Autoreve

Stocklist

フィアット X1/9 1500
Thanks Sold Out!

ベルトーネの想いは・・・「スモール・ミウラ!」

国内初度登録1986(昭和61)年のフィアットX1/9 ご覧の通りの美車!オリジナル度、高し!

年式 1986年6月(初度登録) ネロM
排気量 1500cc 走行 5桁メーターの為、不明
シフト 5MT 車検 平成27年6月
年式 1986年6月(初度登録)
排気量 1500cc
シフト 5MT
ネロM
走行
車検 平成27年6月

主な装備

  • ABS
  • ETC付
  • アルミホイール
  • エアコン
  • エアバッグ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • ディーラー車
  • ナビ付
  • パワーウインドウ
  • パワーステアリング
  • フル装備
  • 価格応談
  • 左ハンドル
  • 記録簿
  • 革シート
国内初度登録1986(昭和61)年のフィアットX1/9 ご覧の通りの美車!オリジナル度、高し!
国内初度登録1986(昭和61)年のフィアットX1/9 ご覧の通りの美車!オリジナル度、高し!
デザインはベルトーネ時代の奇才ガンディーニ!今でも見入ってしまう美しさは、さすが!
デザインはベルトーネ時代の奇才ガンディーニ!今でも見入ってしまう美しさは、さすが!
1972〜1982年までがフィアット、その跡、1989年までベルトーネの名で製造されたX1/9。
本車両はフィアット時代の1981年製造の1500cc, 5speedモデル!
1972〜1982年までがフィアット、その跡、1989年までベルトーネの名で製造されたX1/9。
本車両はフィアット時代の1981年製造の1500cc, 5speedモデル!
この美しいボディのリアミッドシップにエンジンを搭載した2シーターMR!
この美しいボディのリアミッドシップにエンジンを搭載した2シーターMR!
「2シーターMR」と書いて「運転楽しい!」と読んでも良いのではないかと…。
「2シーターMR」と書いて「運転楽しい!」と読んでも良いのではないかと…。
塗装はご覧の通りツヤのある状態ですが、他色では目立たない程度のキズも黒なので少し目に付くでしょうか。
塗装はご覧の通りツヤのある状態ですが、他色では目立たない程度のキズも黒なので少し目に付くでしょうか。
取外し可能なリーフはこんなシボ加工…なので、劣化はあると思いますが、ほとんど気になりません。
取外し可能なリーフはこんなシボ加工…なので、劣化はあると思いますが、ほとんど気になりません。
スリットの入った特徴的なエンジンフードは空気は流れるけど雨は侵入しない2重構造。
更にその後がトランクスペース。エンジンがこれだけのコンパクトなのはジアコーザ式横置きユニットのおかげ!
スリットの入った特徴的なエンジンフードは空気は流れるけど雨は侵入しない2重構造。
更にその後がトランクスペース。エンジンがこれだけのコンパクトなのはジアコーザ式横置きユニットのおかげ!
80年代テイスト溢れるインテリアへ…。
80年代テイスト溢れるインテリアへ…。
MRレイアウトのおかげで足元も奥行きがあって180cm位の方でもちゃんと座れます。
MRレイアウトのおかげで足元も奥行きがあって180cm位の方でもちゃんと座れます。
オリジナルのシートですが、ホワイトビニールレザーなので、かなり汚れが目立ちます。
運転製ヘッドレスト横に破れの補修跡があります。
オリジナルのシートですが、ホワイトビニールレザーなので、かなり汚れが目立ちます。
運転製ヘッドレスト横に破れの補修跡があります。
ハンドルは現在ウッドタイプに換装されていますが、オリジナルハンドルも付属します。
ハンドルは現在ウッドタイプに換装されていますが、オリジナルハンドルも付属します。
走行距離は現在、ご覧の通りですが、5桁メーターなので不明とさせていただきました。
走行距離は現在、ご覧の通りですが、5桁メーターなので不明とさせていただきました。
まさしく、これぞ80年代インパネ!デジタル時計は残念ながら不動です。
まさしく、これぞ80年代インパネ!デジタル時計は残念ながら不動です。
なにこのシフト?新種の妖怪?(笑)
なにこのシフト?新種の妖怪?(笑)
この妖怪、名前は…「顔五速」?!
