StockList

一覧ページにもどる

ルノー 4 GTL

貴方が切るハンドルで、貴方が踏むアクセルで・・・キャトル画伯はきっと素晴らしい名画を見せてくれるはず!いかがですかルノー4GTL!

1987(昭和58)年式 ルノー4GTL!くたびれたキャトルを愛情込めて仕上げました!まだまだ状態はそれなりですが、やっと喜びの表情を取り戻したのではないかと・・・そんな風に感じていただける方、是非、里親になってくださ~い!

年式 1983年3月 排気量 1100cc シフト 4MT
ライトグリーン 走行 旧車のため不明 車検 なし

¥760,000

主な装備

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)

1987(昭和58)年式 ルノー4GTL!くたびれたキャトルを愛情込めて仕上げました!まだまだ状態はそれなりですが、やっと喜びの表情を取り戻したのではないかと・・・そんな風に感じていただける方、是非、里親になってくださ~い!

1987(昭和58)年式 ルノー4GTL!くたびれたキャトルを愛情込めて仕上げました!まだまだ状態はそれなりですが、やっと喜びの表情を取り戻したのではないかと・・・そんな風に感じていただける方、是非、里親になってくださ~い!

まるで汚れて傷ついた保護犬の心を開くかのように、ちょっとづつ、ちょっとづつ仕上げて、ようやくここまでの状態に!長い道のりではありましたが、この薄~い若草色の毛並み・・・失礼!ボディカラーがかわいかったんだも~ん(笑)

まるで汚れて傷ついた保護犬の心を開くかのように、ちょっとづつ、ちょっとづつ仕上げて、ようやくここまでの状態に!長い道のりではありましたが、この薄~い若草色の毛並み・・・失礼!ボディカラーがかわいかったんだも~ん(笑)

もっと事務的に、あれもこれも新しくしてしまえば、もう少し程度は良くなるのかもしれませんが、こと、キャトルに関しては、真新しくすることだけが、正しい方法ではないと思うので・・・。

もっと事務的に、あれもこれも新しくしてしまえば、もう少し程度は良くなるのかもしれませんが、こと、キャトルに関しては、真新しくすることだけが、正しい方法ではないと思うので・・・。

冒頭でも言いましたが、こんな「喜びの表情」が何より大切ではないかと思うのです。

冒頭でも言いましたが、こんな「喜びの表情」が何より大切ではないかと思うのです。

ちなみにこの個体、正規ディーラー物なので、いくつか特徴が・・・まずは珍しいルーフ全面フルオープンのキャンバストップ!それにウインドウのサッシがメッキなのと、エアインテークの取り込み口に夏冬切り替えレバーが付いていたり等々・・・後で改めてご説明しますね。

ちなみにこの個体、正規ディーラー物なので、いくつか特徴が・・・まずは珍しいルーフ全面フルオープンのキャンバストップ!それにウインドウのサッシがメッキなのと、エアインテークの取り込み口に夏冬切り替えレバーが付いていたり等々・・・後で改めてご説明しますね。

塗装は元々は白だったのを、この薄い若草色に塗り替えてあります。塗装の質はあまり良くないのですが、磨き込んだら、なんとかこの状態に!小ヤレ、小キズなんか気にしない!っていう方なら、むしろこの雰囲気タップリのキャトルは良いかも!

塗装は元々は白だったのを、この薄い若草色に塗り替えてあります。塗装の質はあまり良くないのですが、磨き込んだら、なんとかこの状態に!小ヤレ、小キズなんか気にしない!っていう方なら、むしろこの雰囲気タップリのキャトルは良いかも!

ルーフ全面フルオープンのキャンバストップですが、かなりのヤレが・・・もちろん張替するのがベストですが、ほつれはあるものの破れはないので、悩むところ・・・もちろんご希望があれば張替も可能です!

ルーフ全面フルオープンのキャンバストップですが、かなりのヤレが・・・もちろん張替するのがベストですが、ほつれはあるものの破れはないので、悩むところ・・・もちろんご希望があれば張替も可能です!

「喜びの表情」に欠かせないのが、このウインドウモール!たかがモールですが、この輝きは効果絶大!

「喜びの表情」に欠かせないのが、このウインドウモール!たかがモールですが、この輝きは効果絶大!

もちろんリアウインドウモールも交換済!見た目がシャキッとするのもそうですが、何より、気持ちがスッキリ!それが大事なのです!

もちろんリアウインドウモールも交換済!見た目がシャキッとするのもそうですが、何より、気持ちがスッキリ!それが大事なのです!

