StockList

一覧ページにもどる

ルノー 19 16S

19・・・それは禁断の世界への扉を開く最後のキーワード!ルノー19 16sいかがですか?

1995(平成7)年式ルノー19 16S!数々の名車が生まれた数字ルノーの歴史・・・その有終の美を飾るに相応しいモデル!あの頃のルノーがお好きなら是非とも体験しておくべきクルマかとっ!

年式 1995年8月 排気量 1,764cc シフト 5MT
ROUGE 走行 94,000km 車検 令和4年2月

¥1,280,000

主な装備

委託販売車両になります。詳細はお問い合わせください。

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1995(平成7)年式ルノー19 16S!数々の名車が生まれた数字ルノーの歴史・・・その有終の美を飾るに相応しいモデル!あの頃のルノーがお好きなら是非とも体験しておくべきクルマかとっ!

1995(平成7)年式ルノー19 16S!数々の名車が生まれた数字ルノーの歴史・・・その有終の美を飾るに相応しいモデル!あの頃のルノーがお好きなら是非とも体験しておくべきクルマかとっ!

ルノー19の中でも最もスポーティーな16S!同時期のクリオⅠの16Vと同じパワーユニットと言えば、そのホット度がお分かりいただけるでしょうか。

ルノー19の中でも最もスポーティーな16S!同時期のクリオⅠの16Vと同じパワーユニットと言えば、そのホット度がお分かりいただけるでしょうか。

それに、武骨な印象のクリオⅠとは対照的な、シンプルながらも とても洗練されたエクステリアデザイン!今見ても古さを感じさせない美しさ!

それに、武骨な印象のクリオⅠとは対照的な、シンプルながらも とても洗練されたエクステリアデザイン!今見ても古さを感じさせない美しさ!

一見、目立った特徴のないシンプルなフロントマスクですが、ルノーファンにとっては、心に深く染み込んだ紛れもない「ルケマン顔!」

一見、目立った特徴のないシンプルなフロントマスクですが、ルノーファンにとっては、心に深く染み込んだ紛れもない「ルケマン顔!」

このスペーシーなリアスタイルが何ともいい感じ!この時代ならではの「近未来感」が感じられるユニークなデザイン!

このスペーシーなリアスタイルが何ともいい感じ!この時代ならではの「近未来感」が感じられるユニークなデザイン!

塗装は、過去にオールペイントされているようで、ボディ全体にわたってツヤのある美しい状態!旧車にありがちな色褪せによるパネル毎の色違いも感じません。

塗装は、過去にオールペイントされているようで、ボディ全体にわたってツヤのある美しい状態!旧車にありがちな色褪せによるパネル毎の色違いも感じません。

一番劣化しやすいルーフ塗装もこの通り!しかもコーティングもされているようで、洗車時の水をはじくこと、はじくこと。拭き取りも楽々でした!

一番劣化しやすいルーフ塗装もこの通り!しかもコーティングもされているようで、洗車時の水をはじくこと、はじくこと。拭き取りも楽々でした!

それでは、ルノー好きでもほとんど知らない19のインテリアのご紹介です。どうぞ~!

それでは、ルノー好きでもほとんど知らない19のインテリアのご紹介です。どうぞ~!

とは言っても、そこは実用主義のフランス車!奇を衒わないオーソドックスなデザインを丁寧に造り込んだ印象のインテリアです。

とは言っても、そこは実用主義のフランス車!奇を衒わないオーソドックスなデザインを丁寧に造り込んだ印象のインテリアです。

スポーティーグレードの16Sなので、シートはたっぷりしているのに、サイドサポートもシッカリとした形状のもの!座り心地にこだわるフランス車ならではの出来の良さ!

スポーティーグレードの16Sなので、シートはたっぷりしているのに、サイドサポートもシッカリとした形状のもの!座り心地にこだわるフランス車ならではの出来の良さ!

しかも、この状態の良さ!サイドの革部分にはどうしても若干の使用感はありますが、破れは無く、とても清潔な印象です!

