Autoreve

Stocklist

マセラティ 430 MT
Thanks Sold Out!

血、汗、涙、そして美しき野蛮・・・マセラティ430、いかがですか?

1992(平成4)年式マセラティ430!な、なんと貴重な5MT車!ビトルボエンジンをMTで操れるなんて・・・想像しただけでアドレナリンがぁ~!

年式 1992年11月 ダークグリーンM
排気量 2800cc 走行 39,000km
シフト 5MT 車検 平成29年2月
年式 1992年11月
排気量 2800cc
シフト 5MT
ダークグリーンM
走行
車検 平成29年2月

主な装備

  • ABS
  • ETC付
  • アルミホイール
  • エアコン
  • エアバッグ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • ディーラー車
  • ナビ付
  • パワーウインドウ
  • パワーステアリング
  • フル装備
  • 価格応談
  • 左ハンドル
  • 記録簿
  • 革シート
1992(平成4)年式マセラティ430!な、なんと貴重な5MT車!ビトルボエンジンをMTで操れるなんて・・・想像しただけでアドレナリンがぁ~!
1992(平成4)年式マセラティ430!な、なんと貴重な5MT車!ビトルボエンジンをMTで操れるなんて・・・想像しただけでアドレナリンがぁ~!
オーソドックスな見た目とは違い、エンジンを掛けた瞬間に、低くゴロゴロと猛獣の唸り声の様なエキゾーストは紛れもなく「マセラティ!」
オーソドックスな見た目とは違い、エンジンを掛けた瞬間に、低くゴロゴロと猛獣の唸り声の様なエキゾーストは紛れもなく「マセラティ!」
是非、その猛獣をムチで・・・いや、MTで調教してみませんかぁ~!
是非、その猛獣をムチで・・・いや、MTで調教してみませんかぁ~!
前言撤回!見た目オーソドックと言いましたが、この目ジカラはただ者ではありません!
前言撤回!見た目オーソドックと言いましたが、この目ジカラはただ者ではありません!
フロントマスク同様にスクエアなデザインで統一されたリア周り。良く見るとウインドウ周りのサッシや、トランクパネルの微妙な曲面等、マセラティの名に恥じない丁寧な造りこみ!
フロントマスク同様にスクエアなデザインで統一されたリア周り。良く見るとウインドウ周りのサッシや、トランクパネルの微妙な曲面等、マセラティの名に恥じない丁寧な造りこみ!
塗装の状態も素晴らしい!クリアの劣化等々を語る必要なし!分厚い透明の層に覆われた様に見えるボディは塗装と言うより「七宝焼き」の様な美しさ!
塗装の状態も素晴らしい!クリアの劣化等々を語る必要なし!分厚い透明の層に覆われた様に見えるボディは塗装と言うより「七宝焼き」の様な美しさ!
ほぼ鏡?!
ほぼ鏡?!
それではビトルボ系定番の美しい室内へ・・・。
それではビトルボ系定番の美しい室内へ・・・。
上質の本革とウッドパネルに囲まれた特別な空間・・・本物だからこその質感と、それをシンプルに感じさせるイタリアンデザイン・・・他国のクルマでは敵わない部分ですね。
上質の本革とウッドパネルに囲まれた特別な空間・・・本物だからこその質感と、それをシンプルに感じさせるイタリアンデザイン・・・他国のクルマでは敵わない部分ですね。
タップリとしたリビングソファーの様な厚手のシートは、座ると包み込む様にホールドしてくれる絶品シート!
タップリとしたリビングソファーの様な厚手のシートは、座ると包み込む様にホールドしてくれる絶品シート!
一番傷みやすい運転席でこの状態です。もちろん使用感はありますが、スレ、破れはありません!
一番傷みやすい運転席でこの状態です。もちろん使用感はありますが、スレ、破れはありません!
リアシートは更に使用感の無いすばらしい状態!見た目だけで「座ってみたい!」って思えるシートってそう無いのではないかと・・・。
リアシートは更に使用感の無いすばらしい状態!見た目だけで「座ってみたい!」って思えるシートってそう無いのではないかと・・・。
クルマのインテリアとしてと言うより、包まれ感、素材感、肌触り、目線、姿勢、そしてもちろん操作感等々・・・身を置く場所のインテリアとして秀逸!