この妖怪、名前は…「顔五速」?!
この妖怪は…「割れひとつ」(苦笑)
この妖怪は…「割れひとつ」(苦笑)
出たぁ〜、人の心を惑わす美しいものだけを造りだす妖怪ベルトーネ!…あっ、いや、失礼しました。
出たぁ〜、人の心を惑わす美しいものだけを造りだす妖怪ベルトーネ!…あっ、いや、失礼しました。
斑模様の薄茶に、こげ茶パーツ…やっぱり魔力が…。
斑模様の薄茶に、こげ茶パーツ…やっぱり魔力が…。
天張りは…問題無し!フニャフニャのバイザーはご愛嬌ということで…。
天張りは…問題無し!フニャフニャのバイザーはご愛嬌ということで…。
ルーフを外すには上部2カ所ある、このストッパーを…。
ルーフを外すには上部2カ所ある、このストッパーを…。
外して、ルーフを手前に引っ張れば…。
外して、ルーフを手前に引っ張れば…。
簡単に外れま〜す!
簡単に外れま〜す!
外すと意外とデカいルーフですが、なんと、フロントトランクにすっぽりと収まるんですねぇ。
エライ!ベルトーネ!
外すと意外とデカいルーフですが、なんと、フロントトランクにすっぽりと収まるんですねぇ。
エライ!ベルトーネ!
ただでさえ走るの楽しいX1/9なのに、更に気持ちよくなっちゃって、こりゃ贅沢〜!
ただでさえ走るの楽しいX1/9なのに、更に気持ちよくなっちゃって、こりゃ贅沢〜!
フィアット128、アウトビアンキA112、フィアット130…と続くX1シリーズの中でも唯一、
開発コードがそのまま車名になったX1/9…。
フィアット128、アウトビアンキA112、フィアット130…と続くX1シリーズの中でも唯一、
開発コードがそのまま車名になったX1/9…。
他のどのモデルよりも、その突出したコンセプトで異彩を放ったからではないかと…。
他のどのモデルよりも、その突出したコンセプトで異彩を放ったからではないかと…。
フィアットの歴史の中でも珍しいリトラクタブルライトもその要素のひとつ…。
フィアットの歴史の中でも珍しいリトラクタブルライトもその要素のひとつ…。
「カワイイ」と「カッコイイ」が同居するなんとも魅力的な顔!
「カワイイ」と「カッコイイ」が同居するなんとも魅力的な顔!
なんでちょいタレ目にするかなぁ〜。たまらん!
なんでちょいタレ目にするかなぁ〜。たまらん!
ホイールはこの時代の純正タイプですが、センターキャップはBARTHのものが付いています。
ホイールはこの時代の純正タイプですが、センターキャップはBARTHのものが付いています。
タイヤサイズはご覧の通り。このサイズなら困る事はないですね。状態もまたヒゲのある新しいものです。
タイヤサイズはご覧の通り。このサイズなら困る事はないですね。状態もまたヒゲのある新しいものです。
フロントのトランクスペースは結構広いです。このボディサイズでこの広さはかなり優秀!
フロントのトランクスペースは結構広いです。このボディサイズでこの広さはかなり優秀!
更にリアにもこれだけのスペースが!イタリア車なのにこんなにトランクスペースがあるって…さすが開発コードX1/9?!
更にリアにもこれだけのスペースが!イタリア車なのにこんなにトランクスペースがあるって…さすが開発コードX1/9?!