しかも、この状態の良さ!サイドの革部分にはどうしても若干の使用感はありますが、破れは無く、とても清潔な印象です!

使用頻度の低いリアシートに至っては・・・新○時そのもの!・・・大人の事情でハッキリとは言えませんが(苦笑)

使用頻度の低いリアシートに至っては・・・新○時そのもの!・・・大人の事情でハッキリとは言えませんが(苦笑)

25年前ではありますが、既に現代車と変わらないインテリアデザイン!一見、ごく普通のデザインに見えますが、ルノーぽっさがあちこちに・・・細か過ぎて分からないと思いますが(苦笑)

25年前ではありますが、既に現代車と変わらないインテリアデザイン!一見、ごく普通のデザインに見えますが、ルノーぽっさがあちこちに・・・細か過ぎて分からないと思いますが(苦笑)

例えば、ステアリングのセンターパッドの形状はまんま21(ヴァンテ・アン)だし、手前が平らな形状のシフトノブは5(サンク)譲りだし・・・って、そういうとこ見て楽しむのもどうかと思いますが(苦笑)

例えば、ステアリングのセンターパッドの形状はまんま21(ヴァンテ・アン)だし、手前が平らな形状のシフトノブは5(サンク)譲りだし・・・って、そういうとこ見て楽しむのもどうかと思いますが(苦笑)

走行は9.4万km。年式を考えれば少ないと思いますが、走行距離よりは、どういった扱いをされてきた方が重要かと。大量のメンテ記録を見ますと、気になるタイベルは平成30年2月、86,040km時に交換歴有り。その他同時にドライブベルト、Fスプリング、Fハブベアリング、カムオイルシール、クランクオイルシール、プラグコード一式、タペットカバーパッキン等々、多数交換歴があり・・・。

走行は9.4万km。年式を考えれば少ないと思いますが、走行距離よりは、どういった扱いをされてきた方が重要かと。大量のメンテ記録を見ますと、気になるタイベルは平成30年2月、86,040km時に交換歴有り。その他同時にドライブベルト、Fスプリング、Fハブベアリング、カムオイルシール、クランクオイルシール、プラグコード一式、タペットカバーパッキン等々、多数交換歴があり・・・。

更に半年後の平成30年6月、87,760km時にFRショックアブソーバ、更に更に前回車検の令和2年2月、92,464km時にFブレーキパッド、右リアハブベアリング、サーモスタット、水温センサー等交換歴有り!

更に半年後の平成30年6月、87,760km時にFRショックアブソーバ、更に更に前回車検の令和2年2月、92,464km時にFブレーキパッド、右リアハブベアリング、サーモスタット、水温センサー等交換歴有り!

シフトフィールはまんまルノーのそれ!結構遊びが大きいのに、決まれば「カクンッ」と入るあの感じ!

シフトフィールはまんまルノーのそれ!結構遊びが大きいのに、決まれば「カクンッ」と入るあの感じ!

ダッシュ上面にはナビ取付跡があります。こうやって見ると目立ちますが、同様にナビを取付ければ気にならないかと。

ダッシュ上面にはナビ取付跡があります。こうやって見ると目立ちますが、同様にナビを取付ければ気にならないかと。

ステアリングはご覧の程度のスレがあります。これくらいなら塗装で目立たなくなりそうですね。良い革塗料があるので塗っておきま~す。

ステアリングはご覧の程度のスレがあります。これくらいなら塗装で目立たなくなりそうですね。良い革塗料があるので塗っておきま~す。

ドア内張りです。目立つ損傷はありませんが、全体的に薄い汚れはあるでしょうか。でもこの状態ですから、年式を感がえれば大切にされてきたのがお分かりいただけるかと。

ドア内張りです。目立つ損傷はありませんが、全体的に薄い汚れはあるでしょうか。でもこの状態ですから、年式を感がえれば大切にされてきたのがお分かりいただけるかと。

天張りです。端の部分に薄いシミ汚れはありますが、それ以外は垂れや破れも無く、とても良い状態だと思います。

天張りです。端の部分に薄いシミ汚れはありますが、それ以外は垂れや破れも無く、とても良い状態だと思います。

手動のシェードを開ければガラスルーフからの光で明るく開放的に!これだけでも有ると無いとでは大きな違い!

