StockList

一覧ページにもどる

フィアット 600 corsa

アクセルを踏むと、先人たちの想いが・・・。

1966(昭和41)年12月製造、FIAT600corsa!(FIAT ABARTH 850TC conversions)

年式 1966年12月 排気量 1000cc シフト 4MT
ビアンコ 走行 不明 車検 平成27年10月

Sold Out

主な装備

委託販売車両となります。詳細はご確認ください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!

1966(昭和41)年12月製造、FIAT600corsa!(FIAT ABARTH 850TC conversions)

1966(昭和41)年12月製造、FIAT600corsa!(FIAT ABARTH 850TC conversions)

FIAT600をベースに、イタリアで仕上げられた希少車!エンジンもアウトビアンキA112アバルト用にスイッチ!ってことは本物ABARTH850TCを超えた?!

FIAT600をベースに、イタリアで仕上げられた希少車!エンジンもアウトビアンキA112アバルト用にスイッチ!ってことは本物ABARTH850TCを超えた?!

ボディワークの素晴らしさ、細部にわたるディテールのこだわりで、単なるconversion MODELは遥かに超えているのではないかと・・・。

ボディワークの素晴らしさ、細部にわたるディテールのこだわりで、単なるconversion MODELは遥かに超えているのではないかと・・・。

600のカワイさとABARTHの過激さがミックスされ、強烈な印象のフロントマスク!

600のカワイさとABARTHの過激さがミックスされ、強烈な印象のフロントマスク!

更に強烈なリアスタイル!確かにフードを閉めなければいけないって事はないんですけどぉ~!

更に強烈なリアスタイル!確かにフードを閉めなければいけないって事はないんですけどぉ~!

塗装はクリア剥げとかも無く良い状態!浮きサビも見受けられません!

塗装はクリア剥げとかも無く良い状態!浮きサビも見受けられません!

メッチャカッコいい〜!・・・ただの市松模様なのに何故か血圧20くらい上がります(笑)

メッチャカッコいい〜!・・・ただの市松模様なのに何故か血圧20くらい上がります(笑)

インテリアにも、もちろん手抜かりはないのです!どうぞご覧ください!

インテリアにも、もちろん手抜かりはないのです!どうぞご覧ください!

もちろんインパネやメーター周りも忠実に再現されています。

もちろんインパネやメーター周りも忠実に再現されています。

座った瞬間、アドレナリン出まくりのバケットシート!状態も良いですね。

座った瞬間、アドレナリン出まくりのバケットシート!状態も良いですね。

スレ、破れはもちろん、目立つ汚れもありません!

スレ、破れはもちろん、目立つ汚れもありません!

リアシートはノーマルのままですね。バケットシートのおかげでリアの乗り降りはちょっと大変ですが、600はちゃんと使えるスペースがあります。

リアシートはノーマルのままですね。バケットシートのおかげでリアの乗り降りはちょっと大変ですが、600はちゃんと使えるスペースがあります。

こんな風景を目の前にしたら、もうアクセル踏むしかないのですぅ〜!

こんな風景を目の前にしたら、もうアクセル踏むしかないのですぅ〜!

センタータコメーター・・・更にアクセル踏むしか無いのですぅ〜!(笑)

センタータコメーター・・・更にアクセル踏むしか無いのですぅ〜!(笑)

車検証備考欄を見ますと、ご覧の距離はコンバージョン後の距離の様です。状態の良さも納得ですね。

車検証備考欄を見ますと、ご覧の距離はコンバージョン後の距離の様です。状態の良さも納得ですね。

こんな激アツな消化器・・・火は消しても、情熱の炎は消さないでねぇ~(笑)

こんな激アツな消化器・・・火は消しても、情熱の炎は消さないでねぇ~(笑)

薄汚れ程度はもちろんありますが、全体にわたって破れや損傷は無く、好印象なインテリア!

薄汚れ程度はもちろんありますが、全体にわたって破れや損傷は無く、好印象なインテリア!

天張りだってご覧の通り!タバコやペットのイヤな臭いもありません!