ウインドウモールに加え、正規ディーラー車だけのサイドウインドウのメッキのサッシ、ルーフのメッキモールと、輝くところが輝くだけで、こんなにも生き生きとした印象に!

ウインドウモールに加え、正規ディーラー車だけのサイドウインドウのメッキのサッシ、ルーフのメッキモールと、輝くところが輝くだけで、こんなにも生き生きとした印象に!

それから、簡易塗装ではありますが、バンパーも塗装済!良く見ると以前の塗装跡とかありますが、この状態なら十分ですよね。

それから、簡易塗装ではありますが、バンパーも塗装済!良く見ると以前の塗装跡とかありますが、この状態なら十分ですよね。

もちろんリアバンパーも塗装済!ボディカラーとのバランスもいい感じに仕上がりました!

もちろんリアバンパーも塗装済!ボディカラーとのバランスもいい感じに仕上がりました!

そして、GTLの特徴でもある、このサイドプレートも塗装済!元々は無塗装のプラ素材なので、バンパーとは、あえて違うグレーで、素材感を生かしました!←細か過ぎ?!

そして、GTLの特徴でもある、このサイドプレートも塗装済!元々は無塗装のプラ素材なので、バンパーとは、あえて違うグレーで、素材感を生かしました!←細か過ぎ?!

ここで、気になるけど、この個体の歴史とも言えるキズ、凹み、劣化箇所をいくつか・・・左上:左Fフェンダーにキズ及び塗装ムラ、右上:ボンネットに塗装ハゲ?ムラ?、左下:キャンバストップのほつれ、右下:キャンバストップの継目に接着剤?で防水処理?さらに・・・

ここで、気になるけど、この個体の歴史とも言えるキズ、凹み、劣化箇所をいくつか・・・左上:左Fフェンダーにキズ及び塗装ムラ、右上:ボンネットに塗装ハゲ?ムラ?、左下:キャンバストップのほつれ、右下:キャンバストップの継目に接着剤?で防水処理?さらに・・・

左上:右Fフェンダーに塗装ムラ、右上:左リアドアにキズ、左下:左リアドアに凹み、右下:左Fフェンダーにゆがみ、等々、細かく見ればまだまだありますが、個人的には許容出来る範囲なのではないかと・・・。

左上:右Fフェンダーに塗装ムラ、右上:左リアドアにキズ、左下:左リアドアに凹み、右下:左Fフェンダーにゆがみ、等々、細かく見ればまだまだありますが、個人的には許容出来る範囲なのではないかと・・・。

でも、そんな気になるところばかりではありません!それでは、この個体のアピールポイントの説明、いきま~す!

でも、そんな気になるところばかりではありません!それでは、この個体のアピールポイントの説明、いきま~す!

まずは、何と言ってもこの真新しいシート!それもそのはず、私、自ら、せっせと新品カバーを張替しました~!業者さんに頼めば楽なのですが、コストを抑えるのと、シートの中身の状態を知っておきたかったので・・・。

まずは、何と言ってもこの真新しいシート!それもそのはず、私、自ら、せっせと新品カバーを張替しました~!業者さんに頼めば楽なのですが、コストを抑えるのと、シートの中身の状態を知っておきたかったので・・・。

そのおかげで、シートフレームにサビの無いことや、ウレタンもちゃんと崩壊せず?!形状を保った柔らかい状態だったのが確認出来ました。これで肌触りの良い、気持ち良いシートに生まれ変わりました~!

そのおかげで、シートフレームにサビの無いことや、ウレタンもちゃんと崩壊せず?!形状を保った柔らかい状態だったのが確認出来ました。これで肌触りの良い、気持ち良いシートに生まれ変わりました~!

しかも、入手したこの新品カバー、純正の布一枚、ビニール一枚のものと違って、裏地に薄いウレタンが付いているので、カバー自体に柔らかさがあるもっちりしたもの!これは良い~!

しかも、入手したこの新品カバー、純正の布一枚、ビニール一枚のものと違って、裏地に薄いウレタンが付いているので、カバー自体に柔らかさがあるもっちりしたもの!これは良い~!

