StockList

一覧ページにもどる

ルノー 4 GTL

♪Sweet Jane!Sweet Quatre!♪・・・さぁ、そろそろ貴方が演じる番ですよ!

1988(昭和63)年式ルノー4(キャトル)GTL!何とも美味しそうな?!キャトル・・・これはもはや「ヌーベル キュイジーヌ?!」

年式 1988年8月 排気量 1100cc シフト 4MT
Bleu clair 走行 112,000km 車検 平成30年5月

¥980,000

主な装備

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1988(昭和63)年式ルノー4(キャトル)GTL!何とも美味しそうな?!キャトル・・・これはもはや「ヌーベル キュイジーヌ?!」

1988(昭和63)年式ルノー4(キャトル)GTL!何とも美味しそうな?!キャトル・・・これはもはや「ヌーベル キュイジーヌ?!」

食欲をそそられる・・・つまりは本能に響くこの色、このたたずまい!特別な事は何もないのに、何故でしょうね。キャトルの懐の深さを感じられる個体ではないかと・・・。

食欲をそそられる・・・つまりは本能に響くこの色、このたたずまい!特別な事は何もないのに、何故でしょうね。キャトルの懐の深さを感じられる個体ではないかと・・・。

過去にオールペイントされているので、塗装状態は良いと思います。・・・にしても、この色にするセンス・・・ステキです。

過去にオールペイントされているので、塗装状態は良いと思います。・・・にしても、この色にするセンス・・・ステキです。

弊社入庫時、少し劣化を感じるところがありましたので、前後バンパー、左右サイドプロテクターを塗装、グリル、フロントウインカー、ドアミラーを新品交換!・・・なので、このキリッとした顔立ちなのです!

弊社入庫時、少し劣化を感じるところがありましたので、前後バンパー、左右サイドプロテクターを塗装、グリル、フロントウインカー、ドアミラーを新品交換!・・・なので、このキリッとした顔立ちなのです!

このスッキリとしたお尻!何事も物足りないくらいが丁度いいのです!

このスッキリとしたお尻!何事も物足りないくらいが丁度いいのです!

ソリッドの水色なので、色褪せなんかにも比較的強い色です。塗装状態はクリア劣化も無く、ツヤのある状態です。

ソリッドの水色なので、色褪せなんかにも比較的強い色です。塗装状態はクリア劣化も無く、ツヤのある状態です。

一番傷みやすい、ルーフの塗装も、褪せ、剥がれはありません!

一番傷みやすい、ルーフの塗装も、褪せ、剥がれはありません!

キレイな個体ではありますが、気になるところはある訳で・・・弊社入庫時、本来付いていたはずのサイドマーカーが取り外され、少し粗い仕上げの板金で埋められており、凸凹したところがあります。

キレイな個体ではありますが、気になるところはある訳で・・・弊社入庫時、本来付いていたはずのサイドマーカーが取り外され、少し粗い仕上げの板金で埋められており、凸凹したところがあります。

こちら側は、良く見ると、マーカーの下に塗装割れも・・・サイドマーカーは車検に関わる部分なので、弊社で改めて取り付けました。

こちら側は、良く見ると、マーカーの下に塗装割れも・・・サイドマーカーは車検に関わる部分なので、弊社で改めて取り付けました。

とてもキレイな色で、塗装もキッチリと仕上げられているのですが、少し時間は経過しているようで、小キズはいくつかあります。その中でも目立つのがコレ。右リアフェンダー部に、ご覧のタッチアップ補修跡があります。遠目にはほとんど分かりませんが・・・。

とてもキレイな色で、塗装もキッチリと仕上げられているのですが、少し時間は経過しているようで、小キズはいくつかあります。その中でも目立つのがコレ。右リアフェンダー部に、ご覧のタッチアップ補修跡があります。遠目にはほとんど分かりませんが・・・。

グリル、ウインカーは新品、バンパーも塗装済なので、フロントマスクはかなりの好印象かと・・・って言うか、新品だし、塗装済だし、これ以上キレイに出来ませ~ん!