クルマのインテリアとしてと言うより、包まれ感、素材感、肌触り、目線、姿勢、そしてもちろん操作感等々・・・身を置く場所のインテリアとして秀逸!
デザインに導かれる様に、自然と体が動く・・・そんなインテリアではないかと。
デザインに導かれる様に、自然と体が動く・・・そんなインテリアではないかと。
実走行4.0万kmの低走行車!劣化をほとんど感じさせない状態なのも納得ですね。
実走行4.0万kmの低走行車!劣化をほとんど感じさせない状態なのも納得ですね。
ATがほとんどのビトルボ系セダンですが、これは希少なMT車!ドライビングプレジャーはもちろん、AT故障のリスクからも解放される?!
ATがほとんどのビトルボ系セダンですが、これは希少なMT車!ドライビングプレジャーはもちろん、AT故障のリスクからも解放される?!
もちろんラサールの時計も装備!今となってはほとんど紋章の様なものですからね。
もちろんラサールの時計も装備!今となってはほとんど紋章の様なものですからね。
ドアの内張りもご覧の通り!比較的汚れの付きやすいアルカンタラにも目立つ汚れはありません!
ドアの内張りもご覧の通り!比較的汚れの付きやすいアルカンタラにも目立つ汚れはありません!
これを清潔!と言わないのなら何を清潔と言えば良いのか・・・。
これを清潔!と言わないのなら何を清潔と言えば良いのか・・・。
天張りもこの通り!タレ、目立つ汚れも無く、言う事無し!
天張りもこの通り!タレ、目立つ汚れも無く、言う事無し!
ヘッドライトやウインカーレンズにも目立った劣化はありません。ヘッドライトの反射板が黄色く劣化してる様に見えるのは隣のクルマの映り込みです。念のため。
ヘッドライトやウインカーレンズにも目立った劣化はありません。ヘッドライトの反射板が黄色く劣化してる様に見えるのは隣のクルマの映り込みです。念のため。
純正のアルミの素材感が美しいホイールも目立つキズはありません!
純正のアルミの素材感が美しいホイールも目立つキズはありません!
タイヤの残溝も7~8分山といったところでしょうか。当分交換の必要はなさそうです。
タイヤの残溝も7~8分山といったところでしょうか。当分交換の必要はなさそうです。
トランク容量もタップリ!開口部も広いので荷物の積み下ろしはしやすそうですね。
トランク容量もタップリ!開口部も広いので荷物の積み下ろしはしやすそうですね。
マセラティが誇る名器「ビトルボエンジン」・・・ATではなかなか味わえない、3000回転あたりからのターボの効きはかなり刺激的!一度味わったら病み付きに・・・。
マセラティが誇る名器「ビトルボエンジン」・・・ATではなかなか味わえない、3000回転あたりからのターボの効きはかなり刺激的!一度味わったら病み付きに・・・。
パワーやトルクが云々は置いておいて、トライデントが刻まれたエンジンは、マセラティの歴史、そしてなにより「誇り」を感じるのです。
パワーやトルクが云々は置いておいて、トライデントが刻まれたエンジンは、マセラティの歴史、そしてなにより「誇り」を感じるのです。
信頼性が云々と言われるビトルボ系マセラティですが、確かにそう言った部分もありますが、それと差し引いても、この本物だけが放つ圧倒的な存在感は素晴らしいの一言!
信頼性が云々と言われるビトルボ系マセラティですが、確かにそう言った部分もありますが、それと差し引いても、この本物だけが放つ圧倒的な存在感は素晴らしいの一言!
