StockList

一覧ページにもどる

フィアット 126

「FIAT126」と書いて「温故知新」と読む!みたいな・・・古き良き友と語り合うかのような時間をくれる事、間違いなしなのです!

1974(昭和49)年式フィアット126!イタリア製126の初期600ccモデル!欧州より直輸入!国内未登録車につき新規登録3年車検となります!

年式 1974年 排気量 600cc シフト 4MT
Tuffa Yellow 走行 5桁メーターのため不明 車検 なし(国内未登録車)

¥1,780,000

主な装備

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1974(昭和49)年式フィアット126!イタリア製126の初期600ccモデル!欧州より直輸入!国内未登録車につき新規登録3年車検となります!

1974(昭和49)年式フィアット126!イタリア製126の初期600ccモデル!欧州より直輸入!国内未登録車につき新規登録3年車検となります!

軽登録出来るポーランド製126の維持費の安さも魅力的ですが、姿かたち、たたずまい、インテリアは、やはりこのイタリア製600ccモデルが一番!

軽登録出来るポーランド製126の維持費の安さも魅力的ですが、姿かたち、たたずまい、インテリアは、やはりこのイタリア製600ccモデルが一番!

しかもこの「Tuffa Yellow」というボディカラーの何ともいえない味わいがククゥ~!カワイイ126にピッタリ!

しかもこの「Tuffa Yellow」というボディカラーの何ともいえない味わいがククゥ~!カワイイ126にピッタリ!

「小っちゃいからってナメンナヨ!」的なするどい眼をしておりますが、そこは126ですから、「子猫がシャ~!」状態とほぼ一緒かと・・・むしろカワイイっちゅ~の!

「小っちゃいからってナメンナヨ!」的なするどい眼をしておりますが、そこは126ですから、「子猫がシャ~!」状態とほぼ一緒かと・・・むしろカワイイっちゅ~の!

チンク同様リアランプの位置が絶妙ですね。ポテッとカワイイのに、ちゃんと踏ん張り感もあり、「走り」を予感させるのは、さすがイタリア車!

チンク同様リアランプの位置が絶妙ですね。ポテッとカワイイのに、ちゃんと踏ん張り感もあり、「走り」を予感させるのは、さすがイタリア車!

現地でかなりボディワークは行われたようで、塗装も全塗装済!目立つキズ、凹みも無く、ご覧の通りツヤのある状態!

現地でかなりボディワークは行われたようで、塗装も全塗装済!目立つキズ、凹みも無く、ご覧の通りツヤのある状態!

もちろんルーフもキレイ!子猫?が色褪せてたら台無しですもんね。

もちろんルーフもキレイ!子猫?が色褪せてたら台無しですもんね。

ウインドウストリップやモールも交換したばかりというわけではありませんが、ヒビや色あせなんかはありませんので、全体的にはまとまり感のある好印象な個体です!

ウインドウストリップやモールも交換したばかりというわけではありませんが、ヒビや色あせなんかはありませんので、全体的にはまとまり感のある好印象な個体です!

それではミニマリスト垂涎の?!インテリアへどうぞ~!

それではミニマリスト垂涎の?!インテリアへどうぞ~!

やっぱ、このイタリア初期物の味わいのあるインテリアがいいですねぇ~。ダッシュ部は鉄板のパネルにモコモコのビニールレザーを貼っただけなのに~!

やっぱ、このイタリア初期物の味わいのあるインテリアがいいですねぇ~。ダッシュ部は鉄板のパネルにモコモコのビニールレザーを貼っただけなのに~!

シートは子供用というわけだはありません。ちゃんと大人も座れますのでご安心を!

シートは子供用というわけだはありません。ちゃんと大人も座れますのでご安心を!

運転席のみご覧の補修跡がありますが他は破れや補修跡なんかも有りません!

運転席のみご覧の補修跡がありますが他は破れや補修跡なんかも有りません!

チンクに比べると格段に進歩したのが、このリアシート!もちろん「ゆったり」というわけにはいきませんが、モチモチッとしたシートはお尻にやさしく、頭上スペースも十分!大人2人がちゃんと座れます!

チンクに比べると格段に進歩したのが、このリアシート!もちろん「ゆったり」というわけにはいきませんが、モチモチッとしたシートはお尻にやさしく、頭上スペースも十分!大人2人がちゃんと座れます!

この感じ、いいでしょ~?ボデイパネルのイエローとインテリアのブラックのコントラストが絶妙~!他のボディカラーではこうはいきません。

この感じ、いいでしょ~?ボデイパネルのイエローとインテリアのブラックのコントラストが絶妙~!他のボディカラーではこうはいきません。

これだけシンプルなのに、なぜかワクワクさせてくれるのはフィアットならではの伝統なんでしょうかねぇ~。ホントおジョ~ズ!