グリル、ウインカーは新品、バンパーも塗装済なので、フロントマスクはかなりの好印象かと・・・って言うか、新品だし、塗装済だし、これ以上キレイに出来ませ~ん!

サイドプロテクターも塗装済!しかも、バランスを考えて、ちゃんとバンパーと同色にしてあります!

サイドプロテクターも塗装済!しかも、バランスを考えて、ちゃんとバンパーと同色にしてあります!

もともとは黒い樹脂製ミラーのGTLですが、やはりこのボディカラーの場合は、このメッキミラーだと思うんですよね、なので思い切って新品交換しちゃいました!これは正解だったぁ~!

もともとは黒い樹脂製ミラーのGTLですが、やはりこのボディカラーの場合は、このメッキミラーだと思うんですよね、なので思い切って新品交換しちゃいました!これは正解だったぁ~!

アメリカ建築の3大巨匠の一人、ルイス・サリバン氏曰く、「形態は機能に従う」・・・まさに、そのものずばりのインテリアへ、どうぞご覧ください~!

アメリカ建築の3大巨匠の一人、ルイス・サリバン氏曰く、「形態は機能に従う」・・・まさに、そのものずばりのインテリアへ、どうぞご覧ください~!

確かに、機構的には単純だけど確実なシフトレバーだし、物入れだってあるし、ドアの開閉はこれで十分だし、ガラスの開閉も・・・まんま「形態は機能に従う」だぁ~!

確かに、機構的には単純だけど確実なシフトレバーだし、物入れだってあるし、ドアの開閉はこれで十分だし、ガラスの開閉も・・・まんま「形態は機能に従う」だぁ~!

シートだって、簡単な造りだけど、柔らかい乗り心地を求めたら、おそらくこのシートになるはず!

シートだって、簡単な造りだけど、柔らかい乗り心地を求めたら、おそらくこのシートになるはず!

しかも、ご覧の状態!ビニール部分は、ヒビ割の無いモッチモチ状態なので、夏に短パンで乗っても、「痛てててっ!」ってならない~!(笑)

しかも、ご覧の状態!ビニール部分は、ヒビ割の無いモッチモチ状態なので、夏に短パンで乗っても、「痛てててっ!」ってならない~!(笑)

前2席は張り替えてから、それほど時間も経っていない様ですね。こんな良い状態のキャトルのシート、久々に見ました!

前2席は張り替えてから、それほど時間も経っていない様ですね。こんな良い状態のキャトルのシート、久々に見ました!

リアシートはオリジナルのままの様です。前席と比べると、ビニール部分に少し質感の違いがありますが、かなりの年数が経過している事を考えれば当然と言えば当然かと・・・もちろん、破れや割れ、ステッチのホツレもありません。

リアシートはオリジナルのままの様です。前席と比べると、ビニール部分に少し質感の違いがありますが、かなりの年数が経過している事を考えれば当然と言えば当然かと・・・もちろん、破れや割れ、ステッチのホツレもありません。

決して、広くも無いし、豪華、高級でも無いのですが・・・なんて言うか・・・え~っと・・・そうっ!「真冬のコタツ!」・・・え~、つまり。

決して、広くも無いし、豪華、高級でも無いのですが・・・なんて言うか・・・え~っと・・・そうっ!「真冬のコタツ!」・・・え~、つまり。

コタツに座って、必要なものが、すべて手の届く範囲にある幸せって言うか・・・(苦笑)

コタツに座って、必要なものが、すべて手の届く範囲にある幸せって言うか・・・(苦笑)

実走行11.2万km!過去の大量の記録簿を見ますと間違いないようです。また近々の主な整備記録をご参考までに記載しますと・・・平成26年4月、ドライブシャフトブーツアウター左右交換、右ロワーボールジョイント交換、ミッションマウント交換、バッテリー交換、平成26年8月、77,760km、フライホイール研磨、クラッチ板交換、デスビキャップ交換、プラグコード交換、クランクシール、カムシール交換、スターターモーター交換、クラッチワイヤー交換、シフトレバーリンクブッシュ交換、シフトレバーブーツ交換、マフラーフロントパイプ吊りゴム交換・・・。

