアーロが自ら最高傑作と言うパンダ…。

あのジウジアーロが自ら最高傑作と言うパンダ…。

今、イタリア車で経験しておくべきクルマは?と聞かれれば…それはやっぱりパンダではないかと。

今、イタリア車で経験しておくべきクルマは?と聞かれれば…それはやっぱりパンダではないかと。

一覧ページにもどる