ヘッドレストカバーは交換するのではなく、元のカバーはそのままに、上から被せるタイプです。これもウレタン裏地なので柔らか~!サイズが少し大きめに作られているので、シワがよってしまうのはご愛嬌でしょうか。

ヘッドレストカバーは交換するのではなく、元のカバーはそのままに、上から被せるタイプです。これもウレタン裏地なので柔らか~!サイズが少し大きめに作られているので、シワがよってしまうのはご愛嬌でしょうか。

リアシートももちろん張替ました!簡単そうに見えて、実はこれ結構な作業・・・リアシートは座面、背面を全バラシしなければならないので、ついでに・・・

リアシートももちろん張替ました!簡単そうに見えて、実はこれ結構な作業・・・リアシートは座面、背面を全バラシしなければならないので、ついでに・・・

リアシート背面パネルも塗装して、更についでに・・・

リアシート背面パネルも塗装して、更についでに・・・

ラゲッジトレイも塗装しました~!シート張替しようと思ったばかりに、こんなところまで・・・こうやって作業は増えていくのですぅ~(旧車あるある・笑)

ラゲッジトレイも塗装しました~!シート張替しようと思ったばかりに、こんなところまで・・・こうやって作業は増えていくのですぅ~(旧車あるある・笑)

それから、ある意味、この個体の一番のアピールポイントと言えるのがコレ!どのキャトルにも床面に若干のサビはあるものですが、この個体もやはり結構サビがあって、それを見てしまったもんだから、気になって気になって・・・で、鉄板を
溶接で貼りました!←やり過ぎ?

それから、ある意味、この個体の一番のアピールポイントと言えるのがコレ!どのキャトルにも床面に若干のサビはあるものですが、この個体もやはり結構サビがあって、それを見てしまったもんだから、気になって気になって・・・で、鉄板を
溶接で貼りました!←やり過ぎ?

ついでに、室内の床面をサビ留め塗装後、サビの温床になっていた防振マットも新品に張替済!・・・う~ん、明らかにやり過ぎたかも・・・(苦笑)でも、これで何もしてない個体よりは、はるかにサビに対してのアドバンテージになったのではないかと・・・。

ついでに、室内の床面をサビ留め塗装後、サビの温床になっていた防振マットも新品に張替済!・・・う~ん、明らかにやり過ぎたかも・・・(苦笑)でも、これで何もしてない個体よりは、はるかにサビに対してのアドバンテージになったのではないかと・・・。

・・・と、サビについて熱く語ったところでダッシュパネルです(笑)改めて見てみると、小物入れの多さにビックリしますね、実用車の面目躍如!というところでしょうか・・・お馴染みのハンドル横のシフトレバーも、やっぱり使いやすい!

・・・と、サビについて熱く語ったところでダッシュパネルです(笑)改めて見てみると、小物入れの多さにビックリしますね、実用車の面目躍如!というところでしょうか・・・お馴染みのハンドル横のシフトレバーも、やっぱり使いやすい!

シンプルこの上ないメーターパネル!これで必要なものは全部ありますが、何か?的な・・・。

シンプルこの上ないメーターパネル!これで必要なものは全部ありますが、何か?的な・・・。

オドメーターはご覧の距離ですが、旧車のため走行不明とさせていただきました。それにしても、毎度このメーターを見る度、思いますが、見やすく、機能的なのに、こんなにPOPなデザインのメーターって他に?

オドメーターはご覧の距離ですが、旧車のため走行不明とさせていただきました。それにしても、毎度このメーターを見る度、思いますが、見やすく、機能的なのに、こんなにPOPなデザインのメーターって他に?

運転席の膝元にオーディオとETCを装備。オーディオはカロッツェリア製のMVH-390、USB入力端子でスマホの音楽データを手軽に再生!

運転席の膝元にオーディオとETCを装備。オーディオはカロッツェリア製のMVH-390、USB入力端子でスマホの音楽データを手軽に再生!

前ドア内張りです。経年での薄汚れは目立ちますが、酷い破れはありません。キャトルでは設置場所に困るオーディオスピーカーもうまく収まっています。

前ドア内張りです。経年での薄汚れは目立ちますが、酷い破れはありません。キャトルでは設置場所に困るオーディオスピーカーもうまく収まっています。

それから忘れちゃいけないのがコレ!キャトルでは必ず劣化してしまうドア周りのインナーゴムをすべて新品張替済です!見栄えが良くなるのはもちろんですが、ドアのガタツキを抑え、隙間を埋めて、外気や雨の浸入を防ぐ、れっきとした機能部品なのです!

それから忘れちゃいけないのがコレ!キャトルでは必ず劣化してしまうドア周りのインナーゴムをすべて新品張替済です!見栄えが良くなるのはもちろんですが、ドアのガタツキを抑え、隙間を埋めて、外気や雨の浸入を防ぐ、れっきとした機能部品なのです!

リアドア内張りです。使用頻度が少なかったせいでしょうか、前ドアに比べれば汚れも少ない状態です。

リアドア内張りです。使用頻度が少なかったせいでしょうか、前ドアに比べれば汚れも少ない状態です。

そして、もちろんリアドアもインナーゴムは新品張替済!う~んこれは気持ち良い!