実走行11.2万km!過去の大量の記録簿を見ますと間違いないようです。また近々の主な整備記録をご参考までに記載しますと・・・平成26年4月、ドライブシャフトブーツアウター左右交換、右ロワーボールジョイント交換、ミッションマウント交換、バッテリー交換、平成26年8月、77,760km、フライホイール研磨、クラッチ板交換、デスビキャップ交換、プラグコード交換、クランクシール、カムシール交換、スターターモーター交換、クラッチワイヤー交換、シフトレバーリンクブッシュ交換、シフトレバーブーツ交換、マフラーフロントパイプ吊りゴム交換・・・。

更に、平成26年9月、左リアホイールシリンダー交換、左右リアブレーキシュー交換、ブレーキマスターシリンダー交換、平成27年6月、85,613km、エキマニ面研、マニホールドガスケット交換、プーリ―交換、ベルト交換、フロントハブベアリング交換、キャニスターブリーザーホース交換・・・え~と、画像の通り、本車両は、クーラーも装備!しかも、これなら夏も怖くない!ってくらい、チョ~冷えてます!

更に、平成26年9月、左リアホイールシリンダー交換、左右リアブレーキシュー交換、ブレーキマスターシリンダー交換、平成27年6月、85,613km、エキマニ面研、マニホールドガスケット交換、プーリ―交換、ベルト交換、フロントハブベアリング交換、キャニスターブリーザーホース交換・・・え~と、画像の通り、本車両は、クーラーも装備!しかも、これなら夏も怖くない!ってくらい、チョ~冷えてます!

え~と更に、交換歴の続きです。平成28年3月、95,098km、フロントブレーキパッド交換、ブレーキオイル交換、LLC交換、ラジエターアッパー&ロワーホース交換、ヒーターホースIN&OUT交換、平成28年5月、左ドライブシャフト交換、アイドルジェット40→50へ交換、平成28年6月、右デフサイドシール交換、ミッションオイル交換、リアハブベアリング左右交換等々・・・。あっ、ETCももちろん装備です!

え~と更に、交換歴の続きです。平成28年3月、95,098km、フロントブレーキパッド交換、ブレーキオイル交換、LLC交換、ラジエターアッパー&ロワーホース交換、ヒーターホースIN&OUT交換、平成28年5月、左ドライブシャフト交換、アイドルジェット40→50へ交換、平成28年6月、右デフサイドシール交換、ミッションオイル交換、リアハブベアリング左右交換等々・・・。あっ、ETCももちろん装備です!

ふ~、疲れた~、交換した主な部品だけでこれだけあります。消耗品のエンジンオイル交換や、点検、調整等は記載してありません、。オーナー様がご購入されてからの、この3年間に、ほぼすべてに亘って仕上げられたのがお判りいただけるかと・・・ちなみに、それらの金額を合計すると・・・ひえぇぇえ~!ほぼ車両価格やんけぇぇえ~!・・・あっ、画像はフロントドアの内張りです。それなりに劣化は感じますが、目立つ汚れ、損傷はありません。

ふ~、疲れた~、交換した主な部品だけでこれだけあります。消耗品のエンジンオイル交換や、点検、調整等は記載してありません、。オーナー様がご購入されてからの、この3年間に、ほぼすべてに亘って仕上げられたのがお判りいただけるかと・・・ちなみに、それらの金額を合計すると・・・ひえぇぇえ~!ほぼ車両価格やんけぇぇえ~!・・・あっ、画像はフロントドアの内張りです。それなりに劣化は感じますが、目立つ汚れ、損傷はありません。

あ~、ビックリした・・・このキャトル、アウトレーヴで良くある、「仕上げて満足しました物件!」の典型ですね。・・・え~と、画像のリアドアの内張りも目立つ汚れ、損傷はありません。ドア周りのウェザーストリップも張り替えてあるようです。