ミッドシップエンジンですが、絶妙なレイアウトで、ご覧の通り整備性は悪くないです。
ミッドシップエンジンですが、絶妙なレイアウトで、ご覧の通り整備性は悪くないです。
気になるタイミングベルトですが、残念ながら記録が無いので交換される事をオススメします。
気になるタイミングベルトですが、残念ながら記録が無いので交換される事をオススメします。
エンジン、トランクフードを開けるとこんな状態…パタパタすると…飛びそう(笑)
エンジン、トランクフードを開けるとこんな状態…パタパタすると…飛びそう(笑)
デザインはベルトーネ、シャシーはフィアット、サスペンションはダラーラとイタリアの粋を集めて開発されたX1/9。
デザインはベルトーネ、シャシーはフィアット、サスペンションはダラーラとイタリアの粋を集めて開発されたX1/9。
ガンディーニいわく「今でもそのコンセプトは気に入っているし、スタイリングにも満足している」と語り…。
ガンディーニいわく「今でもそのコンセプトは気に入っているし、スタイリングにも満足している」と語り…。
ダラーラは「最も好きなクルマは?」と聞かれ、「ミウラ、X1/9、最初のF3モノコック」と答えている。
ダラーラは「最も好きなクルマは?」と聞かれ、「ミウラ、X1/9、最初のF3モノコック」と答えている。
その成り立ちから考えると、かなり過小評価されているクルマではないかと…。
その成り立ちから考えると、かなり過小評価されているクルマではないかと…。
実際に、そのシャシー、ボディ、サスペンションはこのまま競技に耐えられる程の高剛性と言われ…。
実際に、そのシャシー、ボディ、サスペンションはこのまま競技に耐えられる程の高剛性と言われ…。
X1/9でWRCに挑んだジョルジョ・ピアンタは「フィアットは早過ぎるので作るのを止めてしまった」語ったとか。
X1/9でWRCに挑んだジョルジョ・ピアンタは「フィアットは早過ぎるので作るのを止めてしまった」語ったとか。
大衆車であり、比較的リーズナブルなクルマであるにも関わらず、
ミウラやストラトスの開発に携わった先述の名立たる天才の言葉からも…。
大衆車であり、比較的リーズナブルなクルマであるにも関わらず、
ミウラやストラトスの開発に携わった先述の名立たる天才の言葉からも…。
「タダモノ」ではないのがお判りいただけるかと…。
「タダモノ」ではないのがお判りいただけるかと…。
僕の、私のスポーツカーにこれほどのコンセプトを投入する。それはまるで…。
僕の、私のスポーツカーにこれほどのコンセプトを投入する。それはまるで…。
アペリティーヴォ(食前酒)にジュリオフェッラーリ…。
アペリティーヴォ(食前酒)にジュリオフェッラーリ…。
そんな贅沢なスモール・ミウラに思いを馳せ、味わってみる…。
そんな贅沢なスモール・ミウラに思いを馳せ、味わってみる…。
そんな機会は、もう、それほど多くはないのでは…名車X1/9…いかがですか?
そんな機会は、もう、それほど多くはないのでは…名車X1/9…いかがですか?
国内初度登録1986(昭和61)年のフィアットX1/9 ご覧の通りの美車!オリジナル度、高し!
国内初度登録1986(昭和61)年のフィアットX1/9 ご覧の通りの美車!オリジナル度、高し!
デザインはベルトーネ時代の奇才ガンディーニ!今でも見入ってしまう美しさは、さすが!
デザインはベルトーネ時代の奇才ガンディーニ!今でも見入ってしまう美しさは、さすが!
1972〜1982年までがフィアット、その跡、1989年までベルトーネの名で製造されたX1/9。
本車両はフィアット時代の1981年製造の1500cc, 5speedモデル!
1972〜1982年までがフィアット、その跡、1989年までベルトーネの名で製造されたX1/9。
本車両はフィアット時代の1981年製造の1500cc, 5speedモデル!
この美しいボディのリアミッドシップにエンジンを搭載した2シーターMR!
この美しいボディのリアミッドシップにエンジンを搭載した2シーターMR!
「2シーターMR」と書いて「運転楽しい!」と読んでも良いのではないかと…。
「2シーターMR」と書いて「運転楽しい!」と読んでも良いのではないかと…。
塗装はご覧の通りツヤのある状態ですが、他色では目立たない程度のキズも黒なので少し目に付くでしょうか。
塗装はご覧の通りツヤのある状態ですが、他色では目立たない程度のキズも黒なので少し目に付くでしょうか。
取外し可能なリーフはこんなシボ加工…なので、劣化はあると思いますが、ほとんど気になりません。
取外し可能なリーフはこんなシボ加工…なので、劣化はあると思いますが、ほとんど気になりません。
スリットの入った特徴的なエンジンフードは空気は流れるけど雨は侵入しない2重構造。
更にその後がトランクスペース。エンジンがこれだけのコンパクトなのはジアコーザ式横置きユニットのおかげ!
