StockList

一覧ページにもどる

ルノー アルピーヌ V6 ターボ

何故アルピーヌと言う頂へ?そこにアルピーヌがあるから・・・。

1987年(昭和62)年式ルノーアルピーヌV6ターボ!ご覧の通りの美車!

年式 1987年11月 排気量 2500cc シフト 5MT
アルピーヌブルー 走行 28000km 車検 平成27年5月

Sold Out

主な装備

委託販売車両につき、詳細はご確認ください。

AUTOREVEがおススメする厳選中古車!状態を正確にお伝えするために大きめの画像で細かく掲載しております。ムッシュ独断のコメントも合わせてお楽しみくださいませ~!

AUTOREVEがおススメする厳選中古車!状態を正確にお伝えするために大きめの画像で細かく掲載しております。ムッシュ独断のコメントも合わせてお楽しみくださいませ~!

1987年(昭和62)年式ルノーアルピーヌV6ターボ!ご覧の通りの美車!

1987年(昭和62)年式ルノーアルピーヌV6ターボ!ご覧の通りの美車!

「ここまで仕上げたのに諸事情によりやむなく…」の好物件!

「ここまで仕上げたのに諸事情によりやむなく…」の好物件!

外装はこれしかない!っていう「アルピーヌブルー」に全塗装済み!

外装はこれしかない!っていう「アルピーヌブルー」に全塗装済み!

ウーリエによる美しいボディデザインを質の良い塗装が更に引き立てていますね。

ウーリエによる美しいボディデザインを質の良い塗装が更に引き立てていますね。

迫力のリアビュー!FRPボディの宿命とも言えるボディ表面のたわみもほとんど感じません。

迫力のリアビュー!FRPボディの宿命とも言えるボディ表面のたわみもほとんど感じません。

塗装状態の良さ、チリの合ったカチッとした状態がお判りいただけると思います。

塗装状態の良さ、チリの合ったカチッとした状態がお判りいただけると思います。

ルーフ前部に必ずと言っていい程あるFRPの繫ぎ目の塗装クラックも、もちろんありません。

ルーフ前部に必ずと言っていい程あるFRPの繫ぎ目の塗装クラックも、もちろんありません。

アルピーヌ独特の美しい曲線がご堪能いただけるのではないかと…。

アルピーヌ独特の美しい曲線がご堪能いただけるのではないかと…。

唯一、宿命とも言えるクラックがここに…。

唯一、宿命とも言えるクラックがここに…。

そして、あの奇才ガンディーニのデザインによるインテリアへ…。

そして、あの奇才ガンディーニのデザインによるインテリアへ…。

紛れもなくガンディーニ!彫刻の様な、いや彫刻そのものと言える存在感のあるデザイン!

紛れもなくガンディーニ!彫刻の様な、いや彫刻そのものと言える存在感のあるデザイン!

シートには、もちろん劣化によるシワはありますが、全体的にかなり良い状態を維持しています。

シートには、もちろん劣化によるシワはありますが、全体的にかなり良い状態を維持しています。

後席はご覧の通り!ほとんど使用感を感じません。
広さはかなり窮屈です。なんとか大人2人が座れるという感じです。

後席はご覧の通り!ほとんど使用感を感じません。
広さはかなり窮屈です。なんとか大人2人が座れるという感じです。

まるで城壁の様にドライバーの目前にそびえ立つインパネ!
センターからオフセットされたシフトノブの幾何学的美しさは、まさにガンディーニの真骨頂!

まるで城壁の様にドライバーの目前にそびえ立つインパネ!
センターからオフセットされたシフトノブの幾何学的美しさは、まさにガンディーニの真骨頂!

美しいだけではありません。そのシートポジション故に、体を動かす事無く手が届く各種スイッチ類の配置も絶妙!気分はほとんど戦闘機!

美しいだけではありません。そのシートポジション故に、体を動かす事無く手が届く各種スイッチ類の配置も絶妙!気分はほとんど戦闘機!

実走行2.8万Km!もともと低走行で状態の良い個体を仕上げたからこその、この状態と言えると思います。

実走行2.8万Km!もともと低走行で状態の良い個体を仕上げたからこその、この状態と言えると思います。

ダッシュパネルから独立したメーターパネル…。

ダッシュパネルから独立したメーターパネル…。

SF映画の演出の様な独特の近未来感!しかし決して奇をてらっただけではない、このまとまり感はさすがです。

SF映画の演出の様な独特の近未来感!しかし決して奇をてらっただけではない、このまとまり感はさすがです。

シフトがセンターコンソールに沿って垂れている様にも…ダリの時計かっ!

シフトがセンターコンソールに沿って垂れている様にも…ダリの時計かっ!