あ~、ビックリした・・・このキャトル、アウトレーヴで良くある、「仕上げて満足しました物件!」の典型ですね。・・・え~と、画像のリアドアの内張りも目立つ汚れ、損傷はありません。ドア周りのウェザーストリップも張り替えてあるようです。

天張りも、薄汚れはありますが、不潔な感じはありません。弊社入庫時、タバコ臭がありましたが、室内清掃、脱臭処理で、今はほとんど気にならないと思います。

天張りも、薄汚れはありますが、不潔な感じはありません。弊社入庫時、タバコ臭がありましたが、室内清掃、脱臭処理で、今はほとんど気にならないと思います。

ご覧の通り、ヘッドライトも酷い劣化はありません。その他は、新品なので、何も言う事は・・・。

ご覧の通り、ヘッドライトも酷い劣化はありません。その他は、新品なので、何も言う事は・・・。

特徴的なリアレンズも、もちろん割れはありません。燃料タンクキャップも、純正の黒いものから、クローム製のものに交換済!

特徴的なリアレンズも、もちろん割れはありません。燃料タンクキャップも、純正の黒いものから、クローム製のものに交換済!

純正の鉄ッチンホイールも過去に塗装されており、比較的キレイな状態です。一部、キズの補修跡がありますが、ほとんど気にならない程度です。

純正の鉄ッチンホイールも過去に塗装されており、比較的キレイな状態です。一部、キズの補修跡がありますが、ほとんど気にならない程度です。

そのキズが、これ。これくらいは許容範囲かと・・・。

そのキズが、これ。これくらいは許容範囲かと・・・。

タイヤ残溝はご覧の通り。6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要はなさそうですが、交換したとしても安価なタイヤですので、おサイフにもやさしいですよ~、奥さ~ん!(笑)

タイヤ残溝はご覧の通り。6~7分山というところでしょうか。当分交換の必要はなさそうですが、交換したとしても安価なタイヤですので、おサイフにもやさしいですよ~、奥さ~ん!(笑)

実用車の本領発揮!このボディサイズでこれだけのラゲッジスペースは優秀ですよね。残念ながらラゲッジトレーは紛失しておりますが、もともと簡素なトレーなので、それほどお困りになる事も無いかと・・・。

実用車の本領発揮!このボディサイズでこれだけのラゲッジスペースは優秀ですよね。残念ながらラゲッジトレーは紛失しておりますが、もともと簡素なトレーなので、それほどお困りになる事も無いかと・・・。

トランク床面です。酷いサビ、修復跡なんかも無いのがお判りいただけると思います。

トランク床面です。酷いサビ、修復跡なんかも無いのがお判りいただけると思います。

オーソドックスな構造故の丈夫なエンジン!フランス実用車らしく、低回転からトルクフルだし、特に、こういうメンテナンスの行き届いた調子の良いエンジンは、ホント乗りやすいです。走りだって、現代車と比べても、軽い車重(700kg)のおかげで、むしろ出足は早いくらいなのです!

オーソドックスな構造故の丈夫なエンジン!フランス実用車らしく、低回転からトルクフルだし、特に、こういうメンテナンスの行き届いた調子の良いエンジンは、ホント乗りやすいです。走りだって、現代車と比べても、軽い車重(700kg)のおかげで、むしろ出足は早いくらいなのです!

そして、前述の交換歴にもありましたが、本車両の状態を端的に物語るのがこれ!キャトルの唯一と言っていい弱点が、このベルトがちゃんと機能するかどうかなのですが、オリジナルの細いVベルトから、エンジン、ウォーターポンプ、オルタネーター、コンプレッサーの、すべてのプーリ―ごと、幅広のリブベルトに交換対策済!こういうところまで気を使って仕上げてあるキャトルなのです!