スリットの入った特徴的なエンジンフードは空気は流れるけど雨は侵入しない2重構造。
更にその後がトランクスペース。エンジンがこれだけのコンパクトなのはジアコーザ式横置きユニットのおかげ!
80年代テイスト溢れるインテリアへ…。
80年代テイスト溢れるインテリアへ…。
MRレイアウトのおかげで足元も奥行きがあって180cm位の方でもちゃんと座れます。
MRレイアウトのおかげで足元も奥行きがあって180cm位の方でもちゃんと座れます。
オリジナルのシートですが、ホワイトビニールレザーなので、かなり汚れが目立ちます。
運転製ヘッドレスト横に破れの補修跡があります。
オリジナルのシートですが、ホワイトビニールレザーなので、かなり汚れが目立ちます。
運転製ヘッドレスト横に破れの補修跡があります。
ハンドルは現在ウッドタイプに換装されていますが、オリジナルハンドルも付属します。
ハンドルは現在ウッドタイプに換装されていますが、オリジナルハンドルも付属します。
走行距離は現在、ご覧の通りですが、5桁メーターなので不明とさせていただきました。
走行距離は現在、ご覧の通りですが、5桁メーターなので不明とさせていただきました。
まさしく、これぞ80年代インパネ!デジタル時計は残念ながら不動です。
まさしく、これぞ80年代インパネ!デジタル時計は残念ながら不動です。
なにこのシフト?新種の妖怪?(笑)
なにこのシフト?新種の妖怪?(笑)
この妖怪、名前は…「顔五速」?!
この妖怪、名前は…「顔五速」?!
この妖怪は…「割れひとつ」(苦笑)
この妖怪は…「割れひとつ」(苦笑)
出たぁ〜、人の心を惑わす美しいものだけを造りだす妖怪ベルトーネ!…あっ、いや、失礼しました。
出たぁ〜、人の心を惑わす美しいものだけを造りだす妖怪ベルトーネ!…あっ、いや、失礼しました。
斑模様の薄茶に、こげ茶パーツ…やっぱり魔力が…。
斑模様の薄茶に、こげ茶パーツ…やっぱり魔力が…。
天張りは…問題無し!フニャフニャのバイザーはご愛嬌ということで…。
天張りは…問題無し!フニャフニャのバイザーはご愛嬌ということで…。
ルーフを外すには上部2カ所ある、このストッパーを…。
ルーフを外すには上部2カ所ある、このストッパーを…。
外して、ルーフを手前に引っ張れば…。
外して、ルーフを手前に引っ張れば…。
簡単に外れま〜す!
簡単に外れま〜す!
外すと意外とデカいルーフですが、なんと、フロントトランクにすっぽりと収まるんですねぇ。
エライ!ベルトーネ!
外すと意外とデカいルーフですが、なんと、フロントトランクにすっぽりと収まるんですねぇ。
エライ!ベルトーネ!
ただでさえ走るの楽しいX1/9なのに、更に気持ちよくなっちゃって、こりゃ贅沢〜!
ただでさえ走るの楽しいX1/9なのに、更に気持ちよくなっちゃって、こりゃ贅沢〜!
フィアット128、アウトビアンキA112、フィアット130…と続くX1シリーズの中でも唯一、
開発コードがそのまま車名になったX1/9…。
フィアット128、アウトビアンキA112、フィアット130…と続くX1シリーズの中でも唯一、
開発コードがそのまま車名になったX1/9…。
他のどのモデルよりも、その突出したコンセプトで異彩を放ったからではないかと…。
他のどのモデルよりも、その突出したコンセプトで異彩を放ったからではないかと…。
フィアットの歴史の中でも珍しいリトラクタブルライトもその要素のひとつ…。
フィアットの歴史の中でも珍しいリトラクタブルライトもその要素のひとつ…。
「カワイイ」と「カッコイイ」が同居するなんとも魅力的な顔!
「カワイイ」と「カッコイイ」が同居するなんとも魅力的な顔!