これだけシンプルなのに、なぜかワクワクさせてくれるのはフィアットならではの伝統なんでしょうかねぇ~。ホントおジョ~ズ!

チンクへのオマージュともとれる、大きなシングルメーターは少しくもり気味ではありますが、決して高品質でない素材で40年以上経過しているんですから、むしろ正しい状態かと・・・。オドメーターはご覧の距離ですが、5桁メーターですので走行不明とさせていただきました。

チンクへのオマージュともとれる、大きなシングルメーターは少しくもり気味ではありますが、決して高品質でない素材で40年以上経過しているんですから、むしろ正しい状態かと・・・。オドメーターはご覧の距離ですが、5桁メーターですので走行不明とさせていただきました。

そしてこの個体にはなんと、こんなラジオユニット付き!取付パネルの素材や形状を見るととても良く出来ているので純正っぽいのですが、真偽は不明・・・しかし、モノラルスピーカーから流れる音は・・・70年代の音なのです~!

そしてこの個体にはなんと、こんなラジオユニット付き!取付パネルの素材や形状を見るととても良く出来ているので純正っぽいのですが、真偽は不明・・・しかし、モノラルスピーカーから流れる音は・・・70年代の音なのです~!

空調システムも装備!って言ってもこれだけですが・・・。ヒーターor常温での送風が可能です。

空調システムも装備!って言ってもこれだけですが・・・。ヒーターor常温での送風が可能です。

インテリアの要とも言えるパッド状のダッシュパネルにヒビや破れはありません!ちゃんと柔らかい状態なのです~!

インテリアの要とも言えるパッド状のダッシュパネルにヒビや破れはありません!ちゃんと柔らかい状態なのです~!

これもチンクへのオマージュでしょうか、同じ場所に同じ形状の灰皿を装備。

これもチンクへのオマージュでしょうか、同じ場所に同じ形状の灰皿を装備。

そしてこれもチンクと同じ・・・助手席側レバーがセルスイッチで運転席側レバーがチョーク。

そしてこれもチンクと同じ・・・助手席側レバーがセルスイッチで運転席側レバーがチョーク。

純正フロアマットはフロント席の足元からシート下を通って、リアシートの足元まで繋がる長~い一枚もの。おそらく床からの遮音も兼ねてるんでしょうね。

純正フロアマットはフロント席の足元からシート下を通って、リアシートの足元まで繋がる長~い一枚もの。おそらく床からの遮音も兼ねてるんでしょうね。

既にお気づきだと思いますが、ハンドルの上下に割れがあります。エボナイト素材は経年で痩せてきてしまうので仕方ないところでしょうか。もちろん補修は可能ですので、ご希望でしたらお申し付けくださいませ~!

既にお気づきだと思いますが、ハンドルの上下に割れがあります。エボナイト素材は経年で痩せてきてしまうので仕方ないところでしょうか。もちろん補修は可能ですので、ご希望でしたらお申し付けくださいませ~!

ドアの内張りパネルもかなりしっかりとした状態です。ん?インナーハンドルは?どうやってドア閉めるんだぁ~!取付忘れたわけではありません。最初から無いのです。念のため。

ドアの内張りパネルもかなりしっかりとした状態です。ん?インナーハンドルは?どうやってドア閉めるんだぁ~!取付忘れたわけではありません。最初から無いのです。念のため。

純正の厚手の生地の天張りは、例によって天上に貼っただけの簡単なものですが、目立つ汚れや損傷はありません!もちろんタバコやペット、芳香剤のイヤな臭いもありません!

純正の厚手の生地の天張りは、例によって天上に貼っただけの簡単なものですが、目立つ汚れや損傷はありません!もちろんタバコやペット、芳香剤のイヤな臭いもありません!

え~、なんでこんなバラバラかと言いますと、貴重な純正の天張りが一部剥がれていたので、ちゃんと貼り直しをするのに、天上に残った接着剤を剥がさなければいけないわけで、そうすると、室内が接着剤だらけになってしまうので、全部外して出して・・・という事です。 外したついでに隅々まで清掃したのは言うまでもありません。

え~、なんでこんなバラバラかと言いますと、貴重な純正の天張りが一部剥がれていたので、ちゃんと貼り直しをするのに、天上に残った接着剤を剥がさなければいけないわけで、そうすると、室内が接着剤だらけになってしまうので、全部外して出して・・・という事です。 外したついでに隅々まで清掃したのは言うまでもありません。

で、この状態で2日間・・・しっかりとくっつきました~。

で、この状態で2日間・・・しっかりとくっつきました~。

ヘッドライト、ウインカーともにご覧の通り、とってもクリア~!生き物はやっぱ目が曇っていてはいけません←ん?生き物?ま、いいか。

ヘッドライト、ウインカーともにご覧の通り、とってもクリア~!生き物はやっぱ目が曇っていてはいけません←ん?生き物?ま、いいか。

リアレンズももちろん割れは無く、色あせなんかの劣化も感じません!