後追いのクルマでは決して真似の出来ない、「一代で築き上げてきた」という力を感じるのです。
後追いのクルマでは決して真似の出来ない、「一代で築き上げてきた」という力を感じるのです。
そして古典的とも言えるそのボディスタイルですが、いまだに同様のコンセプトは受け継がれているわけで・・・。
そして古典的とも言えるそのボディスタイルですが、いまだに同様のコンセプトは受け継がれているわけで・・・。
本質的に良いものは変わらない!と言い切れるだけの説得力をも430は感じさせてくれるのです。
本質的に良いものは変わらない!と言い切れるだけの説得力をも430は感じさせてくれるのです。
それは最新のモードや絢爛豪華なオートクチュールと比べても、遜色ない仕立ての良いイタリアンスーツの様に・・・。
それは最新のモードや絢爛豪華なオートクチュールと比べても、遜色ない仕立ての良いイタリアンスーツの様に・・・。
いや、むしろ遜色ないどころか、普遍的な美しさでは勝るとも劣らないのではないかと・・・。
いや、むしろ遜色ないどころか、普遍的な美しさでは勝るとも劣らないのではないかと・・・。
下世話は言い方をすれば、街角の信号で、たまたま並んだ最新マセラティからの視線を感じつつ・・・。
下世話は言い方をすれば、街角の信号で、たまたま並んだ最新マセラティからの視線を感じつつ・・・。
挨拶代わりにビトルボの唸り声を奏でれば、単なる視線は羨望の眼差しへと変わるはずなのです。
挨拶代わりにビトルボの唸り声を奏でれば、単なる視線は羨望の眼差しへと変わるはずなのです。
とある430オーナーが、ドライバーズシートに座って、まず感じるのは「殺気」と言っていたのが言い得て妙だなぁと・・・。
とある430オーナーが、ドライバーズシートに座って、まず感じるのは「殺気」と言っていたのが言い得て妙だなぁと・・・。
それって言い換えれば、430は「生きている何か」とも言えるのではないかと・・・。
それって言い換えれば、430は「生きている何か」とも言えるのではないかと・・・。
そうだとすればその「生きている何か」はイタリアの彼の地でトライデントの旗のもとに集っていたであろう人々の情熱以外の何物でもないと思うのです。
そうだとすればその「生きている何か」はイタリアの彼の地でトライデントの旗のもとに集っていたであろう人々の情熱以外の何物でもないと思うのです。
何はともあれイタリアンレザーに身を沈め、イグニッションキーをひねり、唸り声の中に現れるのは・・・。
何はともあれイタリアンレザーに身を沈め、イグニッションキーをひねり、唸り声の中に現れるのは・・・。
血、汗、涙、そして美しき野蛮・・・マセラティ430、いかがですか?
血、汗、涙、そして美しき野蛮・・・マセラティ430、いかがですか?
AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)
AUTOREVEがおススメする特選中古車です!ムッシュ独断のコメントも合わせお楽しみくださいませ!
(画像クリックすると別ウインドウが開き、スライド画面でご覧いただくことも出来ます。)
1992(平成4)年式マセラティ430!な、なんと貴重な5MT車!ビトルボエンジンをMTで操れるなんて・・・想像しただけでアドレナリンがぁ~!
1992(平成4)年式マセラティ430!な、なんと貴重な5MT車!ビトルボエンジンをMTで操れるなんて・・・想像しただけでアドレナリンがぁ~!
オーソドックスな見た目とは違い、エンジンを掛けた瞬間に、低くゴロゴロと猛獣の唸り声の様なエキゾーストは紛れもなく「マセラティ!」
オーソドックスな見た目とは違い、エンジンを掛けた瞬間に、低くゴロゴロと猛獣の唸り声の様なエキゾーストは紛れもなく「マセラティ!」
是非、その猛獣をムチで・・・いや、MTで調教してみませんかぁ~!
是非、その猛獣をムチで・・・いや、MTで調教してみませんかぁ~!
前言撤回!見た目オーソドックと言いましたが、この目ジカラはただ者ではありません!
前言撤回!見た目オーソドックと言いましたが、この目ジカラはただ者ではありません!
フロントマスク同様にスクエアなデザインで統一されたリア周り。良く見るとウインドウ周りのサッシや、トランクパネルの微妙な曲面等、マセラティの名に恥じない丁寧な造りこみ!
フロントマスク同様にスクエアなデザインで統一されたリア周り。良く見るとウインドウ周りのサッシや、トランクパネルの微妙な曲面等、マセラティの名に恥じない丁寧な造りこみ!