なんでちょいタレ目にするかなぁ〜。たまらん!
なんでちょいタレ目にするかなぁ〜。たまらん!
ホイールはこの時代の純正タイプですが、センターキャップはBARTHのものが付いています。
ホイールはこの時代の純正タイプですが、センターキャップはBARTHのものが付いています。
タイヤサイズはご覧の通り。このサイズなら困る事はないですね。状態もまたヒゲのある新しいものです。
タイヤサイズはご覧の通り。このサイズなら困る事はないですね。状態もまたヒゲのある新しいものです。
フロントのトランクスペースは結構広いです。このボディサイズでこの広さはかなり優秀!
フロントのトランクスペースは結構広いです。このボディサイズでこの広さはかなり優秀!
更にリアにもこれだけのスペースが!イタリア車なのにこんなにトランクスペースがあるって…さすが開発コードX1/9?!
更にリアにもこれだけのスペースが!イタリア車なのにこんなにトランクスペースがあるって…さすが開発コードX1/9?!
ミッドシップエンジンですが、絶妙なレイアウトで、ご覧の通り整備性は悪くないです。
ミッドシップエンジンですが、絶妙なレイアウトで、ご覧の通り整備性は悪くないです。
気になるタイミングベルトですが、残念ながら記録が無いので交換される事をオススメします。
気になるタイミングベルトですが、残念ながら記録が無いので交換される事をオススメします。
エンジン、トランクフードを開けるとこんな状態…パタパタすると…飛びそう(笑)
エンジン、トランクフードを開けるとこんな状態…パタパタすると…飛びそう(笑)
デザインはベルトーネ、シャシーはフィアット、サスペンションはダラーラとイタリアの粋を集めて開発されたX1/9。
デザインはベルトーネ、シャシーはフィアット、サスペンションはダラーラとイタリアの粋を集めて開発されたX1/9。
ガンディーニいわく「今でもそのコンセプトは気に入っているし、スタイリングにも満足している」と語り…。
ガンディーニいわく「今でもそのコンセプトは気に入っているし、スタイリングにも満足している」と語り…。
ダラーラは「最も好きなクルマは?」と聞かれ、「ミウラ、X1/9、最初のF3モノコック」と答えている。
ダラーラは「最も好きなクルマは?」と聞かれ、「ミウラ、X1/9、最初のF3モノコック」と答えている。
その成り立ちから考えると、かなり過小評価されているクルマではないかと…。
その成り立ちから考えると、かなり過小評価されているクルマではないかと…。
実際に、そのシャシー、ボディ、サスペンションはこのまま競技に耐えられる程の高剛性と言われ…。
実際に、そのシャシー、ボディ、サスペンションはこのまま競技に耐えられる程の高剛性と言われ…。
X1/9でWRCに挑んだジョルジョ・ピアンタは「フィアットは早過ぎるので作るのを止めてしまった」語ったとか。
X1/9でWRCに挑んだジョルジョ・ピアンタは「フィアットは早過ぎるので作るのを止めてしまった」語ったとか。
大衆車であり、比較的リーズナブルなクルマであるにも関わらず、
ミウラやストラトスの開発に携わった先述の名立たる天才の言葉からも…。
大衆車であり、比較的リーズナブルなクルマであるにも関わらず、
ミウラやストラトスの開発に携わった先述の名立たる天才の言葉からも…。
「タダモノ」ではないのがお判りいただけるかと…。
「タダモノ」ではないのがお判りいただけるかと…。
僕の、私のスポーツカーにこれほどのコンセプトを投入する。それはまるで…。
僕の、私のスポーツカーにこれほどのコンセプトを投入する。それはまるで…。
アペリティーヴォ(食前酒)にジュリオフェッラーリ…。
アペリティーヴォ(食前酒)にジュリオフェッラーリ…。
そんな贅沢なスモール・ミウラに思いを馳せ、味わってみる…。
そんな贅沢なスモール・ミウラに思いを馳せ、味わってみる…。
そんな機会は、もう、それほど多くはないのでは…名車X1/9…いかがですか?
そんな機会は、もう、それほど多くはないのでは…名車X1/9…いかがですか?
pagetop