リアレンズももちろん割れは無く、色あせなんかの劣化も感じません!

純正の鉄ッチンホイールはリムの部分に少しキズがありますが、タッチアップでかなりキレイになりそうです。もちろん塗装すればピッカピカになりますが、これぐらいが丁度バランスがとれているのではないかと・・・。

純正の鉄ッチンホイールはリムの部分に少しキズがありますが、タッチアップでかなりキレイになりそうです。もちろん塗装すればピッカピカになりますが、これぐらいが丁度バランスがとれているのではないかと・・・。

タイヤはまだ新しいもののようです。8~9分山というところでしょうか。当分交換の必要はなさそうです。

タイヤはまだ新しいもののようです。8~9分山というところでしょうか。当分交換の必要はなさそうです。

RRですのでフロントがトランクですが、スペアタイヤのせいで、ご覧のスペース・・・大量の荷物を積む方はいらっしゃらないと思いますが、それにしても容量は少なめですね。

RRですのでフロントがトランクですが、スペアタイヤのせいで、ご覧のスペース・・・大量の荷物を積む方はいらっしゃらないと思いますが、それにしても容量は少なめですね。

純正の縦長ジャッキもちゃんとあります。これ結構ポイント高いかも!

純正の縦長ジャッキもちゃんとあります。これ結構ポイント高いかも!

スペアタイヤ下の錆びやすい部分に、やはりサビで欠けた部分が見られますが、サビ止め後、補修塗装(筆塗り)されていますので、これ以上の進行はなさそうです。
ヘッドライト下部分は更にサビが進んでしまったんでしょうね、ちゃんと切り取って、鉄板を溶接で張り直しています。これなら安心!

スペアタイヤ下の錆びやすい部分に、やはりサビで欠けた部分が見られますが、サビ止め後、補修塗装(筆塗り)されていますので、これ以上の進行はなさそうです。
ヘッドライト下部分は更にサビが進んでしまったんでしょうね、ちゃんと切り取って、鉄板を溶接で張り直しています。これなら安心!

トランクフード裏もキレイな状態です。実は弊社入庫時、このトランクフード裏、トランク内、リアボンネットフード裏の隅から隅までサビ止めの松脂が塗られていたのですが、さすがに見た目が良くないので、弊社で2週間掛けて(ホント大変でした)全部落としました~!おかげでサビの無い、このキレイな状態なのです!外人さんでも結構几帳面な人っているのね。

トランクフード裏もキレイな状態です。実は弊社入庫時、このトランクフード裏、トランク内、リアボンネットフード裏の隅から隅までサビ止めの松脂が塗られていたのですが、さすがに見た目が良くないので、弊社で2週間掛けて(ホント大変でした)全部落としました~!おかげでサビの無い、このキレイな状態なのです!外人さんでも結構几帳面な人っているのね。

エンジンルームにも松脂が・・・これはさすがにエンジン降ろさないといけないので・・・その代りと言うわけではありませんが、弊社にてキャブレターO/H、タペットカバーパッキン交換、クランクカバーパッキン交換、フィルター清掃、エンジンマウント交換、シフトリンクブッシュ交換、ヘッドカバー、アンダーカバー塗装しました!なので126持病のオイル漏れも無く、調子も絶好調!

エンジンルームにも松脂が・・・これはさすがにエンジン降ろさないといけないので・・・その代りと言うわけではありませんが、弊社にてキャブレターO/H、タペットカバーパッキン交換、クランクカバーパッキン交換、フィルター清掃、エンジンマウント交換、シフトリンクブッシュ交換、ヘッドカバー、アンダーカバー塗装しました!なので126持病のオイル漏れも無く、調子も絶好調!

ちゃんとメンテしてきました感タップリの安心物件!見た目で判るんですよね、このエンジンは。

ちゃんとメンテしてきました感タップリの安心物件!見た目で判るんですよね、このエンジンは。

汚れも目立たない上にサビの心配もないんですから、エンジンルームはむしろこの松脂状態の方が宜しいかと・・・。

汚れも目立たない上にサビの心配もないんですから、エンジンルームはむしろこの松脂状態の方が宜しいかと・・・。

決して負け惜しみでは・・・(汗)

決して負け惜しみでは・・・(汗)

ここにもベッタリとあったわけです。大変でしたが、おかげでこの状態なんですから、結果オーライ!