そして、前述の交換歴にもありましたが、本車両の状態を端的に物語るのがこれ!キャトルの唯一と言っていい弱点が、このベルトがちゃんと機能するかどうかなのですが、オリジナルの細いVベルトから、エンジン、ウォーターポンプ、オルタネーター、コンプレッサーの、すべてのプーリ―ごと、幅広のリブベルトに交換対策済!こういうところまで気を使って仕上げてあるキャトルなのです!

エンジン下面です。もちろん経年汚れはありますが、酷いオイル漏れ、損傷が無いのが、お判りいただけると思います。

エンジン下面です。もちろん経年汚れはありますが、酷いオイル漏れ、損傷が無いのが、お判りいただけると思います。

トランク下面です。ほとんど使われていなかったんでしょうね、スペアタイヤにサビはありますが、ボディに目立つサビ、損傷はありません。むしろマフラーの状態なんかは、ご安心いただけるのではないかと・・・。

トランク下面です。ほとんど使われていなかったんでしょうね、スペアタイヤにサビはありますが、ボディに目立つサビ、損傷はありません。むしろマフラーの状態なんかは、ご安心いただけるのではないかと・・・。

30年も経過した旧車なので、ご覧いただいてきたように、もちろん気になる点もあるのですが、これだけ、機関の細部に亘って手の入ったキャトルも珍しいのではないかと・・・。

30年も経過した旧車なので、ご覧いただいてきたように、もちろん気になる点もあるのですが、これだけ、機関の細部に亘って手の入ったキャトルも珍しいのではないかと・・・。

キャトルは過去に数多く見てきた私ですが、この雰囲気、機関面ともに、単に仕上げた良さと言うより、共に生きてきた良さを感じる個体なのです。

キャトルは過去に数多く見てきた私ですが、この雰囲気、機関面ともに、単に仕上げた良さと言うより、共に生きてきた良さを感じる個体なのです。

それは実用車としては、最も大切なことではないかと思うのです。だって、飾って置くクルマではないし、日常の足として、ドライブにだって行くし・・・。

それは実用車としては、最も大切なことではないかと思うのです。だって、飾って置くクルマではないし、日常の足として、ドライブにだって行くし・・・。

スーパーにだって買い物にいくし、お子様の送り迎えだって・・・そういう生活の一部に溶け込んでこその実用車なのですから。

スーパーにだって買い物にいくし、お子様の送り迎えだって・・・そういう生活の一部に溶け込んでこその実用車なのですから。

唐突ではありますが、あのルー・リードの名曲「Sweet Jane」にこんな一節が・・・。

唐突ではありますが、あのルー・リードの名曲「Sweet Jane」にこんな一節が・・・。

『それに人生なんて死ぬためにあるんだ。 でも言っておくことがあるよ。』
『いちど心を持ってしまったら、それをぶち壊しになんかできない。』
『いちど役を演じてしまったら、それを嫌になることなんかできない。』

『それに人生なんて死ぬためにあるんだ。 でも言っておくことがあるよ。』
『いちど心を持ってしまったら、それをぶち壊しになんかできない。』
『いちど役を演じてしまったら、それを嫌になることなんかできない。』

そう、いちどキャトルを知ってしまうと、必ず心を奪われるような時間を経験するはず!それを忘れる事も、ぶち壊す事も出来ないと思うし・・・。

そう、いちどキャトルを知ってしまうと、必ず心を奪われるような時間を経験するはず!それを忘れる事も、ぶち壊す事も出来ないと思うし・・・。

「キャトルとの生活」と言う舞台で、主役を演じてしまえば、将来、例え違うクルマに乗り換えたとしても、その役を嫌いになんてなれないのではないかと・・・。

「キャトルとの生活」と言う舞台で、主役を演じてしまえば、将来、例え違うクルマに乗り換えたとしても、その役を嫌いになんてなれないのではないかと・・・。

♪Sweet Jane!Sweet Quatre!♪・・・さぁ、そろそろ貴方が演じる番ですよ!

♪Sweet Jane!Sweet Quatre!♪・・・さぁ、そろそろ貴方が演じる番ですよ!

一覧ページにもどる