塗装の状態も素晴らしい!クリアの劣化等々を語る必要なし!分厚い透明の層に覆われた様に見えるボディは塗装と言うより「七宝焼き」の様な美しさ!
塗装の状態も素晴らしい!クリアの劣化等々を語る必要なし!分厚い透明の層に覆われた様に見えるボディは塗装と言うより「七宝焼き」の様な美しさ!
ほぼ鏡?!
ほぼ鏡?!
それではビトルボ系定番の美しい室内へ・・・。
それではビトルボ系定番の美しい室内へ・・・。
上質の本革とウッドパネルに囲まれた特別な空間・・・本物だからこその質感と、それをシンプルに感じさせるイタリアンデザイン・・・他国のクルマでは敵わない部分ですね。
上質の本革とウッドパネルに囲まれた特別な空間・・・本物だからこその質感と、それをシンプルに感じさせるイタリアンデザイン・・・他国のクルマでは敵わない部分ですね。
タップリとしたリビングソファーの様な厚手のシートは、座ると包み込む様にホールドしてくれる絶品シート!
タップリとしたリビングソファーの様な厚手のシートは、座ると包み込む様にホールドしてくれる絶品シート!
一番傷みやすい運転席でこの状態です。もちろん使用感はありますが、スレ、破れはありません!
一番傷みやすい運転席でこの状態です。もちろん使用感はありますが、スレ、破れはありません!
リアシートは更に使用感の無いすばらしい状態!見た目だけで「座ってみたい!」って思えるシートってそう無いのではないかと・・・。
リアシートは更に使用感の無いすばらしい状態!見た目だけで「座ってみたい!」って思えるシートってそう無いのではないかと・・・。
クルマのインテリアとしてと言うより、包まれ感、素材感、肌触り、目線、姿勢、そしてもちろん操作感等々・・・身を置く場所のインテリアとして秀逸!
クルマのインテリアとしてと言うより、包まれ感、素材感、肌触り、目線、姿勢、そしてもちろん操作感等々・・・身を置く場所のインテリアとして秀逸!
デザインに導かれる様に、自然と体が動く・・・そんなインテリアではないかと。
デザインに導かれる様に、自然と体が動く・・・そんなインテリアではないかと。
実走行4.0万kmの低走行車!劣化をほとんど感じさせない状態なのも納得ですね。
実走行4.0万kmの低走行車!劣化をほとんど感じさせない状態なのも納得ですね。
ATがほとんどのビトルボ系セダンですが、これは希少なMT車!ドライビングプレジャーはもちろん、AT故障のリスクからも解放される?!
ATがほとんどのビトルボ系セダンですが、これは希少なMT車!ドライビングプレジャーはもちろん、AT故障のリスクからも解放される?!
もちろんラサールの時計も装備!今となってはほとんど紋章の様なものですからね。
もちろんラサールの時計も装備!今となってはほとんど紋章の様なものですからね。
ドアの内張りもご覧の通り!比較的汚れの付きやすいアルカンタラにも目立つ汚れはありません!
ドアの内張りもご覧の通り!比較的汚れの付きやすいアルカンタラにも目立つ汚れはありません!
これを清潔!と言わないのなら何を清潔と言えば良いのか・・・。
これを清潔!と言わないのなら何を清潔と言えば良いのか・・・。
天張りもこの通り!タレ、目立つ汚れも無く、言う事無し!
天張りもこの通り!タレ、目立つ汚れも無く、言う事無し!
ヘッドライトやウインカーレンズにも目立った劣化はありません。ヘッドライトの反射板が黄色く劣化してる様に見えるのは隣のクルマの映り込みです。念のため。
ヘッドライトやウインカーレンズにも目立った劣化はありません。ヘッドライトの反射板が黄色く劣化してる様に見えるのは隣のクルマの映り込みです。念のため。
純正のアルミの素材感が美しいホイールも目立つキズはありません!
純正のアルミの素材感が美しいホイールも目立つキズはありません!