手動のシェードを開ければガラスルーフからの光で明るく開放的に!これだけでも有ると無いとでは大きな違い!

ガラスルーフは電動ポップアップ機能のみでスライドオープンはしませんが、それでも室内の換気には絶大な効果あり!

ガラスルーフは電動ポップアップ機能のみでスライドオープンはしませんが、それでも室内の換気には絶大な効果あり!

ヘッドライト、フォグともにガラスレンズなので、旧車にありがちな白く曇ることもありません。

ヘッドライト、フォグともにガラスレンズなので、旧車にありがちな白く曇ることもありません。

リア面のほとんどを占める樹脂レンズが、90年代レトロ感があって何ともいい感じ!40~50歳代の方には懐かしく落ち着く感じだと思いますが、若者にはむしろ新鮮な印象なんでしょうね。

リア面のほとんどを占める樹脂レンズが、90年代レトロ感があって何ともいい感じ!40~50歳代の方には懐かしく落ち着く感じだと思いますが、若者にはむしろ新鮮な印象なんでしょうね。

現在ホイールは欧州車には定番のspeedline製アルミが装着されています。スッキリと引き締まった印象はスポーティーグレードの16Sにはピッタリ!

現在ホイールは欧州車には定番のspeedline製アルミが装着されています。スッキリと引き締まった印象はスポーティーグレードの16Sにはピッタリ!

タイヤ残山は4~5分山というところでしょうか。当分は交換の必要はなさそうですが、ご成約に合わせて交換ご希望の場合は、格安(タイヤ代のみ、交換工賃サービス!)にてご提供させていただきます。

タイヤ残山は4~5分山というところでしょうか。当分は交換の必要はなさそうですが、ご成約に合わせて交換ご希望の場合は、格安(タイヤ代のみ、交換工賃サービス!)にてご提供させていただきます。

そして、もちろんご覧の貴重なオリジナルホイールも付属します!なんとも特徴的なデザインで好みの別れるところではありますが、レトロな雰囲気を楽しむのであれば断然オリジナルかと!

そして、もちろんご覧の貴重なオリジナルホイールも付属します!なんとも特徴的なデザインで好みの別れるところではありますが、レトロな雰囲気を楽しむのであれば断然オリジナルかと!

まるで軟体生物のような有機的なデザインが印象的ですねぇ。もちろん小キズ程度はありますが、かなり良い状態だと思います。

まるで軟体生物のような有機的なデザインが印象的ですねぇ。もちろん小キズ程度はありますが、かなり良い状態だと思います。

少し重ためのハッチではありますが、開ければやはりハッチバックは使いやすくてとっても便利!容量もタップリで十分な広さです。

少し重ためのハッチではありますが、開ければやはりハッチバックは使いやすくてとっても便利!容量もタップリで十分な広さです。

いざと言うときには、可倒式のリアシートを畳んでしまえば更に広大なスペースに!

いざと言うときには、可倒式のリアシートを畳んでしまえば更に広大なスペースに!

ご覧の工具、ジャッキ、三角表示板、毛バタキも付属します。

ご覧の工具、ジャッキ、三角表示板、毛バタキも付属します。

直列4気筒DOHC16V 1764cc、Max power139ps/6500rpm、Max torque 16.5kg・m/4250rpmを発生するパワーユニット!あのクリオ・ウイリアムスには数値では少し劣るものの、空気抵抗値(cd)0.30のおかげか、加速性能や最高速では上回る実力!

直列4気筒DOHC16V 1764cc、Max power139ps/6500rpm、Max torque 16.5kg・m/4250rpmを発生するパワーユニット!あのクリオ・ウイリアムスには数値では少し劣るものの、空気抵抗値(cd)0.30のおかげか、加速性能や最高速では上回る実力!