ここにもベッタリとあったわけです。大変でしたが、おかげでこの状態なんですから、結果オーライ!

エンジン下側。やはりしっかりとサビ止め処置済。ご安心いただける状態ではないかと・・・。

エンジン下側。やはりしっかりとサビ止め処置済。ご安心いただける状態ではないかと・・・。

長年のオイルにじみ跡はありますが、現在オイル漏れ、にじみはありません!ブーツもまだ新しいもののようです。

長年のオイルにじみ跡はありますが、現在オイル漏れ、にじみはありません!ブーツもまだ新しいもののようです。

と言うわけで、もう一度全体をご覧いただくと、外観はもちろん中身まで愛情の注がれた良質車というのがお判りいただけるのではないかと・・・。

と言うわけで、もう一度全体をご覧いただくと、外観はもちろん中身まで愛情の注がれた良質車というのがお判りいただけるのではないかと・・・。

もちろん、もっとパリパリの美しい状態に仕上げる事も可能ですし、そういった個体もあるようですが、このイタリア初期物126のアナログ感には、人の生活が感じられる使用感はむしろ必要ではないかと・・・。

もちろん、もっとパリパリの美しい状態に仕上げる事も可能ですし、そういった個体もあるようですが、このイタリア初期物126のアナログ感には、人の生活が感じられる使用感はむしろ必要ではないかと・・・。

それが飾り物のクルマにはない、生活に根差すクルマの本分なはずなので・・・。

それが飾り物のクルマにはない、生活に根差すクルマの本分なはずなので・・・。

エンジンを掛けた瞬間の息吹のようなエキゾーストや・・・。

エンジンを掛けた瞬間の息吹のようなエキゾーストや・・・。

走り出した瞬間の生命感を体感いただければ納得いただけるはず・・・。

走り出した瞬間の生命感を体感いただければ納得いただけるはず・・・。

日本でも自動車創成期にあったクルマはみな、団地に住み、3種の神器と呼ばれた家電に憧れた人々の、文字通り「足」となり、生活を支えていた、けな気な姿が一番輝いていましたよね。

日本でも自動車創成期にあったクルマはみな、団地に住み、3種の神器と呼ばれた家電に憧れた人々の、文字通り「足」となり、生活を支えていた、けな気な姿が一番輝いていましたよね。

今では懐かしい、小さなクルマで家族全員で出かける、あのワクワク感は何にも代えがたかったなぁ・・・なんて思うわけです。

今では懐かしい、小さなクルマで家族全員で出かける、あのワクワク感は何にも代えがたかったなぁ・・・なんて思うわけです。

それが今や、自動ブレーキ!自動運転!ってどゆこと~!決してそれらを否定をするわけでは・・・むしろ新しい技術はどんどん出てくるべきだと思うのですが・・・。

それが今や、自動ブレーキ!自動運転!ってどゆこと~!決してそれらを否定をするわけでは・・・むしろ新しい技術はどんどん出てくるべきだと思うのですが・・・。

それと引き換えにしてはいけないものが、クルマにはあると思うのです。

それと引き換えにしてはいけないものが、クルマにはあると思うのです。

流される事は簡単で楽・・・何も考えなければそうなってしまうのが常・・・。

流される事は簡単で楽・・・何も考えなければそうなってしまうのが常・・・。

でも、こんなクルマと生活を伴にすると、今まで気が付かなかった自分に出逢えると思うのです。

でも、こんなクルマと生活を伴にすると、今まで気が付かなかった自分に出逢えると思うのです。

『昔の事をたずね求めて、そこから新しい知識・見解を導くこと・・・。』

『昔の事をたずね求めて、そこから新しい知識・見解を導くこと・・・。』

そう!言うなれば「単車」と書いて「マシーン」と読む!じゃなくて・・・(笑)「FIAT126」と書いて「温故知新」と読む!みたいな・・・。

そう!言うなれば「単車」と書いて「マシーン」と読む!じゃなくて・・・(笑)「FIAT126」と書いて「温故知新」と読む!みたいな・・・。

古き良き友と語り合うかのような時間をくれる事、間違いなしなのです!FIAT126!いかがですかぁ~!

古き良き友と語り合うかのような時間をくれる事、間違いなしなのです!FIAT126!いかがですかぁ~!

一覧ページにもどる