タイヤの残溝も7~8分山といったところでしょうか。当分交換の必要はなさそうです。
タイヤの残溝も7~8分山といったところでしょうか。当分交換の必要はなさそうです。
トランク容量もタップリ!開口部も広いので荷物の積み下ろしはしやすそうですね。
トランク容量もタップリ!開口部も広いので荷物の積み下ろしはしやすそうですね。
マセラティが誇る名器「ビトルボエンジン」・・・ATではなかなか味わえない、3000回転あたりからのターボの効きはかなり刺激的!一度味わったら病み付きに・・・。
マセラティが誇る名器「ビトルボエンジン」・・・ATではなかなか味わえない、3000回転あたりからのターボの効きはかなり刺激的!一度味わったら病み付きに・・・。
パワーやトルクが云々は置いておいて、トライデントが刻まれたエンジンは、マセラティの歴史、そしてなにより「誇り」を感じるのです。
パワーやトルクが云々は置いておいて、トライデントが刻まれたエンジンは、マセラティの歴史、そしてなにより「誇り」を感じるのです。
信頼性が云々と言われるビトルボ系マセラティですが、確かにそう言った部分もありますが、それと差し引いても、この本物だけが放つ圧倒的な存在感は素晴らしいの一言!
信頼性が云々と言われるビトルボ系マセラティですが、確かにそう言った部分もありますが、それと差し引いても、この本物だけが放つ圧倒的な存在感は素晴らしいの一言!
後追いのクルマでは決して真似の出来ない、「一代で築き上げてきた」という力を感じるのです。
後追いのクルマでは決して真似の出来ない、「一代で築き上げてきた」という力を感じるのです。
そして古典的とも言えるそのボディスタイルですが、いまだに同様のコンセプトは受け継がれているわけで・・・。
そして古典的とも言えるそのボディスタイルですが、いまだに同様のコンセプトは受け継がれているわけで・・・。
本質的に良いものは変わらない!と言い切れるだけの説得力をも430は感じさせてくれるのです。
本質的に良いものは変わらない!と言い切れるだけの説得力をも430は感じさせてくれるのです。
それは最新のモードや絢爛豪華なオートクチュールと比べても、遜色ない仕立ての良いイタリアンスーツの様に・・・。
それは最新のモードや絢爛豪華なオートクチュールと比べても、遜色ない仕立ての良いイタリアンスーツの様に・・・。
いや、むしろ遜色ないどころか、普遍的な美しさでは勝るとも劣らないのではないかと・・・。
いや、むしろ遜色ないどころか、普遍的な美しさでは勝るとも劣らないのではないかと・・・。
下世話は言い方をすれば、街角の信号で、たまたま並んだ最新マセラティからの視線を感じつつ・・・。
下世話は言い方をすれば、街角の信号で、たまたま並んだ最新マセラティからの視線を感じつつ・・・。
挨拶代わりにビトルボの唸り声を奏でれば、単なる視線は羨望の眼差しへと変わるはずなのです。
挨拶代わりにビトルボの唸り声を奏でれば、単なる視線は羨望の眼差しへと変わるはずなのです。
とある430オーナーが、ドライバーズシートに座って、まず感じるのは「殺気」と言っていたのが言い得て妙だなぁと・・・。
とある430オーナーが、ドライバーズシートに座って、まず感じるのは「殺気」と言っていたのが言い得て妙だなぁと・・・。
それって言い換えれば、430は「生きている何か」とも言えるのではないかと・・・。
それって言い換えれば、430は「生きている何か」とも言えるのではないかと・・・。
そうだとすればその「生きている何か」はイタリアの彼の地でトライデントの旗のもとに集っていたであろう人々の情熱以外の何物でもないと思うのです。
そうだとすればその「生きている何か」はイタリアの彼の地でトライデントの旗のもとに集っていたであろう人々の情熱以外の何物でもないと思うのです。
何はともあれイタリアンレザーに身を沈め、イグニッションキーをひねり、唸り声の中に現れるのは・・・。
何はともあれイタリアンレザーに身を沈め、イグニッションキーをひねり、唸り声の中に現れるのは・・・。
血、汗、涙、そして美しき野蛮・・・マセラティ430、いかがですか?
血、汗、涙、そして美しき野蛮・・・マセラティ430、いかがですか?
pagetop