天張りだってご覧の通り!タバコやペットのイヤな臭いもありません!

ヘッドライトはちゃんとCarello製!フォグやウインカーレンズもクリア〜!

ヘッドライトはちゃんとCarello製!フォグやウインカーレンズもクリア〜!

もちろんリアレンズもクリア〜!ベースのメッキ部分もキレイですね。

もちろんリアレンズもクリア〜!ベースのメッキ部分もキレイですね。

そして左側だけのサイドミラーは、もちろんVitaloni!すべらんなぁ〜・・・。

そして左側だけのサイドミラーは、もちろんVitaloni!すべらんなぁ〜・・・。

ウインドウストリップの劣化〜ひび割れ〜雨漏り〜サビ〜腐食〜そのうち補修〜忙しい〜ガレージに放置〜奥さんに怒られる(笑)
そんな負のスパイラルには、まだほど遠い状態で〜す!

ウインドウストリップの劣化〜ひび割れ〜雨漏り〜サビ〜腐食〜そのうち補修〜忙しい〜ガレージに放置〜奥さんに怒られる(笑)
そんな負のスパイラルには、まだほど遠い状態で〜す!

ドア下サビ〜腐食〜穴があく〜風吹き込む〜寒い〜そのうち補修〜忙しい〜たまに乗る〜やっぱ寒い〜そのうち補修へ戻る(笑)
そんな無限ループ?!までは、あと30年くらいかかるかと・・・。

ドア下サビ〜腐食〜穴があく〜風吹き込む〜寒い〜そのうち補修〜忙しい〜たまに乗る〜やっぱ寒い〜そのうち補修へ戻る(笑)
そんな無限ループ?!までは、あと30年くらいかかるかと・・・。

タイヤは ADVAN Neova!そしてホイールはCROMODORA CD3 ビンテージマグネシウムホイール!すべらんなぁ〜!

タイヤは ADVAN Neova!そしてホイールはCROMODORA CD3 ビンテージマグネシウムホイール!すべらんなぁ〜!

しかもタイヤはバリ溝の9分山!これ、かなりポイント高し!

しかもタイヤはバリ溝の9分山!これ、かなりポイント高し!

RRなのでフロントがトランクですが、燃料タンクとスペアタイヤで、それほど広くはありません。実質的にはリアシートがラゲッジスペースでしょうか。

RRなのでフロントがトランクですが、燃料タンクとスペアタイヤで、それほど広くはありません。実質的にはリアシートがラゲッジスペースでしょうか。

チンク同様、スペアタイヤ下はボディ状態を計る上で重要なポイント!塗装ハゲやご覧のサビ程度はありますが、強度を損なう様な酷いサビはありません。

チンク同様、スペアタイヤ下はボディ状態を計る上で重要なポイント!塗装ハゲやご覧のサビ程度はありますが、強度を損なう様な酷いサビはありません。

エンジンのベースはFIAT600時代からアウトビアンキまでずっと使われているものなので、違和感も無くスッキリとまとまった印象です。

エンジンのベースはFIAT600時代からアウトビアンキまでずっと使われているものなので、違和感も無くスッキリとまとまった印象です。

エンジンブロックに「A112BB FIAT」の文字が読み取れます。

エンジンブロックに「A112BB FIAT」の文字が読み取れます。

オルタネーターは安心の国産品に交換済み!オリジナルのマレリー製に比べ、発電量、信頼性ともに大幅UP!

オルタネーターは安心の国産品に交換済み!オリジナルのマレリー製に比べ、発電量、信頼性ともに大幅UP!

この時代のクルマはエンジンルームに余分なものが無くスカスカなので整備性はバツグン!オイルエレメントなんか、ものの数十秒で交換可!

この時代のクルマはエンジンルームに余分なものが無くスカスカなので整備性はバツグン!オイルエレメントなんか、ものの数十秒で交換可!

エンジンルームの床は塗装ハゲや表面にサビはありますが、鉄板自体は◎!

エンジンルームの床は塗装ハゲや表面にサビはありますが、鉄板自体は◎!