ご参考までにFastestLaps.comによると、Clio Williams 0-100km加速 7.8sに対し、Renault19 16S 同タイムの7.8s、同様に1/4mileラップ15.9sに対し15.7s、最高速は215kmに対し226kmとR19の勝利!

ご参考までにFastestLaps.comによると、Clio Williams 0-100km加速 7.8sに対し、Renault19 16S 同タイムの7.8s、同様に1/4mileラップ15.9sに対し15.7s、最高速は215kmに対し226kmとR19の勝利!

そ、そんなに速いクルマだったなんて・・・私も今回調べて初めて知りました。そりゃ楽しいに決まってるぅ~!

そ、そんなに速いクルマだったなんて・・・私も今回調べて初めて知りました。そりゃ楽しいに決まってるぅ~!

でも、そんなスポーティで速いクルマに見えないところが、このR19の良いところ!自虐的ではありますが(苦笑)

でも、そんなスポーティで速いクルマに見えないところが、このR19の良いところ!自虐的ではありますが(苦笑)

速いのは性能の一端で、本質はやはりこの時代のルノーならではのシットリとした乗り味だと思うのです。

速いのは性能の一端で、本質はやはりこの時代のルノーならではのシットリとした乗り味だと思うのです。

毎度言いますが、この時代のルノーは「鉄塊を真綿でくるんだ」ような芯のシッカリしたボディのおかげで、タイヤ、サスペンションはその性能をフルに発揮し・・・。

毎度言いますが、この時代のルノーは「鉄塊を真綿でくるんだ」ような芯のシッカリしたボディのおかげで、タイヤ、サスペンションはその性能をフルに発揮し・・・。

その剛性の高さのおかげで、抜群の直進安定性と、同時にほんの少し舵角を与えるだけで反応するステアリング性能に仕上がっているのだと思うのです。

その剛性の高さのおかげで、抜群の直進安定性と、同時にほんの少し舵角を与えるだけで反応するステアリング性能に仕上がっているのだと思うのです。

「ルノー19」・・・オールドルノー好きにとっては禁断の一言。その響きに胸が高鳴る一方、先の見えない旅路への号砲とも感じられるのが正直なところ・・・。

「ルノー19」・・・オールドルノー好きにとっては禁断の一言。その響きに胸が高鳴る一方、先の見えない旅路への号砲とも感じられるのが正直なところ・・・。

増して、その情報量の少なさ、評価も見えない今となっては、不安が先立ってしまうのは致し方ないところ・・・。

増して、その情報量の少なさ、評価も見えない今となっては、不安が先立ってしまうのは致し方ないところ・・・。

新たな幕開けとともに、消えゆくものがあるのは宿命ですが、でも、ことこのルノー19に関しては決して劣っているからというわけではないと思うのです。

新たな幕開けとともに、消えゆくものがあるのは宿命ですが、でも、ことこのルノー19に関しては決して劣っているからというわけではないと思うのです。

普通なのに異端、繊細なのに力強い、気弱なのに自身タップリ、柔らかいのに強靭・・・言葉にすると不可解ではありますが、それほど奥深い魅力があると言えるのではないかと・・・。

普通なのに異端、繊細なのに力強い、気弱なのに自身タップリ、柔らかいのに強靭・・・言葉にすると不可解ではありますが、それほど奥深い魅力があると言えるのではないかと・・・。

それは、感性でしか垣間見ることが出来ない濃密な数字ルノーの世界。いわば「禁断の世界?!」

それは、感性でしか垣間見ることが出来ない濃密な数字ルノーの世界。いわば「禁断の世界?!」

19・・・それは禁断の世界への扉を開く最後のキーワード!ルノー19 16Sいかがですか?

19・・・それは禁断の世界への扉を開く最後のキーワード!ルノー19 16Sいかがですか?

一覧ページにもどる