まるで美術館を見て回っているかの様なインテリア…この内張りはまるで現代建築?!

まるで美術館を見て回っているかの様なインテリア…この内張りはまるで現代建築?!

ウィンドウ上部のガーニッシュとバイザーの一体感のあるデザイン!恐るべしガンディーニ!

ウィンドウ上部のガーニッシュとバイザーの一体感のあるデザイン!恐るべしガンディーニ!

ペダルはオルガン式です。始めは違和感ありますが、これはあくまで慣れの問題かと…。

ペダルはオルガン式です。始めは違和感ありますが、これはあくまで慣れの問題かと…。

グローブボックス内にETCを装備。下の後付けスイッチは燃料ポンプ冷却用ファンスイッチ!
V6ターボで肝心な熱対策もバッチリ!パーコレーションよ、さらばっ!

グローブボックス内にETCを装備。下の後付けスイッチは燃料ポンプ冷却用ファンスイッチ!
V6ターボで肝心な熱対策もバッチリ!パーコレーションよ、さらばっ!

ヘッドライト、カバー、ウィンカー、すべて新品交換?とってもクリアー!

ヘッドライト、カバー、ウィンカー、すべて新品交換?とってもクリアー!

フロントタイヤは195/50R15、ピレリP6000のほぼ新品タイヤです。純正アルミも美しい〜!

フロントタイヤは195/50R15、ピレリP6000のほぼ新品タイヤです。純正アルミも美しい〜!

リヤタイヤは255/45R15、ミシュランMXWで、これもまだヒゲのある状態です。
FとRでブランドが違うのはサイズの問題で仕方ないところでしょうか…。

リヤタイヤは255/45R15、ミシュランMXWで、これもまだヒゲのある状態です。
FとRでブランドが違うのはサイズの問題で仕方ないところでしょうか…。

左右シンメトリーなのは空気抵抗を極限まで追求した結果かと…う〜ん、美しい。

左右シンメトリーなのは空気抵抗を極限まで追求した結果かと…う〜ん、美しい。

ウィンドウ下のインナーカバーって薄い素材なのでパリパリに割れるのが普通なんですが…。
こういうところもキレイなのが、良い個体の特徴!

ウィンドウ下のインナーカバーって薄い素材なのでパリパリに割れるのが普通なんですが…。
こういうところもキレイなのが、良い個体の特徴!

フレンチロケットの心臓部!ただ悲しいかなノーマルのままでは日本の夏は乗り切れません。
熱対策として前述の燃料ポンプ(正確にはコレクタータンク)に冷却ファン増設…。

フレンチロケットの心臓部!ただ悲しいかなノーマルのままでは日本の夏は乗り切れません。
熱対策として前述の燃料ポンプ(正確にはコレクタータンク)に冷却ファン増設…。

更にラジエターの引き側ファンを増設。ラジエター後ろのエアー抜けを拡大。
水回りホースはご覧の通り、すべてSAMCOに換装…。

更にラジエターの引き側ファンを増設。ラジエター後ろのエアー抜けを拡大。
水回りホースはご覧の通り、すべてSAMCOに換装…。

更に更に、燃料タンクとの隔壁にヒートバリア貼付け。キャビテーション抑制のためBILLIONクーラントに交換!ここまでやってありますけど何か?(笑)

更に更に、燃料タンクとの隔壁にヒートバリア貼付け。キャビテーション抑制のためBILLIONクーラントに交換!ここまでやってありますけど何か?(笑)

やはりスポーツカーは走らせてナンボ!美しい上に、この内容!是非他車と比べてください!

やはりスポーツカーは走らせてナンボ!美しい上に、この内容!是非他車と比べてください!

敷居の高いクルマであることに違いないと思いますが、実際以上にネガティブな情報に振り回されているクルマであることも事実です。

敷居の高いクルマであることに違いないと思いますが、実際以上にネガティブな情報に振り回されているクルマであることも事実です。

まずは、この美しさに浸り…。

まずは、この美しさに浸り…。

そして、アクセルを踏み込んでみる…。

そして、アクセルを踏み込んでみる…。

そして背後からのV6ターボの咆哮に身を委ねてみる…。

そして背後からのV6ターボの咆哮に身を委ねてみる…。

一切の不安が官能へと変わるのを感じていただけるはず…。

一切の不安が官能へと変わるのを感じていただけるはず…。

乗らない理由を並べるのはもはや無意味…。なぜアルピーヌという「頂き」へ?それはそこにアルピーヌがあるから…。

乗らない理由を並べるのはもはや無意味…。なぜアルピーヌという「頂き」へ?それはそこにアルピーヌがあるから…。

一覧ページにもどる