反対側の床はフロントラジエターへのウォーターラインの取り回しのため、加工製作したパネルです。

反対側の床はフロントラジエターへのウォーターラインの取り回しのため、加工製作したパネルです。

エンジンフード裏面もご覧の通り!鉄板1枚ものなのでサビで欠けるとかあるんですが、これは問題無し!

エンジンフード裏面もご覧の通り!鉄板1枚ものなのでサビで欠けるとかあるんですが、これは問題無し!

フロント下面です。埃や油汚れはありますが、半世紀近く経過している事を考えれば、むしろ素晴らしい状態!

フロント下面です。埃や油汚れはありますが、半世紀近く経過している事を考えれば、むしろ素晴らしい状態!

リア下面です。こちらも経年の汚れはもちろん見られますが、酷いオイル漏れや腐食が無いのがお判りいただけると思います。

リア下面です。こちらも経年の汚れはもちろん見られますが、酷いオイル漏れや腐食が無いのがお判りいただけると思います。

フロント〜リアを結ぶ、まっすぐ延びた特徴的なウォーターライン!ラジエターが前後に2個あるので、熱にはかなり強く、オーバーヒートとは無縁!むしろ冬場はオーバークール気味だそうです。

フロント〜リアを結ぶ、まっすぐ延びた特徴的なウォーターライン!ラジエターが前後に2個あるので、熱にはかなり強く、オーバーヒートとは無縁!むしろ冬場はオーバークール気味だそうです。

イタリアではFIAT600corsaと呼ばれるスタマイズがあり、これはそのお手本の様な仕上がりなのです。

イタリアではFIAT600corsaと呼ばれるスタマイズがあり、これはそのお手本の様な仕上がりなのです。

改めて見てみると、FIAT600やABARTHを熟知した職人さんに因る、素晴らしい仕上がり!そしてそこに感じるのは、携わった人々の並々ならぬ努力と熱い想い・・・。

改めて見てみると、FIAT600やABARTHを熟知した職人さんに因る、素晴らしい仕上がり!そしてそこに感じるのは、携わった人々の並々ならぬ努力と熱い想い・・・。

その成り立ちって、そもそもカルロ・アバルトが思い描いたクルマへの想いと同じ物ではないかと・・・。

その成り立ちって、そもそもカルロ・アバルトが思い描いたクルマへの想いと同じ物ではないかと・・・。

とって付けただけでは「corsa」は生まれないのです。そこには・・・

とって付けただけでは「corsa」は生まれないのです。そこには・・・

常識を覆す発想、それを形にする技術、そして、誰よりも速くチェッカーを受けるという情熱がなければ・・・。

常識を覆す発想、それを形にする技術、そして、誰よりも速くチェッカーを受けるという情熱がなければ・・・。

それが見事に受け継がれたFIAT600corsaではないかと・・・。

それが見事に受け継がれたFIAT600corsaではないかと・・・。

本物の850TCかどうかなんて事は、走らない輩か、欲張りな投資家にまかせておいて・・・。

本物の850TCかどうかなんて事は、走らない輩か、欲張りな投資家にまかせておいて・・・。

そもそも、本物かどうかなんて事自体、意味はなさないのでは・・・ これは紛れも無く本物の「FIAT600corsa」なんですから。

そもそも、本物かどうかなんて事自体、意味はなさないのでは・・・ これは紛れも無く本物の「FIAT600corsa」なんですから。

まずは、バケットシートに身を埋め・・・。

まずは、バケットシートに身を埋め・・・。

ステアリングを握り、華奢なシフトを1速に入れたら、アクセルを踏むのです。そこには・・・

ステアリングを握り、華奢なシフトを1速に入れたら、アクセルを踏むのです。そこには・・・

カルロ・アバルトや、サーキットに人生を掛けた先人達の想いが見えるはず・・・。FIAT600 corsa(FIAT ABARTH 850TC conversions)いかがですか?

カルロ・アバルトや、サーキットに人生を掛けた先人達の想いが見えるはず・・・。FIAT600 corsa(FIAT ABARTH 850TC conversions)いかがですか?

一覧ページにもどる