そして、もちろんリアドアもインナーゴムは新品張替済!う~んこれは気持ち良い!

そして更に、もうひとつのドア・・・そう、リアハッチドア周りのインナーゴムも新品張替済!ハッチ下辺は外から見えるところですからね。(外観画像参照してね)

そして更に、もうひとつのドア・・・そう、リアハッチドア周りのインナーゴムも新品張替済!ハッチ下辺は外から見えるところですからね。(外観画像参照してね)

リアドアのガタツキはキャトルでは良くある症状ですが、これで心配無し!

リアドアのガタツキはキャトルでは良くある症状ですが、これで心配無し!

幌内側です。こんなにキレイだから交換するの悩むのです。どうせならボロボロだったら悩まないのに~!←いやいや、それ何か違う(笑)

幌内側です。こんなにキレイだから交換するの悩むのです。どうせならボロボロだったら悩まないのに~!←いやいや、それ何か違う(笑)

ヘッドライトはもちろんイエローバルブ!反射板の劣化もほとんど無く、クリアーな状態です。ウインカーレンズは少し汚れがありますが、もちろん割れはありません!

ヘッドライトはもちろんイエローバルブ!反射板の劣化もほとんど無く、クリアーな状態です。ウインカーレンズは少し汚れがありますが、もちろん割れはありません!

特徴的なリアレンズも、割れはもちろん、目立つ色褪せもありません。

特徴的なリアレンズも、割れはもちろん、目立つ色褪せもありません。

そして、コレも大事なアピールポイント!当時のオプションホイールですが、色褪せしてたので純正同様に2トーンカラーで再塗装済!これ塗るの、見ただけでもめんどくさそうでしょ?マスキングの鬼!?になって頑張った結果・・・ご覧の状態に!

そして、コレも大事なアピールポイント!当時のオプションホイールですが、色褪せしてたので純正同様に2トーンカラーで再塗装済!これ塗るの、見ただけでもめんどくさそうでしょ?マスキングの鬼!?になって頑張った結果・・・ご覧の状態に!

タイヤサイズは135/80R13、軽自動車用の良くあるタイヤなので困る事はありません。現在、ご覧の通り5~6分山ですが、若干ヒビが見受けられるので、ここは思い切って、ご成約いただきましたらタイヤ4本交換サービスします!

タイヤサイズは135/80R13、軽自動車用の良くあるタイヤなので困る事はありません。現在、ご覧の通り5~6分山ですが、若干ヒビが見受けられるので、ここは思い切って、ご成約いただきましたらタイヤ4本交換サービスします!

ラゲッジルームはご覧の広さ!ガバッと開くハッチバックで、メッチャ使いやすい!さすが実用性にこだわるフランス車!ですね。

ラゲッジルームはご覧の広さ!ガバッと開くハッチバックで、メッチャ使いやすい!さすが実用性にこだわるフランス車!ですね。

このサイズのボディで、このラゲッジの広さですから、大したものです。更にリアシートをたためば広大な広さに!

このサイズのボディで、このラゲッジの広さですから、大したものです。更にリアシートをたためば広大な広さに!

水冷直列4気筒OHV、1108 cc、最大出力34PS/4000 rpm、最大トルク7.5 kgm/2500 rpm。こんな非力で大丈夫なの?って思ってしまいますが、乗ったらそんな心配は一気に吹き飛ぶほどの痛快さ!車両重量700kgとチョ~軽量なおかげで、むしろ街中ではキビキビと走るドライビングマシ~ンなのです!

水冷直列4気筒OHV、1108 cc、最大出力34PS/4000 rpm、最大トルク7.5 kgm/2500 rpm。こんな非力で大丈夫なの?って思ってしまいますが、乗ったらそんな心配は一気に吹き飛ぶほどの痛快さ!車両重量700kgとチョ~軽量なおかげで、むしろ街中ではキビキビと走るドライビングマシ~ンなのです!

これ見ただけでもご安心いただけると思いますが、機関周りの整備内容を記載しますと、デスビ本体(バキュームホース新設)、デスビキャップ及びローター、プラグ、イグニッションコイル、オルタネーター、ベルト、クラッチワイヤー、ステアリングラックブーツ左右、タイロッドエンドブーツ左右、マフラーマウント、フューエルポンプマウント、シフトブッシュ一式、EGオイル、オイルフィルター、T/Mオイル、ブレーキフルード、エアーエレメント、フューエルフィルターをすべて交換済!←またまたやり過ぎたかも・・・(苦笑)

これ見ただけでもご安心いただけると思いますが、機関周りの整備内容を記載しますと、デスビ本体(バキュームホース新設)、デスビキャップ及びローター、プラグ、イグニッションコイル、オルタネーター、ベルト、クラッチワイヤー、ステアリングラックブーツ左右、タイロッドエンドブーツ左右、マフラーマウント、フューエルポンプマウント、シフトブッシュ一式、EGオイル、オイルフィルター、T/Mオイル、ブレーキフルード、エアーエレメント、フューエルフィルターをすべて交換済!←またまたやり過ぎたかも・・・(苦笑)

これがディーラー車の特徴のひとつ。エアインテークの吸気口が夏冬切り替え式になってます。並行車ではホースを差し換えるようになっていて、そちらのほうが簡単なのですが・・・それを言っちゃぁ・・・(笑)

これがディーラー車の特徴のひとつ。エアインテークの吸気口が夏冬切り替え式になってます。並行車ではホースを差し換えるようになっていて、そちらのほうが簡単なのですが・・・それを言っちゃぁ・・・(笑)

え~、それではここでおさらいを・・・弊社入庫後、実施した内容は、まずは前後バンパー簡易塗装、サイドプレート簡易塗装、リアハッチを含む全ドアのインナーゴム交換、前後ウインドウメッキモール交換、ルーフメッキモール取付・・・そして。

え~、それではここでおさらいを・・・弊社入庫後、実施した内容は、まずは前後バンパー簡易塗装、サイドプレート簡易塗装、リアハッチを含む全ドアのインナーゴム交換、前後ウインドウメッキモール交換、ルーフメッキモール取付・・・そして。

全ホイールを純正通りの2トーン塗装、前席床面のサビ留め処置後、鉄板溶接貼り、及び室内床面の防音・防振シート張替、全シート脱着・分解してのシートカバー新品張替、リアシートバックパネル塗装、ラゲッジトレイ塗装・・・更にそれに加え、前述の通り、機関周りの交換部品多数!

全ホイールを純正通りの2トーン塗装、前席床面のサビ留め処置後、鉄板溶接貼り、及び室内床面の防音・防振シート張替、全シート脱着・分解してのシートカバー新品張替、リアシートバックパネル塗装、ラゲッジトレイ塗装・・・更にそれに加え、前述の通り、機関周りの交換部品多数!

え~っと、ここまででコストは・・・うっ!またまた、やってもうた~!(泣)でも、そのおかげで、こうやってまた新たに元気なキャトルが生まれたんですからね。良しとしましょう!

え~っと、ここまででコストは・・・うっ!またまた、やってもうた~!(泣)でも、そのおかげで、こうやってまた新たに元気なキャトルが生まれたんですからね。良しとしましょう!

振り返れば過去にキャトルは数えきれないほど扱ってきましたが、誕生から長い年月を経ていることもあり、その状態やクセ、それらが醸し出す個性はいろいろ・・・。

振り返れば過去にキャトルは数えきれないほど扱ってきましたが、誕生から長い年月を経ていることもあり、その状態やクセ、それらが醸し出す個性はいろいろ・・・。

ロックミュージシャンのように、エネルギーに溢れたパワフルなキャトルもあれば、良家の子女のように、とっても御淑やかで上品なキャトルも・・・。

ロックミュージシャンのように、エネルギーに溢れたパワフルなキャトルもあれば、良家の子女のように、とっても御淑やかで上品なキャトルも・・・。

今回ご紹介するこのキャトルはと言えば・・・う~ん、「画家のようなキャトル」と言うのが近い気がします・・・それは・・・。

今回ご紹介するこのキャトルはと言えば・・・う~ん、「画家のようなキャトル」と言うのが近い気がします・・・それは・・・。

少し気難しく、身なりも気にせず筆を走らせることだけに没頭し、自分にとって本当に大事なものだけを追い求めている姿・・・それと似たものをこのキャトルには感じるのです。

少し気難しく、身なりも気にせず筆を走らせることだけに没頭し、自分にとって本当に大事なものだけを追い求めている姿・・・それと似たものをこのキャトルには感じるのです。

そういう意味では、更に極端な言い方をすれば、このキャトルを駆ることって、画家が絵を描くのと似ている行為なのではないかと・・・。

そういう意味では、更に極端な言い方をすれば、このキャトルを駆ることって、画家が絵を描くのと似ている行為なのではないかと・・・。

貴方が切るハンドルで、貴方が踏むアクセルで・・・キャトル画伯はきっと素晴らしい名画を見せてくれるはず!いかがですかルノー4GTL!

貴方が切るハンドルで、貴方が踏むアクセルで・・・キャトル画伯はきっと素晴らしい名画を見せてくれるはず!いかがですかルノー4GTL!

一覧ページにもどる